図説 科学史入門 ((ちくま新書 1217))

  • 64人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 橋本毅彦
  • 筑摩書房 (2016年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069207

図説 科学史入門 ((ちくま新書 1217))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理図書 402||H38 11969674

  • 請求記号 402/H 38

  •  タイトル通り、図が非常に良かった。これらを凝視するだけでもわくわくする。新書サイズの図鑑があればよいとか思う。
     バイオ、量子など近代科学は中々難しく、理解がおぼつかない。数100年前に、今当然として使用している工学技術が発明、発見されたことと、その大まかな経緯がわかることが勉強になる。

  • 文系人間の自分であるが、あえて苦手な科学の本を読んでみたのであるが、ん〜やはり、難しい。
    ただ科学者にとって、その思考において図というものがシンプルさと、整理整頓をなすのに必要であるとともに、自らのある意味勝手な意志さえも出てくるものであることが窺いしれる。

  •  挿絵や写真を軸にすると科学史もまた違ったものに見えてくる。当時の人達がどのようにそれを見ていたのか、どのように考えていたのかがよく伝わってくる。科学者の影に隠れて表に出てくることはないが挿絵職人も科学の発展に大きく寄与していたことが読み取れる。

  • 知りたいとこだけ抜き出して読んだ。
    コラム的に読めるようにもなってて、前書きにあるように、前後が繋がってなくても困らずに読めた。
    一枚の図を見ながら、その背景や人物を知れる。
    浅く広く知れるといったら失礼かもしれないけど、科学の中でもそれぞれの分野の発展を教えてくれる。

全6件中 1 - 6件を表示

橋本毅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中正人
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

図説 科学史入門 ((ちくま新書 1217))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図説 科学史入門 ((ちくま新書 1217))を本棚に「積読」で登録しているひと

図説 科学史入門 ((ちくま新書 1217))はこんな本です

ツイートする