江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))

  • 33人登録
  • 1レビュー
著者 : 鈴木浩三
  • 筑摩書房 (2016年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069245

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  家康による統一通貨の発行は、戦国時代までの日本の経済が大陸からの影響を陰に陽に受けていた構造を改めて、経済面での日本の独自性を高めたのであった。それまでの日本では、宋や明で作られた銭が広く流通していたのである。(p.126)

     江戸が繁栄したおかげで、お花見やツツジ見物などが盛んになり、朝顔や万年青、ホオズキ、サツキなどの鉢植えといった観賞用植物の需要も高まった。鳴き声を競い合うメジロの飼育、秋には虫の声を楽しむ人も増えた。そうしたレジャーや季節の消費活動が旺盛になった結果、低所得の御家人たちにも仕事が回ってきたのであった、それが、江戸の文化や季節の風物詩を陰で支えていたのである。(p.234)

     祭礼が目に余るほど華美・贅沢ならば取り締まるが、それほどでなければ、かえって景気刺激になるという認識は、江戸時代の中ごろには確立しており、時代を経るにしたがってその傾向は強くなっていったのであった。祭礼には神輿のほか練物や山車、祝い物や酒食の饗応など、多額のお金がかかる。当時の江戸でじゃ、町入用、水道、祭礼の費用が「地主の三厄」と言って地主の負担になっていたが、そうして使われたお金は、人々に回っていったのであった。その意味で、当時の祭礼は「最大の福祉」といっても過言ではなかった。(p.263)

全1件中 1 - 1件を表示

鈴木浩三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))を本棚に「積読」で登録しているひと

江戸の都市力: 地形と経済で読みとく ((ちくま新書 1219))のKindle版

ツイートする