医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)

  • 58人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 磯野真穂
  • 筑摩書房 (2017年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480069665

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ALS患者が体の機能を一つまた一つと失っていくのはどんな恐怖を感じているのだろう。この病気は原因もはっきりせず治療法もないという。意識も感覚もあるのに体の動きだけが失われるというのは患者の方には申し訳ないが生き地獄みたいなものに思えてしまう。何とか一日も早く治療法が見つかる事を願う。

  • 経済学などの観点から医療を分析した本は
    これまでもあったが、文化人類学からの
    アプローチ。

    現代の、必ずしも「治すための医療」とは異なる
    医療が生み出す、複雑な局面を切り取る
    意欲作。

  • 東2法経図・開架 B1/7/1261/K

全3件中 1 - 3件を表示

磯野真穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)を本棚に「積読」で登録しているひと

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)はこんな本です

医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)のKindle版

ツイートする