貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉沢英成
  • 筑摩書房 (1994年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480081575

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1371夜

  • 「BOOK」データベースより<br>
    貨幣は交換の手段として不可欠なだけでなく、それが流通することによって、経済生活は組織され、体系化されている。それはまた、商品として扱われることもある。心間社会の中で、貨幣はどのような位置を占めてきたのだろうか。貨幣を価値に関わる集合表象として考え、心類学や社会学の成果を援用することによってその原型を古代社会に求め、貨幣の実体と役割の根源に迫る。

全2件中 1 - 2件を表示

吉沢英成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サミュエル・P....
フェルナン・ブロ...
ミヒャエル・エン...
オルテガ・イ ガ...
ウンベルト エー...
エーリッヒ・フロ...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)の作品紹介

貨幣は交換の手段として不可欠なだけでなく、それが流通することによって、経済生活は組織され、体系化されている。それはまた、商品として扱われることもある。心間社会の中で、貨幣はどのような位置を占めてきたのだろうか。貨幣を価値に関わる集合表象として考え、心類学や社会学の成果を援用することによってその原型を古代社会に求め、貨幣の実体と役割の根源に迫る。

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)はこんな本です

貨幣と象徴―経済社会の原型を求めて (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする