ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

  • 255人登録
  • 3.60評価
    • (14)
    • (17)
    • (41)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : Mikhail Mikhailovich Bakhtin  望月 哲男  鈴木 淳一 
  • 筑摩書房 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480081902

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミハイルバフチン 「ドストエフスキーの詩学 」

    ドストエフスキー論。主人公分析など ドストエフスキーの面白さを見事に表現していると思う
    *主人公の言葉が、あたかも作者から独立しているよう
    *登場人物の対話が多く、同時的、多声的
    *終末論的な発想
    *長編小説は 2つの中編小説を対立させた組合せ
    →メインテーマを2つの側面から照らしてる
    *主人公の自意識を描いている


    ただ カーニバルのくだりは よく分からなかった

    本の命題=ドストエフスキーの本質的な新しさを知る
    1.ポリフォニーにおける主人公
    2.イデエ(思想)の提示方法
    3.小説全体を形成している結合原理

    1.ポリフォニーにおける主人公
    *自立性と統一性を持つ多声的(ポリフォニー)な小説
    *あたかも作者から独立したような主人公の言葉
    *主人公の自意識を描いている

  • ドストエフスキーの文学的革新性を理解する。ポリフォニーは、神なる視点を持つモノローグと異なり、人間を描くのによりリアルな手法。相反する要素を結びつけるカーニバル化は、独特の活力を生んでいる。セリフの多声性は、人間の未完結を示すし、それが人間の実相だとも思えた。

  • [ 内容 ]
    《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。

    [ 目次 ]
    第1章 ドストエフスキーのポリフォニー小説および従来の批評におけるその解釈
    第2章 ドストエフスキーの創作における主人公および主人公に対する作者の位置
    第3章 ドストエフスキーのイデエ
    第4章 ドストエフスキーの作品のジャンルおよびプロット構成の諸特徴
    第5章 ドストエフスキーの言葉

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • こちらも目を通すか(安請け合い)、、、その前に「ポリフォニー」と言えばクンデラも読まなきゃ(「出会い」積読中)

    筑摩書房のPR
    「《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。 」

  • ポリフォニー小説やカーニバル文学といった横文字はひとまず横に置いておこう。本書が素晴らしいのは、ドストエフスキーの小説の本質が「対話」にあることを浮き彫りにしたことにある。登場人物は対話を何より求めている。それは自分以外の他者以外にも、「人間は決して自分自身と一致しない存在である」が故に現れる自らの中の他者、自らの中の分裂した自己に対する対話を求めているのだという。ドストエフスキーは無数の声無き声を聞き、それを自らの中で歪曲することなく互いに対話させる事ができたのだという評価をバフチンは確立させたのだ。

  • なんで冒険物なみに読み出したらとまらないのかがわかる。かも

  • 作者はこの長大な論文の最後、ドストエフスキーの創造した芸術圏と同化し、彼以上の複雑な芸術的な世界モデルに達するためには、モノローグ的慣習を捨てなければならないと書いている。
    ここでのモノローグとはいわばプロトタイプのことで、それはもしかしたらライトノベル的なキャラ小説の本質であるのかもしれない。
    そう考えると、芸術という分野ではライトノベルは認められないということになるが、それは一方でドストエフスキー的なものとは違う別角度でのまったく新しい芸術のスタイルに成長することも暗示しているのかもしれない、なんてことを思った。

  • ポリフォニー

  • 文学理論とか肩肘張らずとも、単純にドストエフスキー副読本としても楽しく読めます。

全16件中 1 - 10件を表示

ミハイル・バフチンの作品

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)に関連するまとめ

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。

ツイートする