ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

  • 416人登録
  • 3.71評価
    • (24)
    • (28)
    • (49)
    • (1)
    • (1)
  • 41レビュー
制作 : 矢島 文夫 
  • 筑摩書房 (1998年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480084095

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 十年かけて訳した矢島先生の凄さ。万年筆を使っていたけどボールペンが世に出て、使うようにしたら便利だったとか、なぜか感動して泣きそうになった。

  • 最古の世界文学と名高いシュメールの実在の王ギルガメシュの波乱万丈の物語。ギルガメシュは永遠の生を求めて探求してゆく。しかし、第10の書版のくだりに答えが出ている。
    「ギルガメシュよ、あなたはどこまでさまよ行くのです
     あなたの求める生命は見つかることがないでしょう
     神々が人間を創られたとき
     人間には死を割りふられたのです
     生命は自分たちの手のうちに留めおいて
     ギルガメシュよ、あなたはあなたの腹を満たしなさい
     昼も夜もあなたは楽しむがよい
     日ごとに饗宴を開きなさい
     あなたの衣服をきれいになさい
     あなたの頭を洗い、水を浴びなさい
     あなたの手につかまる子供たちをかわいがり
     あなたの胸に抱かれた妻を喜ばせなさい
     それが〔人間の〕なすべきことだからです」

  • 最古の物語なので読んでみた。しかし英雄譚としてのテンポは相当悪い。エンキドゥを失ったギルガメシュ、いつまで泣くんだという感じ。読み物って概念がない時代、きっと歌謡とセットなんだろうなと。ギルガメシュもそうだが、シュメールの固有名の語感には無国籍性がある。エンリル、オアネス、イシュタルとか。もはやオネアミス(庵野)、エボシ、アシタカ(宮崎)、アムロ、グフ(冨野)とか出てきてもおかしくない世界。いや「インスピレーション」の順序が違うか(笑)。

  • いつか読みたいと思っていたギルガメッシュ叙事詩をやっと読んだ
    ギルガメッシュとその親友エルキドゥの冒険と友情の物語なのかな

    イシュタルの冥界下りと日本の天照大御神の話が興味深かった

  • 想像できないくらい太古の昔から語り継がれてきた物語、ってだけでもロマンありますよねえ。
    内容も今読んでも普通に面白いと思いますし、ここから沢山のものが発展してきたのかな、と思うと感動してしまいます。
    破損部分がまだまだあるので、いつの日か研究が進んで全貌を見れる日が来ますように、と願うばかり。

  • 世界最古の神話文学
    原語は粘土書板に楔形文字で刻みこまれたアッカド語(バビロニア・アッシリア語)で、もとは十二枚の大型書板に分けられ、計約三六〇〇行あったと考えられているが、今は二〇〇〇行のみが残っている。
    一八七二年ジョージ・スミス「大洪水書板」発見以後、今では世界約三十ヵ国語に翻訳されている。
    叙事詩・解説とも、素人の私でもとても読み易く世界最古の神話を楽しめました。
    遥か昔の人が残した文章を読む・・・それだけでとてもわくわくした思いを抱くことができました。
    よい読書でした^^*

  • 昔話で、ところどころ欠損があるものの、色あせない面白さ。

  • 読みやすかった。物語的に色々な版をつぎはぎしてくれているので、すらすら読むことができた。
    女を知ることで動物から逃げられるようになるエンキドゥ、冥界下りなど示唆深いシーンや、あのノアの箱船の元ネタである大洪水もようやく読めて嬉しかった。解題や論文?も興味深く、楔形文字など荒唐無稽に見える古代文字をよく日本語に訳して下さった、と訳者には頭が下がる思いです。
    読めてよかった。

  •  サブカルで有名になったギルガメシュ叙事詩。数千年前に書かれた物語が現在日本語で読めるということが凄い。その過程にはかつての帝国主義も大きく関係しているようだが、その光の部分といえるだろう。
     内容も友情、不死(人生)など普遍的なもので面白いだけでなく示唆に富んでいる。欠落が多いのはまさに言葉にできない損失。中東で遺跡が破壊されているのは本当に悲惨なことだと改めて思わされた。もちろん様々な要因が絡み合っており、一概に破壊者を非難することはできない。
     少しわき道にそれたが、今後欠落部の石板が発見されることを願う。発見された石板が保管されている場所の一つ、大英博物館には絶対行ってみたい。数千年前に書かれた神話を目の当たりにする、これこそロマンと呼ぶべきものだろう。

  • 楔形文字をさまざまな人が解読して、しかもしれが日本語訳になっているなんて。

全41件中 1 - 10件を表示

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)に関連する談話室の質問

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

初期楔形文字で記されたシュメールの断片的な神話に登場する実在の王ギルガメシュの波乱万丈の物語。分身エンキドゥとの友情、杉の森の怪物フンババ退治、永遠の生命をめぐる冒険、大洪水などのエピソードを含み持ち、他の神話との関係も論じられている最後の世界文学。本叙事詩はシュメールの断片的な物語をアッカド語で編集しアッシリア語で記されたニネベ語版のうち現存する2000行により知られている。文庫化に伴い「イシュタルの冥界下り」等を併録。

ツイートする