カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)

  • 19人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Patrick Barbier  野村 正人 
  • 筑摩書房 (1999年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480084965

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ラストラート」を読んで、もっと知りたくなって手にした一冊。ファリネッリのこともたくさん出てきていて、もっと彼について知りたくなる。
    2世紀にわたって、熱狂で迎えられていたカストラートのその影響力や衰勢について知ることができた。ヨーロッパの歴史に関わっていたなんて、全く知らなかった。同じヨーロッパでもフランスだけはカストラートに批判的だったこと、それによって音楽の分野では他に遅れを取っていたことも知らなかった。ヨーロッパの歴史は音楽史も知らないと、その空気感はわからないだなってことがわかった。
    ちょっとだけ、世界がひろくなったことを感じられた一冊となった。

  • うちにハードカバーがあったはずなんだが。

全2件中 1 - 2件を表示

パトリック・バルビエの作品

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

カストラートの歴史 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする