幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)

  • 38人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 谷川渥
  • 筑摩書房 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480085818

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界中にまだ「未発見」の地が無数にあり、旅行ではなく冒険が存在していた時代の文学・旅行誌における地誌。作者は事実・現実の情報に縛られずに想像力を自由に遊ばせることが許されていた時代。現代と違って地表に余白があり、高度で難解な象徴作用を駆使して現実世界を多重構造で捉え直す必要もなく、物理的に実在する世界として舞台構造を自由に作ることが許されていた。この本で最初に取り上げられる「島」はその最たるもので、信じられないほど奇妙で物珍しい事物があり、人々が暮らす場として、しかもしばしばそれは妄想ではなく事実としてヨーロッパに紹介された。また島はユートピア文学の格好の舞台として使われ、ギリシア・ローマ以来の「円のドグマ」思想を反映し、島の地図が描かれることもあった。大航海時代から時代を下り、技術が進歩するにつれ、地下、海中、月が妄想の対象になる。

  • 110204/今年8冊目

  • これほしいんだけど。兄が京都に持っていってしまった。

  • 幻想の島へ
    幾何学的な子宮
    プロスぺローの魔島
    月―空に浮かぶ島
    海という装置
    地底の旅
    隠喩としての砂漠
    密林の美女
    人体地図の系譜
    二枚の地図
    参考文献
    参考図版出典
    あとがき
    文庫版あとがき
    解説
    索引
    (目次より)

全4件中 1 - 4件を表示

谷川渥の作品

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

世界を地図に収め、あるいは自らのなかに世界を照射し、空想の土地をめざして旅立っていった作家たち。海の彼方の安らかな母胎トマス・モア『ユートピア』島、ヴェルヌ『海底二万里』のネモ船長の壮絶なる孤独、ポオやメルヴィルが描いた底もなく深い霊魂の姿たる神秘の大洋、ウェルズや久生十蘭らが幻視した地下世界…想像力の地平は無限だ。文学史における空間的・地誌学的思考とその表象の連綿たる系譜を類型論的にたどり、貴重な図版多数とともに解き明かす驚くべき幻想文学誌。スリリングな知的冒険が始まる。

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

幻想の地誌学―空想旅行文学渉猟 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする