時間論 (ちくま学芸文庫)

  • 120人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (2)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 中島義道
  • 筑摩書房 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480086839

時間論 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今今今今
    って考えているうちに、三時間経ってしまった。
    今って考えた今は過去で、その今もすでに過去で、
    いつの間にか今はどうでもよくなってて、それでも今は持続している。

  • 難しい。難しい。後半の自由論・責任論と交わってきた辺りは比較的読めた。出直してきます。

  • 過去の成立を時間成立の根源的事態とする過去中心主義のおはなし。

    現在=「想起している時」、過去=「想起の対象の時」。時間認識は「想起」を中心に成立していて、想起によって一つ前の<いま>=過去を開示することが足もとの<いま>=現在を自覚することにつながる。現在だけに関心を持ち、現前の現象や最中の行為に時間の原型を求めようとすると時間はいつまでたっても成立しなくて、知覚できず想起によってしか到達できない時としての過去に視線を注ぐからこそ時間は成立する。

    現在と過去とが登場してこないような連続的変化はまだ時間じゃない。美しいメロディーに聞き入ってる時、一心不乱に読書してる時、僕らは時間のうちにはなくて、「時間以前の何か=X」のうちにいる。それが時間であるためには、一端過去に視点をずらして、そこで生まれた「時間」という概念を自らに適用して「現在」という意味を得る必要がある。

    <いま>はその都度の関心によって適当な幅をもった時で、前の<いま>と後の<いま>を区別できるからこそ<いま>であって、幅のない数学的点は意味を失う。物理学的時間は<いま>に無関心な時間だから、それは厳密には時間じゃない。

    時間の成立は単に客観的継起を測定することができる尺度の発見じゃなくて、現象の客観的継起に分節的な複数の<いま>を打ち込み、<いま>(現在)とその一つ前の<いま>(過去)という互いに相容れない時間的あり方を発見することにある。物理学的時間という客観的尺度のうちに、現在と過去を読み込むからこそ、僕らはそれを時間と了解しうる。

    何となく分かった気でいるけど実際どうかね。

  • 未読了。節読み。

  • 過去中心主義だって
    ふーんっすね
    大森とかフッサールとか批判してるけど、フッサール現象学の時間論のが好きです

全8件中 1 - 8件を表示

中島義道の作品

時間論 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする