邪教・立川流 (ちくま学芸文庫)

  • 32人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 真鍋俊照
  • 筑摩書房 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087034

邪教・立川流 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立川流というのは、仏教の中でも密教(真言宗)の亜流の一派なのですけども、この流派を興したとされてる仁寛というお坊さんが地元のお寺の出のひとなので、以前から興味を持っていました。足穂だの熊楠だの読んでると結構名前が出てくる流派でもあります。

    …で、まあ邪教といわれるくらいですから、かなり仏教の中でも異端の宗派なわけで、結果、かなりR指定な教義でした(苦笑)。

  • 購入してからほぼ10年間積読状態で読み始めました。

    最初の方は立川流の成立過程から入るので、理解可能ですが、中ほどあたりから、仏教や密教について相当の基礎知識がないとさっぱりわからない(字面は終えても、内容を理解し、咀嚼できない)状況です。

    残り1/3は再びなんとか読める内容でしたが、さすがに出家されている方の書く文章は素人にはきつい。

  • 単行本での書簡は1999年の1月。
    半年ほどたったからようやく購読した。
    最初に読んだ真鍋氏の著作は、
    『曼荼羅美の世界』人文書院(1980/10/10)
    だったと思う。
    また、現在は品切れか絶版になっているが
    『マンダラは何を語っているか』 講談社現代新書(1991/9)
    は安価な新書だったが内容的には大変高度なもので参考になった。
    曼荼羅については真鍋氏と宮坂宥洪氏の著作に教えられた。
    本書のオススメ度は、☆☆☆☆☆ 5つです。

    ・・・・・・・・・・・・・・
    【目次】
    はじめに/9
    1 仁寛の登場/19
    2 邪教立川流とは何か/35
    3 流刑地の仁寛/57
    4 邪法と立川流の構造/69
    5 立川流と大宇宙の霊力/159
    6 立川流的視点のおこり=清瀧明神/185
    7 双身歓喜天(聖天)と真興夢想記/209
    8 仁寛のみた立川流の心象/241
    9 文観弘真のこと/261
    10 玄旨帰命壇と立川流/299
    あとがき/319
    文庫版あとがき/325

全3件中 1 - 3件を表示

真鍋俊照の作品

邪教・立川流 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

邪教・立川流 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする