初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)

  • 408人登録
  • 3.68評価
    • (18)
    • (26)
    • (47)
    • (0)
    • (0)
  • 28レビュー
制作 : James George Frazer  吉川 信 
  • 筑摩書房 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087379

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ガブリエル ガル...
ウンベルト エー...
安部 公房
J・モーティマー...
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 膨大な世界各地の民族の風習を整理分類し、その行事や習わしの共通性を明らかにしようとした民俗学の名著は、とにかく想像力を掻き立てられる面白さに満ちていた。個々の事例も興味深く、特に2章における王とタブーの話が印象に残っている。曰く、各地で王とは神の代弁者として権力を持つものの、代弁者であるが故に少しでも身体的不具の予兆があれば殺されて新たな王を立てる習わしがあったとのこと。また神聖であることと不浄であることはタブーという点で根源的に同一であり、そこに論理的整合性が隠されているという指摘には感心させられた。

  • 下巻読了後に下巻の方でレビュー予定

  • 呪術誌というか、魔術そのものへの思考には必読。

  • 書かれた当時の「未開」や「野蛮」といった視点はまぬがれていないが、比較的ニュートラルで押し付けがましくない(とはいえ、
    考え、見解は示される[「仮に私が正しければ、」p540など]。一般的には小説作品に近い感覚で読めるし、読み飛ばしても十分面白い。忘れることは忘れてしまうが、残るものはずっと残る(これって神話的)。個人的には、第三章の第四節から七節ぐらいまでにはどうしても興味を持てない。

    第一章第一節の終わりに全体を貫く問いが示されている。「なぜ[イタリアのネミの]祭司は前任者を殺さなければならないのか?」「なぜ殺す前に、「黄金の枝」を折り取らなければならないのか?」の二つである。この二つの問い、および金枝の物語を念頭において読み進めると、全般にわたって注意深く詳細な証明のための例示になっていることがわかる。しかし、それらのフォークロアに惹かれれば、彼の証明しようとすることが何であるかや、その「資料操作のバイアス」[※背表紙の解説]などには関係なく面白いはず。だからニュートラルで押し付けがましくなく、小説のように読めるひとには読めるだろう。フレイザーのこの資料の「食い散らかし」感が好き。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)28
    人類史・文化人類学
    ※「初版」はリスト名にはないが、ちくま学芸文庫はこちらのみ。
    文化人類学の古典中の古典。

  • 表紙裏
    「肘掛椅子の人類学」と断じ去るのは早計だ。ただならぬ博引旁証に怖じる必要もない。典型的な「世紀の書」、「本から出来上がった本」として、あるいはD・H・ロレンス、コンラッド、そして『地獄の黙示録』に霊感を与えた書物として本書を再読することには、呪術・タブー・供犠・穀霊・植物神・神聖王・王殺し・スケープゴートといった、人類学の基本的な概念に関する世界中の事例が満載されているだけでなく、資料の操作にまつわるバイアスをも含めて、ヨーロッパ人の世界解釈が明瞭に看取できるのだから。巧みなプロットを隠し持った長大な物語の森に、ようこそ。

    目次
    第一章森の王
    第二章魂の危機
    第三章王殺し

  • 不思議な本。
    ところどころの記述は首をひねるようなものも混ざっているのに,それを全体として考察していく段階となると,「おお!」と納得させられる。まるで魔法。

    特に印象深かったのは「神」と「霊」について。
    霊の場合,行われる儀式は「宥め」ではなく「共感呪術」。確かに祝詞って言葉上ではお願いの形をとっているけど,実際は祝詞によってあるべき型を神々に思い出させている感が非常に強い気がする。

    活動領域といい,持っている力といい,フレイザーの言う霊は日本の「神」なんだろうなあと思いつつ読んだ。いわゆる「未開社会」で主に信仰されている存在。そんな霊的神が日本の現代にも実存していること自体が,日本の不思議なんだと思う。
    霊からgodへ移行しなかった日本。
    面白い。
    橋爪先生は,日本人の死後の世界だったりに関するぼんやりした考えについて「文明国にしては素朴」と言っている。
    何が日本をそうしたのかは置いといて,その結果,日本文化にどう影響を与えたのか。そっちが気になる。

    学部生のときに授業で習った内容も思い出しつつ,でした。
    元気かなあ,あの奇妙な先生。

  • 古代イタリアのアリキア。森の中で木を守る祭司。黄金の枝を狙う逃亡奴隷。
    金枝を手に入れれば森の王である祭司と生死を賭けた戦いをする権利を得る。前任者が死ねば、逃亡奴隷は新しい祭司になる。

    1、なぜ前任者は殺されなければならないのか。
    2、なぜ金枝をおり取らなければならないのか。

    最も難解で不気味なミステリーを、肘掛椅子の人類学者が解き明かす。



    ヒント
    1、古代、祭司は森の王と呼ばれていた。
    2、他の枝ではなく金枝でなければならなかった。

    木になる方は今すぐ書店へ。

  • 序文から第三章神殺しの途中まで。

    全体の展開は、
    ネミの森の祭司職を継ごうとする者は前任者を殺さなければならない、そしてその際黄金の枝を折り取らなければならない、という掟の意味・それを成り立たせている信念や世界観を解き明かすという主題が先ず提示されて(序)、
    この祭司職は森の王という意味を持つ者であり、そもそも樹木霊であるていう話が第一章、
    何故殺されなければならないのかが第二章の内容で、
    王の力・生命力が先の王から別の者へ受け渡される、受け渡されねばならない、ていう話が第三章、
    第四章は結論と言うか纏め部分で序文で立てられた問いへの解答、
    ていう感じ。

    なんかいっぱい習俗とか祭とか儀礼とかの事例が引かれているけどとうぜんぜんぶおぼえられないよ。

  • 王の入れ替わりに際して古き王を殺すという儀礼慣習に、旧体制の抜本的な破壊を見出してるのかな、と考えながら読んだ。組織的群体を、一本の巨木と捉えて腐り落ちた枝を剪定する様が。

  • 古代のイタリアで、囚人が神聖な森で黄金の枝をとれば、国王と対決できて、勝ったら王様になれるって話なんだけど、何で黄金の枝?何で前の祭司(王)は殺さなきゃだめなの?って話です。
    例がものっそい量あります。(正確かどうかは見極めが必要)
    王様の魂はか弱いから厳重にタブーで守ったり、ほかの所に隠したりしてるよ~
    でもって王様はもともと木の精霊で、衰えが見えたら次の再生のために一旦殺されるよって話だった。

  • だらだら読み始めた。が、弁当の煮汁が染みてしまい持ち歩けなくなった…orz
    休日にぱらぱら読みます…

  • フレイザーは、156年前の1854年1月1日にスコットランドで生まれた人類学者。『金枝篇』はあまりにも有名な、彼が40年以上かけて完成させた未開社会についての信仰・神話・呪術の研究書。

  • 世界中の様々な儀式などかなり難しい内容なんだけど、めちゃくちゃ面白い!
    古典だけどおすすめ!

  • ネミの司祭職
    ・司祭は前任者を殺ねばならいないのか。
    ・殺す前に黄金の枝を折り取らねばならないのか。

  • 途中までがんばって読んだけど、世界中、色々な儀式があるのだね。

  • 古典だけど、今読んでも読んでて面白い。

  • 呪術誌というか、魔術そのものへの思考には必読。

  • おもしろすぎる。興奮した。個人的に激しく趣味の本です。
    かばんの中に常備。

全28件中 1 - 25件を表示

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)に関連する談話室の質問

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

「肘掛椅子の人類学」と断じ去るのは早計だ。ただならぬ博引旁証に怖じる必要もない。典型的な「世紀の書」、「本から出来上がった本」として、あるいはD・H・ロレンス、コンラッド、そして『地獄の黙示録』に霊感を与えた書物として本書を再読することには、今なお充分なアクチュアリティがあろう。ここには、呪術・タブー・供犠・穀霊・植物神・神聖王・王殺し・スケープゴートといった、人類学の基本的な概念に関する世界中の事例が満載されているだけでなく、資料の操作にまつわるバイアスをも含めて、ヨーロッパ人の世界解釈が明瞭に看取できるのだから。巧みなプロットを隠し持った長大な物語の森に、ようこそ。

初版 金枝篇〈上〉 (ちくま学芸文庫)のKindle版

ツイートする