ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)

  • 123人登録
  • 3.75評価
    • (9)
    • (9)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 塚原史
  • 筑摩書房 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480087850

ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チューリッヒからパリへダダという運動を持ち込んだトリスタン・ツァラと、アンドレ・ブルトンらシュルレアリストたちとの交流を描き、さらに時代の中で彼らと交錯するような思想的・芸術的実践をおこなったジョルジュ・バタイユやレーモン・ルーセルらを扱った論考を収録しています。

    「シュルレアリスムと全体主義的言語」と題された論考では、ジャン=ピエール・ファイユの研究を手がかりに、ダダやシュルレアリストのような前衛運動とファシズムとの同時代的な共振について触れており、興味を惹かれました。ただ、問題の提示にとどまっていて、あまり詳しい考察は展開されていないようです。同じ著者の『20世紀思想を読み解く』(ちくま学芸文庫)でも、同じ問題が扱われているようなので、いずれ読んでみたいと思います。

    反言語の領域へ向けて挑戦を続けたダダが、言語の存在しない「子宮内の胎児の世界」へと回帰したいという願望を秘めていたという指摘なども、上の問題と絡んで興味深いテーマにつながっているように思われますが、これも問題提起にとどまっており、もどかしさを覚えます。

  • [ 内容 ]
    人間存在の意味とその営為を根本的に変化させてしまった二十世紀。
    その時代とともにあったダダ、シュルレアリスム運動は、既成の芸術運動をはるかにこえ、時代の“意識”を最前線にたって変革していく思想運動だった。
    トリスタン・ツァラ、アンドレ・ブルトン、ジョルジュ・バタイユら、時代を体現した前衛芸術家たちの活動を通して、現代の思想とアートの一大パースペクティヴのなかで捉えなおされる、衝撃的な二十世紀思想・文化史としての、ダダ・シュルレアリスム論。

    [ 目次 ]
    1 トリスタン・ツァラをめぐって(チューリッヒからパリへ;言語破壊装置としてのダダ;スペクタクルとしてのダダ;拒否と持続の言語;ツァラを葬った日;ツァラとシュルレアリスム)
    2 シュルレアリスムのほうへ(アンドレ・ブルトンとエクリチュール・オートマティック;シュルレアリスムの政治的体験;シュルレアリスムと全体主義的言語;ジョルジュ・バタイユの眼球;レーモン・ルーセルの世界)
    意味の外へ―ひとつの透視図として

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ツァラについて、もう少し。

  • 解説にもあるように、あくまでダダ(特にツァラ)を軸にした話。シュルレアリスムについて興味があって読んだが、謀らずしてその本来的な側面が見られて良かった。文章も適度に読み易く入り込み易い。理解が広まる一冊。

  • ツァラに主軸をおいてダダ・シュルレアリスムを語られていました。変えないスタイル、変化していくスタイル。同じ外圧を受けた時さて自分はどちらだろうか?

  • 塚原史によるシュルレアリスム論。

    前半部は「トリスタン・ツァラをめぐって」と題され、ダダが
    どのように発生した運動であるか、トリスタン・ツァラの人生・
    思想がどのようなものであったかが克明に語られている。

    後半部は「シュルレアリスムのほうへ」というタイトルで、
    ブルトンらの運動の分析やバタイユ、ルーセルの作品の紹介が
    行われている。ダダやシュルレアリスムのみならず、
    フィリッポ=トンマーゾ・マリネッティらによる未来派や
    イジドール・イズーらによるレトリスムをも含む二十世紀の
    「アヴァンギャルド」と呼ばれる芸術運動を射程におさめた
    この本は、二十世紀という時代がどのような新しい現実を
    もたらしたのか、様々な文献を参照しながら伝えてくれる。

  • ダダ、特にツァラにスポットを当て、また、この運動が生まれた時代を社会史的に書いた本。今日ダダやシュルレアリスムの詩(それは反・詩なのだが)を読んでも十分詩として機能していると感じるのは、これらの運動、冒険によって現代詩が獲得した特性のためだからだ。ルーセルについては寺山修司も書いているが、本当にルーセルやこの時代に書かれた物を味わいたいのならばフランス語が読めなければ、と痛感した。

  • 歴史に残るような人物たちも、時代に翻弄されたり、矮小な性格を垣間見せてしまうものなんだなと思うと親近感が沸く。

    ダダが見世物化してしまう現象は、大衆の性質のひとつとして色々流用が利くだろうな。

  • かなり面白い。ツァラを中心としたダダの運動からシュルレアリスムへの流れを政治的背景や時代の潮流を説明しながらかなり解りやすく論されている。是非本棚においておきたい一冊

全12件中 1 - 10件を表示

塚原史の作品

ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする