声と現象 (ちくま学芸文庫)

  • 262人登録
  • 3.53評価
    • (9)
    • (12)
    • (30)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 林 好雄 
  • 筑摩書房 (2005年6月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480089229

声と現象 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784480089229

  • 全てを理解したわけではないが、内容はとても興味深い。ただ、それを語る際に用いられるデリダ特有の様々な造語については、短いパッセージの中であまりに濫用された結果、かえって論旨をぼやけさせているような印象を覚えた。フッサールと現象学についてもっと学べば、また違った読書感を抱くのだろうか。

  • 初めて読んだデリダの著書。
    現象学について、それに依拠しつつ書いているものであって、
    やはりグラマトロジーよりも読みにくい。

    要は、<私が語るのを聞く>とフッサールが言ったものを、
    デリダが<私が語るのをただちに聞きたい>と読み替える。
    「ただちに」という無時間性と無媒介性、その欲望が問題である、と。
    これは時間と他者と言い換えて、つまり<差延>を排除したことが問題である、と指摘するわけです。

    ただ注意しておきたいことは、
    単純にフッサールは、現象学は、けしからんと断罪しているのではなく、
    デリダは大きくフッサールと現象学に敬意を払っているし、
    ある種の必然性を認めている、
    その上で、怪しいところを怪しいと批判しているということだ。
    ここを誤読すると、デリダが真に言いたかったことは見えてこない。

  • デリダの初期の本では多分一番難しいんじゃないか。少なくとも現象学にそこそこ詳しくないと置いてきぼりな一方なのは間違いない

    フッサールの論理学研究の分析を通して、『生き生きとした今』という、フッサールの著作の端々に出る前提を問い直し、差延や代補みたいな新しい言葉を提案する重要な本なんだが、なにせそのもとの論理学研究がフッサールの中でも多分あまり読まれてないのとフランス語とドイツ語事情まで出てきて慣れるまでがあまりに大変だ

    難関の第一章を過ぎたらあり得ない難しさという印象は薄れ、だんだんデリダ節が映えてくるのでそれまで我慢して読んでみてほしい

  • 頭の限界を感じた。

  • ジャック・デリダがフッサールのテキストを読み込み、そのテキストについての自分なりの見解を示している書。

    かっこがたくさんありすぎて読みにくかった。

  • 未読了。節読み。

全10件中 1 - 10件を表示

ジャック・デリダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

声と現象 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

声と現象 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

デリダは、フッサールを読むことによって、「読む」とは何か、「書く」とは何かを根底的に考え直した。本書は、フッサールの『論理学研究』(『認識の現象学と認識論のための諸研究』)の第一部「表現と意味」の驚嘆すべき綿密な読解を通して、現象学的批判という方法が「形而上学的企てそのもの」だということを暴き出す。その困難な作業のなかから、「脱構築」「痕跡」「差延」「代補」「エクリチュール」…といった魅力的な「操作子」(言葉でも概念でもない脱構築の道具)が産み出された。後に「たぶん最も愛着を覚えている詩論だ」とデリダ自身が言っているその代表作。

ツイートする