読書の学 (ちくま学芸文庫)

  • 21人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 吉川幸次郎
  • 筑摩書房 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480090485

読書の学 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 於菟が現在の研究を行う上で最も参考になった三冊の本の一つです。

    内容(「BOOK」データベースより)
    言語は、事実のコミュニケーションのための媒体であるばかりではない。言語自体がまた人間的事実であり、そこに集約されている著者の態度が精密に読み込まれてはじめて、読むことは十全な読書となる。論語・史記から契沖、宣長、徂徠にいたるまで、漢籍や和書を縦横にし、著者の内部に生起し蓄積する感情・思考・論理を通して内的事実に降り立つ実践を展開する。事実に触発される意識をたどり、読書論を超えて学問論にいたる。著者の悠然たる文学的逍遙につき随って、その思考の筋道をつぶさに経験する一巻。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    1904年、神戸市に生まれ、1980年、没。1923年京都帝大文学科に入学、支那文学を専攻。28年中国に留学、31年帰国。同年、京都大学人文科学研究所東方学研究部の研究員となり16年間をすごす。47年京都大学教授。この間、数々の著書を発表、日本の中国文学の普及に大きく貢献、芸術院会員、文化功労者となる

全1件中 1 - 1件を表示

吉川幸次郎の作品

読書の学 (ちくま学芸文庫)に関連するまとめ

読書の学 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

読書の学 (ちくま学芸文庫)のKindle版

ツイートする