日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 今井清一
  • 筑摩書房 (2008年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480090768

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2008年(底本1978年)刊行。具体的叙述に秀でた、近代史シリーズの一書で、良シリーズである。6/10。叙述範囲は関東大震災から満州事変まで。

全1件中 1 - 1件を表示

今井清一の作品

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)の作品紹介

開国以来、日本の歩んできた100年、そこに生きた人々、当時の雰囲気、世相風俗を浮き彫りにした、臨場感あふれる迫真のドキュメント。公式記録や史料、体験談、新聞、雑誌、回想録、流行歌にいたるまで多方面から取材し、時代の種々相を写し出した記録現代史全10巻。復刊を待望された名著の文庫化。第6巻は、関東大震災から満州事変にいたるまでの時代。1923年9月1日、関東を襲った大地震は一挙に帝都を焼失させ、明治以来つちかってきた資本主義と社会基盤のもろさをも暴露した。この亀裂と陥没の時期に、国民は何を見、何を体験したのか。けわしい旋律をもってはじまる昭和への前奏曲。

日本の百年〈6〉震災にゆらぐ (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする