力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)

  • 165人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : L.D. Landau  E.M. Lifshitz  水戸 巌  恒藤 敏彦  廣重 徹 
  • 筑摩書房 (2008年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480091116

力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名著の単行本化。
    いきなりラグランジュアンを導入して最小作用の原理から入り、実にエレガントに力学が展開される。
    こんな風に力学の授業を行ってみたい。
    巻末の山本義隆の解説が秀逸。

  • 物理学の名著である『力学』と『場の理論』がなんと一冊の文庫本に。
    力学は絶版になったものなので、学生としては非常に助かる。

    内容は言わずもがな素晴らしいもので、論理的展開の美しさは比類無きものである。

  • なんでこの本を買ったのかというのは、よく分からない。ランダウという物理学者がいることは知っていたけど、その人の教科書が有名で、独特で、難しいと知っていて買ったわけではない。たぶん一番大きな理由は、解説が山本義隆だったからで、ランダウとその教科書については、この解説で詳しくなった。山本先生が何かの本の解説を書くという情報は、前年、予備校生だったときに得ていた。その情報源、O先生はどこで知ったのか、山本先生本人にも驚かれていたそうだ。さて、この本との出会いはその辺にして、これまでの付き合い。まず、これを買ったのが2008年5月で、その時は読んでみたけど、まったく歯が立たなかった。これのどこが力学?ということを思っただろう。2セメにはいって、この本を使った輪講が行われるのを知り、参加。これでやっと力学の部分の4分の1がわかったくらい。3セメではこれまた別のセミナーで大教程のほうの『力学』をやることに。

  • 2008/4/13 Amazonにて購入。
    2015/2/7〜2/22

    まさか文庫化されるとは思わなかったランダウ・リフシッツ理論物理学教程。私は確か8巻持っているが、記念に購入。久し振りに物理学の教科書を読んだが、すっかり忘れてしまってる。まあ、通勤電車の中で読んだのも間違いではあるが。巻末の山本義隆氏の解説が素晴らしい。

全5件中 1 - 5件を表示

L.D.ランダウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
朝永 振一郎
砂川 重信
有効な右矢印 無効な右矢印

力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)を本棚に登録しているひと

力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする