数の現象学 (ちくま学芸文庫)

  • 45人登録
  • 3.86評価
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森毅
  • 筑摩書房 (2009年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480091963

数の現象学 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数学は日常の経験に根ざしていることが、数学史を交えて分かる良書。

  • 本書を読んでいると、学生時代、つくづく数学と不幸な出会い方をしたなあと実感させられる。高校生当時、数学の問題は何時間でも解いていられたけれど良くできたわけではなく、教師には、定理をまずは覚えなければならないとさんざん言われるものの、定理の意味を確実に理解できないことにはそれを使うのが気持ち悪く、定理の意味を考えているうちに時間はなくなり、どんどんと授業は進んでいき、点数は全然取れない。
    本書を読んで驚いた。当時自分が抱いていた疑問。そのせいで問題が解けないでいた疑問点について書かれていた。高校生になりながら、ふと足し算やかけ算についてわからなくなることもあった。ひょっとして自分はそれを勘違いして使っているのではなかろうかという不安。しかしそこには、演算を解釈するいくつもの視点があった。例えば、数を「順序」と見るか、はたまた「集合」と見るか、という違いだけでも、数の風景がまったく違って見えることに感動。どちらになじみがあるかによって、自分が時間的に物事を捉える癖があるのか、はたまた空間的に捉える癖があるのかまでわかる。

  • 数字に弱い私なので、いつ読もうかしら。

全3件中 1 - 3件を表示

森毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中沢 新一
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

数の現象学 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数の現象学 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

数の現象学 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする