ゲームの理論と経済行動〈2〉 (ちくま学芸文庫)

  • 77人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : John von Neumann  Oskar Morgenstern  銀林 浩  橋本 和美  宮本 敏雄  下島 英忠 
  • 筑摩書房 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480092120

ゲームの理論と経済行動〈2〉 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第1巻は2人ゼロ和ゲームの理論がメインであったが本書は3人以上の一般ゲームの理論について説明している。3人以上の場合は同盟を考慮する必要があるため2人ゲームと比べて格段に複雑になる。目的は同盟の利得を表す特性関数を定義し、各プレイヤーの配分に関する安定性を意味する"解"を求めることになる。また外部からの融通を考慮することで、非ゼロ和ゲームへのシームレスな理論拡張ができることも示される。超過融通が組織を解体させる論理は宝くじ当たったら会社辞めることの説明になっていないだろうか?

  • 和図書 331.19/V89/2
    資料ID 2011200461

  • -

    -

全3件中 1 - 3件を表示

J.フォンノイマンの作品

ゲームの理論と経済行動〈2〉 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲームの理論と経済行動〈2〉 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする