ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)

  • 79人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森毅
  • 筑摩書房 (2009年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480092526

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校数学の微分積分をひたすら多変数へと広げていき、ストークスの定理あたりまで頑張る本。図と数式は充実しているけど、独学で式展開するには、この本だけでは難しいと思う。集合や位相の定義をすっ飛ばしており、著者自ら“ゴマカシ”とか“メンドウ”というコメントでお茶を濁している。
    この手の本では珍しく練習問題の略解がついていて、親切だと思った。前書きに、数学教育におけるベクトル解析分野の扱いの雑さを嘆いているけど、残念ながら、今でも、電磁気学の導入でやる人がほとんど。

  • ベクトル解析のイメージづくりに読むのに向いた本。

    著者独特の言い回しが合わない方にはお勧めできないが、通常の教科書でたんたんと説明される前にこのような考えに触れておくのは有益だと思います。

  • 今頭の中で思い描いていることを数学で表現するにはこの方法が合うのかも、と思っているところです。
    でもやっぱり難しすぎて、どういうものなのかもわからないで終わってしまいました。

  • ベクトル解析は物理学における計算手段とみなされることが多く、純粋な数学としての扱いをされないことが稀ではない。

    事実多くの参考書はベクトルの演算のみを主に扱いその体系に触れることは無いし、私が受けた講義においても同様であった。

    しかし、ベクトル解析はれっきとした純粋数学の一分野であり、一変数の微積分の多変数の拡張であると同時に、一次の線形代数の多次元への一般化である。

    すなわちベクトル解析とは解析学の一般化という非常に重要な分野を扱う学問なのである。

    本書はこうした考えを基に、"解析学の一般化としてのベクトル解析"を例を交えつつ慎重に議論を重ねている。

全4件中 1 - 4件を表示

森毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

ベクトル解析は、電磁気学・流体力学などを学ぶ学生に必須の課程で、しばしば工学・物理系の応用数学とみなされがちである。しかし見方をかえて、基礎的な「1次元の線形代数学」から多次元への発展、「1変数の微積分」から多変数関数の微積分への発展、の段階の解析学と考えれば、大学教養課程の結節点ともみなしうる。それはより抽象度の高い、多様体へのゆるやかな第一歩である。本書では、そのような展開性のある位置づけのもとに、森一刀斎が「ベクトル解析のココロ」を開陳する。最終章に新たに、教育的側面を明らかにした「なぜベクトル解析なのか」を加えた。

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)の単行本

ベクトル解析 (ちくま学芸文庫)のKindle版

ツイートする