自然の家 (ちくま学芸文庫)

  • 93人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Frank Lloyd Wright  富岡 義人 
  • 筑摩書房 (2010年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480092656

自然の家 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 星五つ!

  • 有機的建築。ライトの作品の根底に流れている思想を辿ると、浮世絵、伝統的建築といった日本文化に行き着くはずだ。本人は否定しているけれど、彼の作品からは「日本的な何か」を感じずにはいられない。これが日本で人気のある理由の一つなんだろうなあ。この本を読んで、益々ライトという人物を知りたくなった。

  • なかなかに難読な訳文です。原文もきびしそうですが・・・。建物はすきなのですが、著作にはややついていけず。返却時期がきたので所沢図書館にお返ししました。

  • 主張が明快すぎてちょっと物足りなかったかも。
    というか、この当時では彼の主張が、様式に凝り固まった建築業界にとって革命的に新しかったから近代建築三大巨匠とまで言われるようになったんだろうし、今では当たり前に考えてることでも、昔は非常識と考えられてたことが多くあったんだろうなあ。そのあたりのことはその時代に生きてないから推測するしかできないし、だからちょっと物足りない。主張が明快なのも悪いことじゃない。明快だったからこそ理解し評価されたのだ。
    統合性のこと、素材のこと、気候のこと、構造のこと、そして有機的ということ。箱の解体、フローイングスペース。プレーリースタイル、ユーソニアンスタイル。ライトのキーワードをまとめて総復習という感じ。
    知識としてはもう十分すぎるくらい知ってるから、アメリカに実際に行ってその空間を体感したい。自由学園明日館は良かった。

  • 自分の哲学を持つって大事なことだ。

  • 51年前の1959年4月9日、91歳で亡くなったアメリカの建築家。

    ル・コルビュジエとともに、もっとも有名な世界的な建築家ですが、タイガー・ウッズではありませんが、その生涯には不倫とそのお相手と子供が惨殺されるという、スキャンダラスに彩られた汚点の時間がありました。

    昔の帝国ホテルをはじめ、学校や個人宅など日本にも彼の建築物は数多くありますが、建築のケの字も知らない方でも、美しいハーモニーと繊細なギターテクニックで魅了するサイモン&ガーファンクルの歌う、『So Long,Frank Lloyd Wright (フランク・ロイド・ライトに捧げる歌)』という曲があることはご存知でしょう。建築界広しといえど、世界的なデュオによって歌われる建築家など他にひとりもいません。

    彼は、自然との調和を一番大切にし、素材の持つ美しさを最大限活かして、あたかも植物の成長と同じような空間の有機的展開を意図します。
    シンプルなデザインこそ、私たちの生活空間にもっともふさわしいとして、自らの美意識と、創造への飽くなき追求を表明する本書を読めば、現代の最重要課題である環境問題の視点からも、改めて原点としてのフランク・ロイド・ライトという認識を強くされることでしょう。

    100点以上の図面や写真が活字だけじゃなくて楽しい読物ふうに和ませてくれますが、やっぱり何といっても建築物そのものが、彼の圧倒的な存在感を強烈に感じさせて迫って来ます。



    この感想へのコメント
    1.フィリップ・まろ (2010/04/13)
    僕らの世代では、最初にフランク・ロイド・ライトの名前を知ることになったのはS&Gのナンバーからです。だから名前の方が先走っていたなぁ。
    僕が大好きな『美の壺』のシリーズでは、柳宗悦と同じくらい何度も登場する人物です。
    「フランク・ロイド・ライト」って名前を口にするのも何だか小気味がいいよね。
    彼の建築様式は市民にとって生理的に受容しやすい。その根源は彼自身の名前に既に具象化されていた、なんて、ね。

    2.薔薇★魑魅魍魎 (2010/04/17)
    あれって確か、アート・ガーファンクルが建築学部出身で、ポール・サイモンがそれっぽく作ってプレゼントした曲だとか、詳しくは忘れましたけど。

    『美の壺』いいですね、最近はまってきましたけれど、バックナンバーを全部集めたい欲望にかられています。

全7件中 1 - 7件を表示

フランク・ロイドライトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自然の家 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする