魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)

  • 35人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 劉建輝
  • 筑摩書房 (2010年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480093127

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よく調べた「カタログ」

  • 以前のメチエで既に読んでいましたが……。やはり、いま世界で最もホットな街、上海。行ってみたくなります。こういった本で1930年代のことを知るにつけ、日本軍の占領と共産党の解放が、上海を、ではなく、魔都を壊してしまったのだということがわかります。

全3件中 1 - 3件を表示

劉建輝の作品

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

かつて東洋一の繁栄を誇り、モダンの代名詞となった都市、上海。本書ではその誕生から発展、絶頂期の爛熟、日本軍占領による「解体」にいたる歴史を、日本との関わりを中心に丹念に繙いていく。幕府使節が欧米諸国へ向かう経由地となり、谷崎潤一郎や芥川龍之介等の文学作品の舞台となり、やがて日本軍の大陸進出によって戦場となった上海。外灘に摩天楼が聳えたつ国際金融都市、茶館に娼婦やアヘン中毒者がたむろする退廃都市、租界を擁するコスモポリタン都市…。その刻々の貌に、日本人の憧れをかきたてつづけた魔力を探る。文庫化にあたり「魔都」のその後の軌跡を増補。

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

魔都上海 日本知識人の「近代」体験 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする