情報理論 (ちくま学芸文庫)

  • 183人登録
  • 3.65評価
    • (3)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 甘利俊一
  • 筑摩書房 (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480093585

情報理論 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 素人には難しすぎました。読み終わったというか読むのをあきらめた、というのが正しいです。ここでいうコミュニケーションは、情報通信のことなのね。

  • わかりやすかった。
    実際は1章の概念導入が理解できれば十分で、残りは通信の分析とその概念の適用だから、そういう意味でもいろんな読み方ができる本。

  • 離散的な2進数信号通信から始まり,離散から連続へと広げたり,雑音を導入したり,情報容量を空間に広げたりして,情報通信の量的構造を解説していく.エントロピーの計算や座標変換でのベクトル計算など多くの部分は高校数学で理解できるが,雑音球の導入や空間や位相写像,量子化になると若干幾何の素養が必要となる.前半が,シャノン博士の論文を易しく解説したような内容,後半が通信容量の幾何的解析,と言ったところ.著者が最後に書いている通り,計算機理論やアルゴリズム,機械学習など様々な情報学に通じている情報通信論の内,一応の完成を見ている分野であり,要領よく読み進められると思う.
    40年以上前に刊行された同名作の文庫版というだけあって,喩えがやや古くさい.ボス交(=ボス同士だけで行われる交渉)とかうっちゃりを決めるとか.各節の最後の「雑談」はまとめとのその応用なので,全然雑談じゃない.

  • クロード・E・シャノンの情報理論が難しかったため、こちらを先に読むことにした。こちらの書籍では、情報理論について数学的アプローチで解説している。

    第2章まで読み終わったが、本書内に数学による証明がいくつも登場するので、理解するにはそれなりの大学数学の知識が要求される。
    私自身は第3章以降で挫折。。。

  • 和図書 548.1/A43
    資料ID 2012200221

  • 裏表紙に「入門書」と書いてあるのだが、私にはかなりハードルが高かった。
    この本は、高校の数学をきっちりと理解し、さらに大学程度の数学もこなしているような人にとっては好個の「情報理論入門」になるかもしれないが、高校の数学で落ちこぼれ、微積分の意味不明さに逆ギレして数学を捨ててしまった私には、内容の90%も理解できなかったかもしれない。とにかく数学の知識が要求される本だ。
    まあ、だいたいどういった考え方で、「情報理論」が成り立っているのかを漠然と感じ取ることはできた。
    っていうか、やっぱり数学はある程度理解してないとダメだな・・・。
    高校の参考書あたり読んでみるべきかもしれない・・・。

  • 第2章の「雑音のない通信路による情報伝送」の符号化による冗長度の除去あたりまでは、なんとかこの手の本にしては分かりやすく書かれていて読み進められたのですが、第3章以降は興味が続かず、「雑談」のところだけ拾い読みといった感じで敗北感ですー。

    まぁ、そんな本があってもいい。

全7件中 1 - 7件を表示

甘利俊一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

情報理論 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情報理論 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

クロード・シャノンが記念碑的論文「通信の数学的理論」を発表したのは1948年のことだった。それから60余年-今では情報理論は情報通信のみならず、生命科学や脳科学、社会科学など幅広い分野に応用されるようになっている。情報理論は高度な数学を用いているが、"大数の法則"をおさえることでその本質がすっきりと見えてくる。シャノンのアイディアから情報幾何学の基礎までを、初学者にもわかるよう明快に解説、情報理論の考え方と仕組みを直観的に理解するための、第一人者の手による入門書。

情報理論 (ちくま学芸文庫)のKindle版

情報理論 (ちくま学芸文庫)の単行本

ツイートする