公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)

  • 362人登録
  • 3.92評価
    • (15)
    • (18)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 筑摩書房 (2011年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480093875

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新聞・雑誌に掲載されたサンデル教授の論考をまとめたもの。20年も前から社会の問題をコミュニタリアニズムの視点から論じている。

    コミュニタリアニズム(共同体主義)の正しさは、よく勘違いされるがコミュニティに広く支持された価値感に従うこと、ではないよ、と。正しさはそれが促進する目的・目標の道徳的重要性に応じて正当化される。(目的論的でアリストテレスの政治論)

    そういった意味でリベラル-コミュニタリアン論争は、正=権利は善に優先するか否か、を争った議論だった。(らしい)
    リベラリズムが求める正しさとは、個人が目的や目標を選ぶ能力を尊重し権利を擁護すること。つまり正しさ=権利は善に優先するという。コミュ二タリアニズムは優先しない、つまり正しさは善と相関しておりそれと独立した存在ではない。





    、ってなことを具体的な社会問題を題材にサンデル教授は論じていく。



    なるほど、と頷くこともあるし妊娠中絶、同性愛、幇助自殺、経済格差など簡単に答えが出せない様々な問題を考えるためにはコミュ二タリアニズムは有効だと思う。

    でも実際の政治の場において、コミュ二タリアニズムは有効だろうか?と問うことも意味がある。
    いまのところ国民国家が主要な政治のコミュニュティであるかぎり、道徳や美徳を育む構成的コミュニティについて語ることは暗い政治を連想させる。
    コミュニティ内の道徳的多数派の多いなかで、正を優先させるリベラリズムの考えが、どんなに哲学的欠陥を抱えていてもまだマシに思えるんだが・・。
    これはサンデル教授も認めるところだが、うーん、難しいね。

  • 難しいかもしれないけど『これからの正義の話しをしよう』の10倍おもしろい。「道徳の話をカッコでくくって」議論する風潮への批判は、今の(特に大震災後の)日本にも十分当てはまるかも。

  • 答えを出すには難しい
    様々な課題について、
    いかに読み解くかを指し示す本。


    第一部 アメリカの市民生活
    第二部 道徳と政治の議論
    第三部 リベラリズム、多元主義、コミュニティ

  • 新書文庫

  • 一般人には難易度が高い公共哲学の小論集

    この本は過去にサンデルが雑誌などに寄稿したりした小論をまとめたものになっている。
    白熱教室で興味を持ち,片っ端からサンデルに関する本を読んでいる中で読んだ一冊。『これからの「正義」の話をしよう』,「それをお金で買いますか」,「サンデルの政治哲学」を既に読んだが,これらの本と同じようなものをこの本に期待すると失敗する。

    この本は小論だけあって,内容の難易度は高い。さらに,この本はただ翻訳しただけで,訳者の解説などは一切ないので,公共哲学に関する予備知識がないと理解するのが難しい場面が多々ある。

    前述の書籍では,一般読者を想定しておりサンデルや小林正弥による詳しい解説や比較的わかりやすくて易しい議論がなされており,公共哲学に関する知識が少なくても比較的読んで理解できる。しかし,この本ではそうした一般読者を想定した解説が少なく,深い内容を議論している箇所も一部あり読むのが難しかった。特に最初の100ページくらいである第一部では,過去100年くらいのアメリカ政治における政治哲学の流れについてひたすら展開されており,読んでいてつまらなかった。

    書かれている内容が小論なのもあり,各テーマでの議論は浅いままで終わっている印象をもった。個人的にはこの本はおすすめしない。
    サンデルの考えやコミュニタリアンの正義論について知りたければ,「サンデルの政治哲学」がおそらくサンデル関係の書籍ではベストだし,過去のサンデルの書籍全てに言及しているだけあって,この書籍で書かれていた小論のテーマもほぼ触れられていたと思う。
    自由原理主義・市場主義の批判に対しては,「それをお金で買いますか」でわかりやすくてより深い議論がなされている。
    それ以外の議論については,「これからの正義」で概ね扱われている。

    一部,他の本でほぼ触れられていない内容)刑事裁判で被害者の陳述を許可するかどうかの議論)もあるにはあるが,別にそこまで深く取り扱われていないし,そのためだけに読むのはもったいない。
    公共哲学について勉強してる人か,サンデルのことがよほど好きな人でない限り,この本を読む必要はないだろうと思った。素直に,一般向けに書かれた他のサンデルの本にあたることを強く勧める。

  • 結局、問題提起ばかりで結論が何かは分からないが、哲学的に人間はいかに生きるべきかを考えさせられる。

  • サンデルの時代診断によると、現代のアメリカは、支配力の喪失とコミュニティの衰退という危機に瀕しんている。しかしながら、リベラリズムやリバタリアニズム、コミュニタリアニズムではこの問題に対処できないという。それは、前二者が権利を基底することによって、後者がコミュニティから正義を引き出そうとすることによって、道徳的な価値判断から逃れようとするからである。前二者に関しては、国家の中立性を追求するだけでは、すなわち何らかの目的を措定しない限り、そのプロジェクトは破綻しかねないのである。
    サンデルの指摘する通り、リベラリズムがその中立的な権利の政治に固執することは、おそらく無理がある。だが、そのオルタナティヴとして彼が唱道する形成的な共通善の政治がリベラリズムが立ち入ることを自制する公共生活の危機に対して最善の解決策となる哲学なのかは、全くもって疑わしいのである。少なくとも問題意識を共有することは避けられないが、リベラリズムのオルタナティヴとなるかは、議論をしていく他ないだろう。

  •  道徳や宗教を徹底的に締め出したが故に、幻滅を呼び起こし、それが、公共問題の道徳的側面を扱わず、公務員の個人的な悪行に注意が集中するようになる。このようにして、政治論議がスキャンダラスでセンセーショナルで懺悔的なテーマになってしまう。日頃のくだらない政治家のスキャンダルはこのように生じて行ったというのが衝撃的だった。

     また、ハンナ・アーレントが述べた「大衆社会の存立がこれほど難しいのは、そこに含まれる人びとの数が多いからではない。あるいは少なくとも、それが主要な要因ではない。人びとのあいだを埋める世界が、彼らをまとめ、結びつけ、また引き離す力を失ってしまったという事実が原因なのだ」というのは、サンデル教授が述べたとおり的を射ていると思った。これが、衆愚政治であったり、全体主義につながっていってしまう。今日の日本政治がダメな原因の一つなのではないだろうか。

     『これからの「正義」の話をしよう』と『それをお金で買いますか』の元の作品になっている論文集なので、重複した記述や回りくどい言い回しなど、洗練さにかけていた。

  • 内容が難しすぎて、自分には理解できなかった。いつの日か、再度チャレンジしてみたい。

  • とても読み易い本です。
    マイケルサンデル先生の白熱の議論を総括した内容となっています。
    一章一章がとても短く、話がうまくまとまっています。

全23件中 1 - 10件を表示

マイケル・サンデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
村上 春樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)に関連する談話室の質問

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)に関連するまとめ

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

公共哲学 政治における道徳を考える (ちくま学芸文庫)の作品紹介

経済格差、幇助自殺、アファーマティブ・アクション、妊娠中絶など。容易に答えの出せないこれらの問題を考えるために、私たちの社会はどのような思想的基盤を必要とするのか?個人の権利と選択の自由のみを絶対視して、政治は道徳に対して中立であるべきなのか?ハーバード大学の人気講義で話題のM・サンデル教授は、本書で多様な問題を論じつつその思想的背景を分析し、今日の多元的な世界における公共の正義は、コミュニティがもつ「善」と道徳によっても支えられるべきであると説く。

ツイートする