数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)

  • 59人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 志村五郎
  • 筑摩書房 (2012年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480094391

数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教科書や大衆向けの数学本では知ることのできない、数学の分野同士のつながりや応用を知ることができる本だと思います。

  • 谷山・志村予想(定理)やモジュラー性定理で有名な志村五郎先生によるガチの数学エッセイ第2弾.前巻と同様に,線形代数や微積分の初歩の後に続く内容とのことだけど,そもそも数学のために使える数学を語るというテーマなので,理解は困難(というかほとんど理解できていない).著者自身も微積分の初歩という範囲の曖昧さを自覚しているようで,「6.微分方程式の使い方」は微分方程式論の解の存在定理がテーマであり,一番すんなり入れた章だった.「4.初等整数のやり方と多元環」は今一部で流行の圏論ダイジェスト版のような感じで,個人的にはとてもその分野の整理に役に立った.幾何学から集合論まで,一層上の数学になんとなく触れられる本.

全2件中 1 - 2件を表示

志村五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
A. アインシュ...
松坂 和夫
有効な右矢印 無効な右矢印

数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)の作品紹介

数学好きの読者に贈る"使える数学"第2巻。前著『数学をいかに使うか』を読んでいなくても楽しめる。非ユークリッド幾何学、リー群のほかド・ラームの定理、p‐進数とハッセの原理など話題多数。有用さという視点から数学の広い世界を展望できる得難い入門書。書き下ろし文庫オリジナル。

数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)はこんな本です

数学の好きな人のために―続・数学をいかに使うか (ちくま学芸文庫)のKindle版

ツイートする