和訳 聊斎志異 (ちくま学芸文庫)

  • 40人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 蒲松齢
制作 : 柴田 天馬 
  • 筑摩書房 (2012年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480094568

和訳 聊斎志異 (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色々な小説の根本になっているということで読んでみました。
    独特なルビ使いが面白かったです。
    ただ、私の不勉強ゆえに、話の筋が終えなくなってしまったりと、難しかったというのもあります。
    倉橋由美子の酔郷シリーズで想像するとなんとか読めましたが。
    もっと勉強して読み直したいです。
    今後のために星は3つで!

  • 話が早い!

  • 多くは学問を志す主人公のもとに現れる美しい女性たち。主人公を愛し慕ってくれる彼女らの正体は狐、幽霊、神仙、植物や虫の精…
    精巧絶倫(すぐれてじょうず)などルビの振り方が独特。
    人々の人情や当時の中国の慣習や文化が垣間見られる部分が多く楽しく読めました。

  • 新書文庫

  • 課題のため一部のみ読了。
    奇怪で妖しい雰囲気の世界が広がる1冊でした。

全6件中 1 - 6件を表示

蒲松齢の作品

和訳 聊斎志異 (ちくま学芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

和訳 聊斎志異 (ちくま学芸文庫)の作品紹介

妖艶な美女やいたいけな少女に化けた妖怪、狐、狸、鬼たちと、いずれもまじめな主人公たちが繰り広げる、艶やかで面白おかしい物語の数々。中国怪異文学の金字塔。全446篇のうち特に面白い35篇を精選し、中国語原文の雰囲気を残しながら、独特のルビづかいで読ませる柴田天馬の名訳・玄文社版(1919年刊)を文庫化。

和訳 聊斎志異 (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする