賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈上〉 (ちくま文庫)

  • 278人登録
  • 3.81評価
    • (36)
    • (23)
    • (52)
    • (1)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 都築響一
  • 筑摩書房 (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480421654

賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈上〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 汚部屋寸前から、一歩足を踏み入れた感じの賃貸に暮らす人たちの部屋の写真集。
    基本的に物量が凄まじい。
    ある意味どの部屋も蒐集されたものでいっぱいな感じ。

    いいなぁと思う部屋が3つくらいはあったけれど。
    それ以外は遊びに行きたいなぁとも思えない。

  • 他人の部屋には未知がひろがっている、と読みながら実感した。
    個性豊かな部屋から、ついついその人の暮らしや人となりをあれこれ想像してしまう。
    好奇心刺激されまくりの一冊。

  • みんな物が多いなあ。スペースのわりに多すぎる。広ければいいってもんじゃないけれど、物に埋もれて暮らすくらいならいっそ何もないほうがマシ。まさに宇宙空間のように不思議な世界がそこにある。

  • 「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということばを圧倒的な物量と熱量で押し切る、賃貸部屋の写真集。聞けばロードサイド撮影の写真集で作者は木村伊兵衛賞を撮った経歴もあるとのこと。そしかしたらその自信がまた、ものすごい勢いを作品に追加しているのか、息つく暇もない、とにかくものすごい畳み掛けである。

    賃貸宇宙、というタイトルにあるように、確かにここが、地上であるとは信じられないほどの世界観。写真家のパワーがなにかをよんだのか、集まった写真はとにかく、息苦しいまでのモノと色に溢れかえって、画面をみっちり占拠している。

    京都の学生寮あり、代官山のパーフェクトマンションあり、神戸・大阪あり。ページ組もバラバラで、たまに登場する住人もいるのだが、裸でポーズをとっていたりと、こちらもまた、さすがこの部屋の住人、という感じ。

    1+1をひたすら繰り返すと、それはいつしか、足しあげたもの以上のなにかに化けるのかもしれない。
    この写真集にはそんなことを思わせる、なにかが滲んでいる。そんな風におもった。

    絢爛豪華でもない、百花繚乱でもないのにそこには確かに、なにかマッシブな量が存在していて、ブルータスやらポパイやらのお部屋特集には出せないなにかを、ぎゅうぎゅうとこちらに投げかけている。そんな感じだ。

    スゴイ。確かに。でも正直、勧めるのは難しい。そんな本。異様な存在感。

  • 人の部屋のおもしろさ、その部屋からあふれる生活感。
    そこから人への愛着がすごく湧きます。
    不思議と惹かれる1冊です。

  • 自分の小汚い部屋に愛着が湧いてくる

  • 「部屋はその人の心を表す」

    読めば分かる。

    しかし都築さんは面白い。

  • 他人の部屋って、なんでこんなに魅力的なんだろう。キレイな部屋ではないのに。

  • 他人の家を覗きみることは、失礼極まるが、どこか見てしまう魅力がある。やはり人間の欲望はモノにでるから、その部屋がどれくらいのモノにあふれていて、どれくらい汚いのかは、その人そのものをみているようにも思う。
    建築雑誌によく見られる、理想の生活像とはかけ離れた、一人ひとりの生活のありかたがこの本にはある。
    誰から言われてこうなったのではない、自分のオリジナルの部屋がたのしい本になっている。
    卒業制作の作成時にモノとの付き合い方が非常に参考になった。
    http://whole2.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

  • 壊滅的な部屋
    どこか退廃的な雰囲気
    唐突に脱ぐ住人

    ドキドキ

全44件中 1 - 10件を表示

都築響一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ほし よりこ
村上 春樹
吾妻 ひでお
マックス エルン...
安部 公房
レーモン クノー
有効な右矢印 無効な右矢印

賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈上〉 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈上〉 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

賃貸宇宙UNIVERSE for RENT〈上〉 (ちくま文庫)の作品紹介

廃墟を改造した部屋、服に埋もれた部屋、赤一色に染めた部屋、異常に狭い部屋、土足でないと危険な部屋…。インテリア界に衝撃を与えた『TOKYO STYLE』で都市のリアルな賃貸生活を取材した著者が、その後9年をかけて取材した、関東関西の「大したことない人たち」の大したライフスタイル約300物件。持ち家という名の首輪から解き放たれた、狭くて広い宇宙がここにある。

ツイートする