ブクログ大賞

熊を殺すと雨が降る―失われゆく山の民俗 (ちくま文庫)

  • 73人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 遠藤ケイ
  • 筑摩書房 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480422880

熊を殺すと雨が降る―失われゆく山の民俗 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

  •  全体としては、山に生きる人々の暮らしと智恵を綴った、山人の民俗学の類。しかし山の俗信への理に適った詳しい解説や、山間の豊富な食材の解説もあり、門外漢でも面白く読めた。
     特に山内での天気予測にまつわる口伝や身の危険を回避する方法等は現在でも通用するので、山で遭難した際のサバイバル・ブックとしても利用が可能である。
     登山する際には、ぜひこの本を持って行ってほしい。

全3件中 1 - 3件を表示

熊を殺すと雨が降る―失われゆく山の民俗 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

熊を殺すと雨が降る―失われゆく山の民俗 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする