齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)

  • 467人登録
  • 3.66評価
    • (29)
    • (59)
    • (57)
    • (8)
    • (3)
  • 80レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 筑摩書房 (2010年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480426970

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
J・モーティマー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本のソムリエおすすめ

  • 参考になる部分と、どこかで聞いたようなありきたりな内容が混在していました。
    本書でなければ得られない考え方は何か、本書のオリジナリティは何かと考えましたが、速読に関する情報が類書やインターネットにありふれている現在ではそれらがあまり見出せませんでした。
    それでも、読書好きな私には良い刺激を与えてくれましたし、分かりやすい文章でサクサク読めたので、割と楽しめました。本書を実践するとかしないとかより、その様なモチベーションアップの一冊として活用すべきですかね。

  • 速読は本だけに当てはまるものではない。なので速読術を身につけなければならない。
    日常生活に応用すれば、理解力が身につく。

    『2割を読んで8割理解する』それは自分の中に『概念』フィルターを持ちながら読むことにより理解が深まる。社会的視点、主観的な視点、外から俯瞰的に見るか、自分の意思を頭に入れつつ情報を取り込んでいくか。双方の違いによって、より内容を理解することができる。そしてその繰り返しや応用。

    情報の完璧さより、考えることが大切。自分の経験を混ぜ合わせながら読み進め、さらなる付加価値をつけることが重要

    考えることができる人というのは、1つの物事に対して、いくつもの視点、概念を持っている。そして、幅広い視野から分析して物事を解釈することができる人だ。

  • 速読の究極の目的は、理解力を高め、頭を良くすること、そして自分の言葉として出せなければならない!との意見には大賛成。右ページだけ読んで左ページは穴埋めする読書法はまだしも、二割読書法には衝撃を受けた。キーワード探し、呼吸法から、本の選び方、読む時間の作り方、自分のものとして出せるレベルにまで到達できる方法論まで著者実践の秘訣を大公開してくれている。水道橋博士のあとがきも必見。

  • なぜ速読ができるようになりたいか、といえば、限られた時間で多読したいからであり、本書は速読と多読の両面から読書法を説明しているのが分かりやすい。読書の達人はこういう風に読書しているのか、ということが文章化されているのがよい。

    ・目次の良い本を選ぶ
    ・良い目次は拡大コピーし本文の内容を書き込むと理解が進む
    ・本は「汚す」(3色ボールペンで書き込む・本の耳に折り目をつける等)
    ・二割読書法=2割で8割を理解(1冊10割で読むのと比べるとあと4冊読める計算)
    ・複数の本を並行して読む(読みきれなくても気にしない)
    ・学生時代の「現代文」の出題は、読書での理解力を高めるのに実は有用だった
    ・読んだ本のキーワード、引用(「引用ベスト3方式」)をアウトプットとして残す

  • 要は沢山ざっくりよめ。

  • 限られた時間の中で、大量の文章中の概念を、「自分の言葉として使えるよう吸収する」という目的に特化させた本の読み潰し方。速読法には怪しいものも多いが、本書の方法は知的に誠実な速読法だ。

    大事なのは書物の中の何を拾い何を捨てるかということ。具体的には、書籍中の8割は捨てる覚悟で、2割のエッセンスだけを抜き出し、出力できるよう要約にして他は捨てる。捨てた分だけ代わりに読む冊数を増やし、大量の概念を吸収することで、特定の文脈での理解の基盤を作る。基盤ができた分野の理解は更に早くなり、関連書一冊にかける時間は短くなり、以下ひたすら加速していく。

    前半に読書の目的は何かについての考察があり、著者は本書でのゴールを「本を引用し、その中の概念、発想を自らの考える道具にする」ところに置く。後半にはそのゴールへ向かって、具体的に大量の書物の概念を吸収していく単発のノウハウが連ねられている。

    ただ漫然と読むのではなく、いつどのくらいの時間の中で、何のためにその本を読むのか。限られた時間の中で生きる我々は、常にそのことを自らに問い続けなければならない。そう教えてくれる本である。

  • 本書自体には特記すべき事項はない。速読目的は、多読と、要約の意識化と実践、引用文(著者語録)の発見とその可視化であるが、これらは読書メーターのレビュー作成が役立つ。また、同じ書を読破した他の人の引用・感想からの気づきもある。

  • 本書は膨大な書物を読まなければならない学者である著者が考案した「速読・多読」の方法論を述べた本である。また、「速読・多読」の方法のみならず読書によって獲得出来る能力にも言及されている。
    本をたくさん読みたいのが、読むのが遅く時間もあまり取れないので本書を手に取った。

    著者は、読書によって新しい「概念」を獲得し、それを元にオリジナルの考えを出せるようになることが重要だと説く。
    速読・多読はそのための手段であり様々な手法が紹介されている。以下に気になったものを幾つか列挙する。

    ・重要そうな部分に当てをつけ、そこだけを読む「二割読書法」
    ・引用して人に話すのだと意識して読む「引用ベスト3方式」
    ・一冊の本の背景を意識する系譜意識
    ・キーワードに注目して読み飛ばしていく「キーワード飛び石読み」
    ・余白に樹形図・相関図などを書く
    ・評論を読むときは“仮想敵国”を意識する
    ・著者の思考パターンを意識する

    本書で述べられている方法は単なる速読の方法というわけでなく、速読し、かつ読解するという点に力を入れていると思う。
    それは著者が情報の完璧さではなく、考える力を重要視しているからだろう。
    今まで本を読んでいて「概念」を獲得したことは何度もあった。しかし、そこから何か新しいものは生み出せていただろうか。
    ただ速読の方法をと手に取ったが、読書のその先に思いを巡らすこととなった本である。

  • 知識豊富な著者が、これまでの自身の経験から編み出した独自の速読・多読の方法であり、読書好きの私には、共感できる部分も多く、実際に取り込みやすい方法だと思いました。著者の読書への熱意は半端なく、もはや「読書はスポーツなのでは」と思ってしまうほどで、新しい視点で、「読書」というものを観ることができます。本書の中では、興味のない本でも読むことや、10冊並行して読むことなども勧めており、早速、図書館で10冊一気に借りてみることにしました。読書を、ただ読んだだけのインプットに終わらせずに、自分なりの言葉でアウトプットできてこそ、意義がある、といった著者の考えを実践するひとつとして、このサイトでのレビューの書き込みは、打ってつけだと思いました。読書を読書で終わらせずに、自身の糧にするといった考えは、読書好きにも苦手な人にも、おススメです。メディアでも顔なじみの著者の仕事の裏側を覗いてみるだけの読み方としてでも、面白いです。

全80件中 1 - 10件を表示

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)の作品紹介

30分で10冊読んで理解できる。2割読書法、キーワード探し、呼吸法から本の選び方、読む時間の作り方まで、著者が実践する「脳が活性化し、理解力が高まる」夢の読書法を大公開!ただ単に、速く読むテクニックではなく、本を読むことで「頭の良さにつながる」「新しい価値を付与して、自分のものとして出せる」レベルにまで到達できる方法論。語りかけの文体なので、5回分の塾の授業に参加した気分で読める1冊。

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)はこんな本です

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)のKindle版

齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)の単行本

ツイートする