とりつくしま (ちくま文庫)

  • 733人登録
  • 3.49評価
    • (32)
    • (75)
    • (87)
    • (24)
    • (3)
  • 111レビュー
著者 : 東直子
  • 筑摩書房 (2011年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480428295

とりつくしま (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死んでしまった人がモノにとりつくことをとりつくしまという。この世に未練がある 、死んだことに納得がいかない … …そんな人たちの前に現れるとりつくしま係。モノから世界を眺めることはできるけど、自分の意志で動いたり 何かに働きかけたりすることは 、できない。
    一方通行の思い、切なすぎる。それでも人はとりつくしまになりたいのだろうか。とりつくしまになった人の届けたい思い、届けたい言葉は届きましたか?

    「ロージン」
    このくらいの長さがいい。母から息子へ本当のさよなら。
    「トリケラトプス」
    他に付き合う人が出来るのを見るのは辛い。それでも、触れてもらいたい、そばにいたい。
    「青いの」
    これは、1番残酷。幼稚園の子供を…。ずっとひとりで友だちを見てないといけないの?いつくるかわからないママを待ってるの?そしていつかは来なくなるよね…
    「白檀」
    1番好きな話。純愛。毎年先生に会える喜び。書道の世界って凛としていていいな。
    「名前」
    名札って、お胸の上っ…嫌らしく感じる。でも、図書館の話で面白かった。
    「ささやき」
    どんな酷い事をされても子供は親を思う。
    「日記」
    最後の日記はいつなのか。ずっと奥さんを見守り続けたのだろうな。そして1番言いたかった言葉を見つけた。
    「マッサージ」
    この作品だけアンソロジーで読んだ。その時はピンと来なかったけど、とりつくしまが何かわかった今はお父さん頑張れ!
    「くちびる」
    本当の恋も知らないまま死んでしまった女の子。思いは叶ったのだろうか。
    「レンズ」
    これは1番前向きなとりつくしま。おばあちゃん悲しい目にもあったけどこれでよかった。最後がこの作品でよかった。
    番外編「びわの樹の下の娘」
    このような事があるから、とりつくしまは植物もダメなのかな。

    もしも私ならって考えたけど、やっぱり私はとりつくしまを希望しないと思う。私には耐えられない。旦那さまを見ているだけなんて…

  • 一気読み。
    死んでからも愛する人の近くにいられるということで、モノにとりついてその人の近くにいる。という心のとりつくしまを与えてくれる話…だと思っていたら、だいたいのエピソードは悲しい結末で終わり、命のはかなさや死者と残された人との距離を感じる切ない話。

  • 「トリケラトプス」と「日記」の対比が印象的。
    相手の未来の幸福より「私とあなた」が続くことに執着するマグカップの女と、相手の未来の幸福を祝福しながら煙になっていく日記の男。
    命を落としてしまった以上、自分の力でパートナーを幸福にすることはできないわけで、だとしたら怨霊じみたマグカップの女の思考は、誰も幸せになれなくて、悲劇的だなぁと思う。
    もしも私が「とりつくしま」を選べるなら、大切な誰かの新しい一歩を見届けて消えられるようなものがいいな。
    「ロージン」のような消耗品、あーいうのがいいな。

  • 特にどんでん返しとか面白いストーリーがあるわけじゃないけど、言葉のひとつひとつがとても綺麗。ほんとに同じ人が書いてるのかなと思うぐらい、話ごとに口調が違って、ことば選びが上手だなと思った。

  • ひとつひとつの話を読み終えるごとに、「わたしは何を"とりつくしま"に選ぶだろう」と考えた。それは、自分の死後まで寄り添いたいと願う人は誰か、ということである。
    思い出の品や身の回りの物にとりつくということは、わたしたちが「あの人は亡くなったけれど、今もわたしたちの中に生きている」と思うことと同じなのかもしれない。

  • コインランドリーにて読了 雨もあがった 大切な人やものたちのことを想って見上げた空はきれいだった

  • 一緒に食事をするということは、一緒に満たされてゆく、という1行に感動した

  • 帯のように号泣はしなかったけれど、1つ2つ読んだ後に顔を上げたら、目の前の人やモノの見え方がちょっと変わる。短編の数だけ思考実験をしているみたいだなと思ったら解説に「現代美術のような本」というくだりがあって合点がいった。「とりつくしま」の文字列は何度も見ると不思議な呪文に思えてくる。

  • 『もしも私が鳥だったなら、あなたのもとに飛んでいけるのに。』
    .
    心を残して亡くなってしまった人が、「とりつくしま係」によって、何かに取り憑き親しい人のそばに行けるという物語。
    そばに行った後は、どのような結末になるのかは人それぞれ。「ロージン」と「白檀」が良かった。
    東直子さん、ほっこりとする文章が印象的。他の作品も読んでみたい。

  • 2017.10.18読了
    死んでしまった人が
    生き物以外のものに
    とりつくことが出来ますよーって言われて
    その思い入れのあるものにとりついた目線からのお話。
    --------------------
    老若男女がね
    それぞれのものにね
    とりつくの。
     ※憑りつくって書くと少し怖い感じするから
      あえてひらがな。
    【青いの】は少し切なかった。
    【マッサージ】はホロリと来た。

    私、単純だから
    読み終えたあと
    いろんなもの見つめちゃった。
    いろんなもの大切にしよ。

全111件中 1 - 10件を表示

東直子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

とりつくしま (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

とりつくしま (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とりつくしま (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とりつくしま (ちくま文庫)のKindle版

とりつくしま (ちくま文庫)の単行本

ツイートする