動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)

  • 420人登録
  • 4.05評価
    • (31)
    • (39)
    • (17)
    • (3)
    • (1)
  • 36レビュー
制作 : George Orwell  開高 健 
  • 筑摩書房 (2013年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480431035

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いわゆるディストピア作品と呼ばれるものの一部になるのか。
    途中まで、おぉ!となったが後味は悪く自分には合わなかった作品。

  • プレゼント本:茂樹さん

  • 当然寓話だとしても、豚が穀物を栽培したり、家屋を補修したりするのはどうなのだろう。
    いわんや、人間と争いや商取引など…

    また、動物たちが飼い慣らされていく過程をその心境をもう少し丁寧に描ければ更に興味深いモノになると思う。

  • トランプ大統領就任に伴いオーウェルの「1984年」が注目されているらしい。わたしは余り「1984年」は面白くなかったので、オーウェルの「動物農場」を読んでみた。

    家畜として暮らしてきた動物たちが、農場主を追い出して理想の共和国を築く。
    しかし、豚が次第に独裁者となっていき、他の動物たちは考えることもなく従う。

    この作品に描かれる動物たちの理想の共和国とは勿論わたしたち人間の社会のことだ。
    何らかの不満が爆発すると、それまでの体制を崩し理想の国家を築こうとする。
    不満も理想も同じだったはずの仲間の中で、リーダーが現れ、そのリーダーが自分に都合の良い政治を行う。
    愚かな民衆は、いつからどこがおかしくなったのかもわからない。リーダーを妄信する者、不満を抱えながら従う者、昔を懐かしみ逃げる者、我関せずと傍観する者、みんなのためにひとり耐える者、様々な人間がいる。

    ひとは結局、見たいものを見、信じたいものを信じる。
    現実を正しく認めることが出来るひともいるが、多くはそうではない。
    自分が何に対してどう思っていたのか、どうしたいのかさえ曖昧になってしまう。
    多くのひとと同じものが見えていたいし信じていたい。それが楽だから。
    そして知らないうちに溜まった不満は、自分以外の誰かのせいにしたい。それが楽だから。
    具体的な目標も手段も考えないため、また何処に向かって何をすればいいのかわからなくなる。
    そして、見たいものを見、信じたいものを信じる。
    この繰り返し。

    この作品は140ページ無い短い作品だ。
    動物を描く寓話性のある作品でいながら、何について書かれているか簡単にわかる恐ろしい作品と言える。
    平易な文章で読みやすく、問題点もわかりやすく面白い。
    日本人はアメリカ大統領のことやイギリスのEU離脱に関して他人事で、アメリカ人は駄目だ、イギリス人は馬鹿だと言っている。でも日本人も全く同じだ。
    見たいものを見、信じたいものを信じる自分に気づいて現実に目を向けなければ、未来は暗いままだ。

  • 動物農場は、一九八四年よりも面白く読んだ。寓話的な理由によるものかな?
    豚の独裁に対して様々な反応をする動物たちが身につまされる。慣れは、変化への気付きを呑み込んでしまうんだな。
    開高健の読後エッセイも良くて、オセアニア周遊紀行のある箇所は繰り返し読んでしまう。
    開高健の言葉に触れると離れられなくなるのは、何故だろうか。

  • 一匹の、老いた賢い豚は言った。
    「我らを虐げる人間たちが悪であり、すべての動物は同志である」
    彼が革命の歌を遺して逝ったのち、
    まもなく革命の時が訪れる。

    穀物を、仔と卵を奪ってきた農場主は追放され、
    動物たちは自分たちで「動物農場」を運営し始める。

    崇高で正しいルールのもと、
    豚も、馬も、犬も、鶏も、みなは団結し、
    豊かで平等な生活を目指していたはずだった。

    しかしいつしかルールは歪みだす。
    動物たちの中から、新たな支配層が現れ、腐敗を始める。
    誇り高い平等の戒めは次のように塗り替えられた。
    「すべての動物は 平等である。
     しかし、ある動物は ほかの動物よりもっと平等である。」

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    『1984年』と対をなす、
    ジョージ・オーウェルの隠れた傑作です。

    付されている開高健さんの解説でも再三繰り返されていますが、
    オーウェルは反共作家ではなく、
    むしろ彼自身、社会主義者を自任していたそうです。

    したがって、
    この『動物農場』で描かれる動物たちの革命も、
    一見すれば「アカい」ようですが、
    動物たちのリーダーとなる豚が「ナポレオン」と名付けられていたりと、
    もっと一般的に、
    「理想に燃えた革命が、のちに辿る悲惨な運命」を風刺しているようです。

    …とまぁ、ここまで解説からの受け売りで、
    むしろこの解説というか付録が、
    鋭くかつ重厚で、もはや何も言うことがなくなってしまうのですが(笑)


    一点だけ思ったことには。

    開高さん曰く、作品の完成度として『動物農場』は非の打ちどころがなく、
    「失敗作」である『1984年』を遥かに凌ぐ…そうで、
    これまた読んでるうちに「なるほどなぁ」と納得してしまうわけですが。

    『動物農場』があまりにも「風刺らし」過ぎて、
    一周回った妙なリアリティを生んでいるに対して、
    理詰めで、直截に過ぎるという『1984年』のほうが、
    非リアでファンタジー的な魅力に溢れているのは、
    不思議というか皮肉というか…。

    でもやはり、
    『1984年』のほうがファンタジーでエンタメだということだけは、
    間違いないと思うのですよ。
     それではっ

  • 動物に置き換え、寓話化したことで、どの国、どの地域でも入れ替え可能な話として読めた。長年愛聴しているピンク・フロイドのアルバム「アニマルズ」がこの話にインスパイアされてつくったということもよくわかった。ただし、開高健の話はその文体のせいかわかりにくいし、冗長なのでいらない気がした。

  • 社会風刺のモノガタリ。
    どんな社会でも、組織でも、時代でもありそうな話。
    動物を登場人物にすることで、より一層いろんな状況とかぶってくる。

  • 非常に素直なディストピアであり、政治論の基礎なくしても現代、過去を問わず「人間」の姿を思い浮かべられる作であった。

全36件中 1 - 10件を表示

ジョージ・オーウェルの作品

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)に関連する談話室の質問

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)のKindle版

動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)の文庫

ツイートする