うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)

  • 1279人登録
  • 3.05評価
    • (42)
    • (76)
    • (131)
    • (81)
    • (31)
  • 132レビュー
  • 筑摩書房 (2014年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480431226

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

  • 超面白かったです。
    と思ってネット見たら賛否両論でびっくりしました。
    いしわたり淳冶さん、一発目の「すごい顔色」読んだときはひやっとして鳥肌立ちました。
    この人小説もかけるんか!

    星新一に近い感覚をおぼえるショートショートもブラックジョーク効いてて面白いのですが、私的にはエッセイがすごく好きでした。考え方や感性がやわらかくて、力んでなくて緩くて好きです。

    帯で鈴木おさむさんがベスト5を考えながら読んでっていってましたけど、ベスト5なんて決められません。面白いもの!

    個人的にはエッセイばっかりになっちゃったし、
    読み終わったあとに目次を読んで話を思い出してアンコール的に読みたくなったのは以下13本でした。

    すごい顔色
    made in 自分
    数字の話
    真面目なプレゼント
    我輩の辞書には
    窃盗のすすめ
    NEW MUSIC
    新時代小説
    フジヤマインマイヘッド
    イメージと未来の話
    CD屋敷
    一時間、語れることはありますか?
    銀色の鍋

    NEW MUSICとボーナストラックに入ってるエッセイはどれも好みでした。やー、また本出してくれないですかね。絶対ほしい。面白かった!
    人に貸して、どれが好きだった?
    ってやりたくなる本ですねこれは!

  • 立ち読みで、一つ目の物語を3ページ読んだだけで、背筋が寒くなり、購入を即決した逸品。期待通り、最後まで面白い。

  • 元スーパーカーの人とは知らず何となく手にした作品。
    作詞家らしく言葉を丁寧に紡いでいるなと感じました。
    この作品は小説とエッセイが混在していますが
    正直小説の方はあまりしっくり来る作品がありませんでした。
    何となく狙い過ぎと言うか超短編なのにテーマがはっきりし過ぎていて
    ちょっとアクが強いなと感じると言うか。
    エッセイはとても良い味を出しているので今回のような物凄く短い小説
    というよりも短編程度の小説を読んでみたい気はします。

    この文庫本は解説を鈴木おさむさんが書いているのですが
    作品の中の自分のベスト5を選んでいて斬新だなと思いました。
    個人的に私が好きだったのは著者のタバコを辞めた理由が書かれた
    「殺人タクシー」や実家に久しぶりに帰った際の違和感を表現した
    「銀色の鍋」、著者の命名の由来を書いた「ポケットから生まれた男」です。

  • 元SUPERCARの,いしわたり淳治さんの短編小説・エッセイ集.
    小説はカジュアルな星新一といった感じのテイスト.毎回,ハッとしたり,ドキッとしたり,フフッとしたりするオチ.バリエーションに富んでて良い.
    舞台設定も超現実世界からファンタジーまで色々.ファンタジー側は最初抵抗あったけど,だんだん世界観に慣れたら普通に読めた.
    元々は雑誌の連載だったとのことで,「字数稼ぎ」と思われるダラダラとした部分もあるが,人間味があって良いと思う(笑)

    個人的には,最後の「銀色の鍋」が好き.私が田舎出身だからかもしれないけれど,全体的にグッとくる.
    ミュージシャンというあまり世俗の雰囲気を持たない人が書くという点も影響しているのかもしれない.

    「好きな食べ物は?」という質問が好き,というのは全面的に同意!というか,自分以外でこの質問好きな人を初めて見た.そうそう,意外な一面が見えるので,この質問好きなの.あと,「嫌いな食べ物は?」もオススメ.こちらも意外性があるし,結構みんな子供みたいな回答してくるのですごい可愛く見える(笑)

  • 誰かの妄想の世界に飛び込んだような気持ちになる。こんな視点があったんだ!と新鮮な気持ち。

  • 文章に深みが感じられなくて、私には合わなかった。
    本屋さんでちらっと読んだときは面白そうと思ったのだけれど・・・
    中途半端な短編とエッセイが一緒になってるし、
    なんか本の世界に入っていけないというか・・・
    意地だけで最後まで読みました。

    やっぱり、本業が作家さんではないから仕方がないのかな。
    現代人は、あまり重厚でないこういう文章が好きなのかな。
    と、思うことにする。

  • 書店で「好きすぎて薦めたくない。10〜14頁を読んでみて。これがダメならオススメする本はない」ってPOPに書かれていて気になり読んでみました!発想が斬新でブラックユーモアが効いていて面白かったです☆元スーパーカーのギターで作詞作曲を手掛けていた、いしわたり淳治さんが音楽雑誌で連載されていた小説&エッセイ55編。音楽プロデューサーとして活躍されてますが小説がとても面白かったです♪お気に入りは「顔色」「さみしい夜は」「大きな古時計の真実」「賞味期限が切れた恋の料理法」「密室のコマーシャリズム」楽しめました〜★

  • すごくステキなんだけど、
    読むのに疲れちゃう感じ

    なんでだろうー

  • 途中で挫折。読みきれない。
    1話目の「顔色」が心地よかったので読み始めてみたけど、その後共感できたり、くすりとなる話に中々出会えず「賞味期限が切れた恋の料理法」まで読んで置いた。

    気に入ったのは「顔色」「偶像崇拝」「誕生日を祝う理由」「made in 自分」「窃盗のすすめ」(本当にこんなコンクールが行われていたことをこの作品で知った)

  • 作家いしわたり淳治さんの小説とエッセイ集。短い話ばかりなので隙間時間に読むのに最適。

    現代の世を皮肉ったような小説は、ほんの少し、星新一さんの短編を思い浮かべました。エッセイは最後の「銀色の鍋」がとても良かった。青森のご両親と将棋としゃぶしゃぶ。その様子が目に浮かぶようです。読み終えてすぐ「実家に電話しよう」と思わせてくれる話。

  • うーん、とても普通…。読みやすいっちゃ読みやすいけど、1週間経ったら忘れちゃいそう。
    全体のなかで、1番最初の小説「顔色」が一番好きだった。後半は惰性で読んでいた感じ。

  • 筆者のいしわたり淳治さんは
    すでに解散した スーパーカーという、
    マニアにウケていたバンドのメンバーだった人。
    現在は音楽プロデューサーや作詞家として活動しているらしい。
    SMAPや少女時代なんかの作詞も手がているということなので
    かなり活躍している方のようですね。

    内容はロッキンオンジャパンという雑誌に
    連載していた掌編小説とエッセイを集めたもの。
    作風としては少しひねくれたポジティブ感覚の文章ですね。
    個人的に好きなスタイルで、さくさくと読みながらも
    ところどころ、むむむむむむ!と赤ペンでラインを引きながら読みました。

    はっきりいって才能がすごいです。
    最初に書いた通り最近は自作に活かすための本を中心に読んでるわけです。
    まあ、ひらたく言うと真似できる対象を探しているんですね。

    で、作家の中には自分が頑張れば
    いつかその地点まで到達できそうだと感じる作家と、
    いくら頑張ってもその地点には到達できないだろうと
    ひれ伏してしまう作家がいます。

    いしわたり淳治さんの場合はまさに後者ですね。
    いわゆる天才型の作家ですね、
    まあ天才というより奇才という感じでしょうか?

    <トリガーワード>
    『僕が好きな、キレイなメロディのロック音楽だって、たぶんそれ自体が
    ファンタジーなんである。現実の世界で起きているさまざまをバカ正直に音に置き換えたら、
    耳をふさぎたくなるような不協和音になるはずなんだから。
    大切なのは想像力。僕らは想像力を使って、どうにか楽しく暮らそうと努力している。
    仕事仲間とは信頼で、友達とは友情で、恋人とは愛情で、そういう見えないもので
    ちゃんとつながっているんだって信じようとしている。「おれはまだマシなほうなんだ」って
    思おうとしている。想像力を使って。』

    『戦争は昔「正義VS悪」だと考えられていましたが、実際にはそうではありません。
    「正義VS別の正義」です。バルタン星ではウルトラマンが悪。だから、未来にとっては、
    あなたのような「正義」という考え方自体がもう、すなわち「悪」なんですよ。』

    <総評>
    タイトルの「うれしい悲鳴をあげてくれ」のうれしい悲鳴とは
    嬉しさが爆発して金切り声になってしまうことを意味しているそうです。
    例えば、大学の合格発表の掲示板の前だったり、
    サッカーの試合終了間際での逆転ゴールが決まった瞬間などで、
    ついつい出てしまう悲鳴ですね。

    筆者はこんな言葉を書いています。
    『人生でいくつ、うれしい悲鳴をあげられるか。何だか、それがすごく大切なことのような気がするこのごろです。』
    そして著者自身の嬉しい悲鳴のひとつとしてこんな出来事が書いてありました。
    いしわたりさんはロックミュージシャンとして、
    デビューしてから、新作が出ると、その都度父親に報告をしていたそうです。
    ところがお父さんの反応は「うるさい音楽は聴かなくていい」と素っ気なかったそうです。

    ところが文筆業を始めて雑誌などにエッセイなどが掲載されるようになると、
    昔から読書好きだった父が頼んでもいないのに、
    勝手に「先月のほうが良かった・・・・」などと
    勝手な批評をメールで送りつけてくるようになったということです。
    それもいしわたりさんにとっては「うれしい悲鳴」だったそうです。

    はい、われわれも残りの生涯、どれほど「うれしい悲鳴」をあげられるか、
    そこを意識していきたいものですね。
    ウキーーーーーーーーーーーー!

    そしてこの人にはいくら頑張ってもかなわないなあ
    と感じた「いしわたり淳治」というクリエイターに出会ったことも
    自分にとってちょっとした「うれしい悲鳴」かもしれません。
    ひねくれてる文章なのになぜか... 続きを読む

  • 文庫本をもたずに出たので、本屋で平積みになっている本を買ってみました。
    当たりの時もあるけれど、この本は・・・。
    うーん。
    最初は好印象だったけど、なんだか、、、この著者のファンでもないから、、、良さがわからないなぁーって感じで読み進めることができなくなってしまいました。
    著者の人間的魅力を理解した人なら楽しいのかもしれません。
    まったく何の予備知識もなく普通の短編として読んだ私には、「文章に惹き込まれる」ほどではなかったです。

  • ブラックジョークの効いたエッセイ集
    馬鹿馬鹿しい話もあるが時にハッとさせられる話もあり、メリハリが効いてて面白かった。

  • なんでもない話
    2回目はええけど まあおもろいのもあった

  • ちょっと斜に構えた感じが鼻につくような気がしつつもなんかくせになる。エッセイが良い。こういう発想の引き出しはすこし憧れる。田舎の両親の話にはめっぽう弱い…

  • 筆者のアイデアのひけらかし感が合わない

  • 短編とエッセイが1冊になったもの。

    最初の短編で、怖い話? と思ったのですが
    すべて別々な話で、怖い話はこれだけ。
    いや、次の幽霊社員も怖いといえば怖い?
    どうだろう? と思ったのは、タクシー運転手の
    アレルギーの話。
    老い先短いから、とさらに短くするのはどうでしょう?
    言っている事に対して、説得力があるようなないような。

    エッセイで不思議に思ったのは、ボーナストラックの話。
    レンタルで借りてくるのはいいのですが
    なくなる可能性もありますよね??
    そこは…もしや考えてはいけない??

  • 小説は オーヘンリー、星新一 みたいな感じで 予想外な結末が面白い。エッセイも 必ず わかりやすいオチがあって、短編で読みやすく、ムダな読み物もないので、凝縮された感じがします

    なかには 想像しやすい安易な結末もあったけど、面白かったです

  • 作詞家なので、音楽プロデューサーなので、「文章を書く」という点ではまだまだ伸び代があるなと思った。 ^^;
    だけど、随所で目の付け所が違うなと感心した。

  • 短編小説とエッセイが1冊に纏まった本。最初の小説「顔色」は面白かったが、ほかの作品はもう少し頑張ってもらいたかったです。読み応えのようなものはほぼ皆無ですが、読み易い文体からは、著者の人となりが表れていると思います。

  • いい感じの表紙と出版社の煽り文句につられ内容を確認せず購入、短編とエッセイがないまぜになった作品です。短編は目の付け所がよく、オチのセンスもよく、結構楽しめました。
    エッセイの方も中には雑なものもあるけど、漠然と思っていたことをストレートに文書て提示してくれ、同感できる部分か随所に見られます。
    執筆したのは少々前なんですね。ネタが古く、いつの時代かとたまにネットで調べつつ読み進めました。

  • 書店でかなり推されてた1冊
    期待させるようなPOP書いちゃだめよねいくつか読んだけれど…
    退屈で挫折……タイトルなんかはすきなんだけれど
    残念

  • 小説はあまり好きではなかったけど、エッセイがおもしろかった!
    作者の持論が的を射ていて、ハッとしました。でものんびり自由な方のようで、現実の毒や理不尽をユーモアでかわしていて楽しかった。
    なんだか自分がまるごと肯定されたような気分になりました。

全132件中 1 - 25件を表示

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)の作品紹介

うれしい悲鳴をあげてくれは元スーパーカーというバンドのいしわたり淳治さんが書かれているエッセイと小説が一緒になっている作品です。2004年から2005年にロッキンオンジャパンで連載されていたものが書籍化されました。思わず笑ってしまうエッセイが多く収録されています。短いエッセイの中にも笑いが詰まっています。

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)のKindle版

うれしい悲鳴をあげてくれ (ちくま文庫)の単行本

ツイートする