承認をめぐる病 (ちくま文庫 さ 29-8)

  • 99人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 斎藤環
  • 筑摩書房 (2016年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480433954

承認をめぐる病 (ちくま文庫 さ 29-8)の感想・レビュー・書評

  • 若者の承認欲求をめぐる現状について、精神医学の臨床経験を踏まえて論じられている。寄り合わせの論考集でもあるが、非常に面白くためになった。

  • 勝手に「承認という病」についての本だと思っていたので、実際に読んでみたらタイトル通り「承認をめぐる病」の本というか、臨床の立場から現代の精神病について書いてあった本だったので「あ、こういう感じね!」となってしまった。しかも筆者が他の雑誌や本に寄稿した「承認をめぐる病」に関する文章をまとめたものなので、一冊のなかで内容に重複している部分が多かった。でもキャラクターに関する見解はおもしろかった。
    哲学に関する基礎知識があまりないのでもっと勉強しなきゃな、と思った。ラカンとか。

  • キャラがある環境における役割を表すならば、ソシュールの言語論における記号の様なものなのかな。

    個人が記号と化した中でそれをそれとして受け入れて生きるのか、多層的な世界で多くのキャラの複合としての自分を見出すのか、コミュニケーションを超えた対話が可能なのか、大きな物語としての民族や宗教が復権するのか。
    ぜひ続編も読んでみたい。

全4件中 1 - 4件を表示

承認をめぐる病 (ちくま文庫 さ 29-8)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

承認をめぐる病 (ちくま文庫 さ 29-8)はこんな本です

ツイートする