絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)

  • 130人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 頭木弘樹
  • 筑摩書房 (2017年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480434838

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明らかなタイトル買い。
    でも、オビのラインナップ見ていたらワクワクして、手に取らずにいられなかった。

    こんな絶望を感じている人に、という処方箋的なイントロダクションもなかなか素敵。

    人に受け入れられない絶望に。
    三田村信行「おとうさんがいっぱい」
    なんてネーミング。なんたるシュール。

    山田太一「車中のバナナ」はめっちゃ共感。
    受け入れることが前提の思いやり、というのだろうか。車中でおもむろに渡されたバナナ。
    何故食べないの?受け入れられないの?
    結構です、と言える決定権がどうして自分にないんだろう、と確かに不思議になる。

    ウィリアム・アイリッシュ「瞳の奥の殺人」
    これ。なんとなく結末読めるけど、ハラハラ。
    おばあちゃん、がんばれ!
    おばあちゃん、負けるな!

    安部公房「鞄」は元々好きな作品。
    人生の選択肢が限られているという絶望に。
    なるほどね。

    川端康成「心中」も短いけれど、なんかどの角度から照らしても、切なくて鋭い。
    家族の音。
    一緒に暮らしていると、足音でも誰か分かる。
    それを想像することが出来る。
    イライラすることも確かにある。
    でも、静寂が良いとは限らない。

    ラスト。
    手塚治虫「ハッスルピノコ」
    あー。昔、ブラックジャックめっちゃ読んだな。
    書かれたくない部分こそ、丁寧に掬いあげられているというか、ブラックジャックの表情に、苦しくなったこと、確かにある。

    どれを読んでも味わいがあって、こういう完成度の高いアンソロジーは是非薦めたくなる!

  • アンソロジーなのだけど「絶望」というありそうでなかったコンセプトが絶妙で、なんというかタイトル勝ちですね。序文によると「絶望的な物語」でも「絶望から立ち直るための物語」でもなく、立ち直るまでの長い絶望の期間中に読むのにおすすめ、的なものらしく、「○○に絶望してる人に」という処方箋的な細かいジャンルわけもしてあるので、絶賛絶望中!という人の「共感」を呼ぶ作品をセレクトした感じでしょうか。正直絶望してるときにこれを読みたいかと言われると個人的にはそうでもないのだけれど、単純にアンソロジーとして幅広いジャンルからセレクトされているのでとても面白く読めました。

    安部公房「鞄」と川端康成「心中」のみ既読、筒井康隆「最悪の接触」は面白いけどストレスがたまる(苦笑)、児童文学ながら三田村信行「おとうさんがいっぱい」は不条理SFっぽく、ウィリアム・アイリッシュ「瞳の奥の殺人」は単純にサスペンスとしてハラハラ、しかもハッピーエンドで読後感○、シャーリィ・ジャクスン「すてきな他人」はさすがの不穏さ、同じくカフカも安定の不条理、ラストを締めくくるのは手塚治虫のブラックジャックというのも斬新。

    特筆すべきは韓国の李清俊(イ・チョンジュン)「虫の話」。韓国の小説を読むのはもしかして初めてかも。息子が誘拐され遺体となり発見、犯人への復讐に燃えていた母親はやがて宗教(神)を心の拠り所にするが・・・。読み進めるうちに、あれ?この話どこかで?と既視感、タイトルが全然違うから最初はわからなかったけどもしかしてこれって、映画『シークレット・サンシャイン』(http://booklog.jp/users/yamaitsu/archives/1/B001H1FXFS)の原作!? のちほど解説を読んだらやっぱりそうでした。映画はこの短編をさらに膨らませてあったけれど、展開はほぼ同じ。かなり衝撃的な作品で、映画を先に見ていなければこの小説からも結構衝撃を受けるかも。とくに過激なことが起こるというわけではなくて、母親の心理の移行がとにかく秀逸。原作はわりと淡々としているけれど、ラストに救いを持たせてあった映画よりも小説は残酷だった。

    ※収録作品
    おとうさんがいっぱい:三田村信行/最悪の接触:筒井康隆/車中のバナナ:山田太一/瞳の奥の殺人:ウィリアム・アイリッシュ/漁師と魔神との物語:『千一夜物語』より/鞄:安部公房/虫の話:李清俊/心中:川端康成/すてきな他人:シャーリィ・ジャクスン/何ごとも前ぶれなしには起こらない:キャサリン・マンスフィールド/ぼくは帰ってきた:フランツ・カフカ/ハッスルピノコ(『ブラックジャック』より):手塚治虫

  • 素晴らしいセレクト。

    「瞳の奥の殺人」はちょっとリリカルでさすがアイリッシュ。
    「鞄」も完成度高い。
    一番こわいと思い絶望に共感したは「車中のバナナ」。「すてきな他人」もよかった。

  • アンソロジーかな?

    筑摩書房のPR
    未掲載

全4件中 1 - 4件を表示

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

絶望図書館: 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする