翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)

  • 158人登録
  • 3.80評価
    • (11)
    • (21)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 鴻巣友季子
  • 筑摩書房 (2012年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480688842

翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)の感想・レビュー・書評

  • 小学6年生と一緒に翻訳するんだけど、想像力や英語の間違いも面白い。

  • イマイチ実際の授業風景がわからないのは、テレビで見すぎているためかもしれない。

  • 有名な"The Missing Piece"を小学生たちと訳す、という実際に行った授業を元にして。

    翻訳に対する考え方、心の持ち方とかを教えてくれる内容でした。
    まずは原文で本を読むところから始めようかな、と。語学が好きなので興味深い内容でした。
    自分ならどう訳すか考えながら、"The Missing
    Piece"をを読みたいな。

  • 著者が小学校6年生の児童におこなった翻訳の授業に基づいて書かれた本です。じっさいにシェル・シルヴァスタインのThe Missing Pieceを翻訳してみるという体験を通して、翻訳とはどのような営為なのかを子どもたちに伝えています。

    テクニックよりもっと基本的な、著者自身の「翻訳原論」ともいうべき内容が分かりやすい言葉で説明されており、おもしろく読みました。

  • 本格的な英語教育は受けたことの無い、ごく普通の小学6年生たちが、絵本「The Missing Piece」の和訳をする話。さすがベテラン翻訳者だからなのか、文章が読みやすい。小学生たちの想像力と表現力に感動した。
    能動的な翻訳、を勧める。ちょっと勇気をもらえる。
    「翻訳とは言ってみれば、いっとき他人になることです。」
    「翻訳というのは、自分のなかから転がりでて、いっとき他者の言葉を生きることです。でも、もちろんそれを生きるのはあなた自身で、最後に訳文を書くときには、もういちど自分にもどってこなくてはなりません。」

  • 由NHK「课外的课。欢迎、先辈」。翻译的想法。

  • 「バカの壁」に通ずる見解が翻訳という世界から考察できる。翻訳者の仕事の紹介というより、翻訳の本質について書かれている気がする。

  • 訳される相手の視線になってみる。翻訳に使う想像力は、ただ読書をする私も必要だと思う。
    子供たちが挑戦する翻訳を読んで、自分でもやってみたくなった!

  •  やっぱり東京の小学生は、勉強できるんですね。

  • 翻訳についてとてもわかりやすく書かれていて内容も面白いです!

  • 「ようこそ先輩」の番組内で、子どもの翻訳を聞いたときの、作者のはっとした表情と涙が忘れられず、購入。
    本書は、作者の考える「翻訳とは」という部分をフィーチャーしていて、興味深かった。
    翻訳に正解などない。翻訳は、和文英訳とは一線を画する。翻訳で一番大切なことは、原書を「能動的」に読むこと……。
    同じ生業のわたしにとって、一生の課題になりそうだ。

  • 一気読みしてしまった。

    「課外授業ようこそ先輩」に出る講師の方は、皆さん本当に授業が上手だ。
    「文法」を一切習っていないと思われる子どもたちの発想がユニーク。
    86ページなど、声に出して笑ってしまう部分も(笑)

    中高生(以上)を対象にしているだけあって、読みやすい。
    平易な言葉が並んでいるのだが、個人的には衝撃を受けた。

    「誤訳」は無い、と言い切る鴻巣(こうのす)さん。
    もちろん、好き勝手な日本語にしていいという意味ではない。


    繰り返されているのが「能動的な読書・翻訳」ということ。
    原文には、何が、どこまで書かれているのか。
    原文は何を伝えようとしているのか、読者に何を感じさせようとしているのか。
    原文の世界に入りこんで、それを徹底的に考えることが「透明な翻訳」に繋がるという。

    そのために必要なら、時制だって変えていい。
    辞書に載っていない訳語だって使っていい。

    日本は、漢文を訓読していた時代から、
    外国語の単語を置き換え、文法の方程式に当てはめて読み解く技術に長けていた。
    でも、それを翻訳に持ち込んではいけない。


    学校で度々言われている、文の「機能」を考えろ、
    という助言と同じことなのだと思う。
    ただ、筆者が書籍の翻訳者だからか、より穏やかというか、柔らかいというか。
    そのスタンスが、じんわりと沁みる心持がした。

    そしてホッとした、気がする。
    無意識のうちに、悪い意味で原文に拘りすぎていたのかもしれない。

    「意訳」ではなく、「能動的な訳」を。
    目指そう。いかにも遠い道のりだけれども。



    【翻訳の手法】
    (p.46)
    日本語と英語は時制表現の概念がまったく違うため、揃えることは不可能。前後の文脈によっては、「I love you.」を「『ずっと』好きだった」と(「継続を表す完了形」として)訳すのが意訳とは限らない。

    (p.98)
    「The Missing Piece」:
    三人称の原文が、倉橋由美子訳では「ぼく」による一人称で語られている。これは1977年当時、画期的な手法だった。

    (p.120)
    一人称視点と三人称視点(「前景」と「後景」)を、常体と敬体で書き分ける手法。カフカ「橋」の長谷川四郎訳にも見られる。


    【透明な翻訳とは】
    (p.111)
    登場人物の立場になって考える。語学力が付いてくるほど、そのためのヒントが多く得られる。すると、だんだんと「自分だったら……?」という思考を通さなくても理解できるようになる。これが、「翻訳の過程で訳者が消える(透明な翻訳)」ということ。透明な翻訳は、極めて能動的(≠機械的)。

    (p.185)
    日本人は、原文が透けて見えるような、異文化・異質性を残した「透明な翻訳」を好む。欧米人は、まるで自国語の母語話者が書いたかのような「透明な翻訳」を好む。


    【子どもたちの翻訳】
    (p.83)
    児童「だから、この丸いのは男っつうかさ、転がるエドなんだよ」
    児童「エドってEが大文字で名前なんです。単語がここで分かれると思って辞書を引いたんですけど」
    「ああ、『rolled』ですね。」

    (p.86)
    児童「ここに『くだけた』って書いてあるから、粉々にくだけた欠片ってことだと思う」
    「えっ、くだけた欠片って書いてあった?」
    児童「"I'm"って辞書で引いたら"I am"のくだけた表現って出てきました。だからピースがくだけたのかなって」

    (p.125)
    <「and slowly rolled away」って、直訳すると、「ゆっくり離れていった」というだけですね。でも六班は、「ピース、さよなら」と訳したんですね。~~想像力の壁を一つ越... 続きを読む

  • 序章でつかまれてしまいました。
    小学生の翻訳の過程も良かったなぁ。
    番組を観たくなった。

  • 翻訳は単語を逐次訳していくわけでもなく、だからと言って大胆に意訳するわけでもない。
    その微妙なさじ加減が翻訳の醍醐味かもしれない。

  • 新書・文庫  801.7||コウ

  • もっとはやく出会いたかった!

  • 面白かったです。

  • 翻訳とは読み解けるかどうか、そこが問われているということなんだなと、いつも自分がどちらかというと技術寄りの
    翻訳の仕事をしながら感じていることを、あらためて確認しました。

  • 正直に書きます。

    いいこと書いてあるなあとも思った部分もあるし、ここまで思い切っていいのか、とためになった部分もありました。
    小学生の発想力にも感銘をうけました。
    でも…立ち読みで済ましておけばよかったです。
    僕は翻訳の勉強中なのですが、もうちょっと踏み込んでもらいたかった。

    本書は小学生と一緒に絵本の翻訳をするというとてもチャレンジングな試みの模様をまとめたものです。
    初学者であってもちょっと物足りないと思います。

    「将来の夢」の候補として翻訳を考えている若者に読んでもらいたいです。

  • なぜかこの鴻巣さんのお名前を「巣鴨(すがも)」さんといつも勘違いしてしまう。珍しいお名前なのでもう一度ちゃんと意識に留めておこう。『こうのす』さん。すみません。

    さて、この本。あとがきで著者が書いている通り、「中高生以上の若い読者を意識した言葉づかい、となっているのだが、これが見事にぴったりと合っていて、まさしく『先生に教えてもらっている』感覚に浸りながら読み進めることができ、解り易い上に、子供達と一緒に教室で過ごした時間を共有する感覚もあって、読後感が非常に気持ちがいい。

    私も英語、ロシア語、中国語で少しばかりは文章が読めるようになってきたが、自分の中では理解していても、それを他人に説明するときに、どれだけ「意訳」して伝えていいものか迷うこともある。この点、それを本にして世に出す、という使命を負ったこの仕事をこなす鴻巣先生のセオリーは非常に参考になる。
    教室形式の口調でやさしい語り口だが、本当に奥の深い内容を含んだ「教科書」である。

  • 中高生向けのレーベルなのに、大人が読んでも十分に面白い。
    小学生を相手に行われた授業の内容が書籍化したものなので「翻訳ってこういうこと」
    分りやすく教えてくれて、翻訳ものに対してヘンに苦手意識持ってる人間の
    意識を変えてくれるかのよう。

    小学生が「The Missing Piece」を翻訳する様がメインなんだけど、
    一語一語に引っかかり辞書を引き引き、懸命に読み解いた結果
    訳された物語のなんて瑞々しくて素晴らしいこと!
    翻訳とはいえ自分の等身大の言葉で自由に柔軟に紡がれた物語に感動した。
    長男にも勧めて読ませたい!!

    さりげなく語られる「透明な翻訳」な翻訳事情など
    いろいろ興味深い1冊だった。

  • 語り口調だからいっきによめる。
    想像力の壁を破る、英文和訳と翻訳のちがい、能動的に読む、など、
    小学生にもわかるけどおもしろく読める。
    こどもの訳も全然ちがっておもしろい。

  • 英米文学翻訳者の鴻巣友季子さんが世田谷の小学校で行った「翻訳教室」の記録.六年生が Silverstein の The missing piece の翻訳に挑戦している.インターナショナルスクールの生徒とのディスカッションが翻訳の難しさを露わにしていておもしろい.文学の翻訳者の苦労と楽しさを教えていただきました.

  • 翻訳をするときに大切なことは、想像力の枠から出ようとすること。想定の箱を大きくしておく。翻訳とは深い読書。
    I love you.の訳し方 愛してる。君が好きだ。大好き。ずっと好きだった。今夜は月がきれいですね。かわゆい。君に感謝している。がんばっていこうぜ。

全31件中 1 - 25件を表示

翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

翻訳教室―はじめの一歩 (ちくまプリマー新書)はこんな本です

ツイートする