僕の明日を照らして

  • 1305人登録
  • 3.61評価
    • (92)
    • (234)
    • (237)
    • (38)
    • (4)
  • 267レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 筑摩書房 (2010年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480804259

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

僕の明日を照らしての感想・レビュー・書評

  • 母子家庭だった僕の家に、新しい父親の優ちゃんがやってくる。
    一人の孤独な夜を過ごさなくてよくなり大歓迎の僕だったけれど、
    優ちゃんには困ったところがあった。
    いきなりスイッチが入ったように切れて、僕に暴力をふるうのだ。
    暴力をふるった後の優ちゃんは別人のようにしょげ返って謝る。
    虐待をなくすために、二人はいろんな作戦をたてる。

    テーマは重いけれど、いつものように淡々と進む。
    瀬尾さんの作品は、日常を描きながら何となくリアリティがなくて、
    そこがほっとさせてくれたりもするのだけれど、今回は
    「うーん。この中学生は…!?この二人の関係は…!?」と悩み、
    いつもよりも距離を感じてしまった。

    毎日の虐待日記、絵本作戦、カルシウム作戦。
    新しく父となったとはいえ、10年以上別々に暮らし、血もつながっていない人。
    それも、自分に暴力をふるう人を、どうしてこんなに受け入れることができるんだろう?
    優ちゃんもわからない。
    大事だと思っている子に、なぜ理性をぶっとばして暴力振るえるのだろう?
    私はお気楽に育ちすぎたのかもしれないけれど、大人の子どもに対する
    一方的な暴力なんてただ醜いだけで、一緒に寄り添って治すという発想は
    どうしても湧いてこなくて。

    「今まで知らなかったくせに」と息子に罵られても、
    暴力をふるった新しい夫が許せなくて、別れを決意するしかなかった母の
    気持ちの方がずっとわかってしまった。
    瀬尾さんが伝えたかったこと、きっと私には伝わらなかったんだと思った。

  • 虐待する者=強者、虐待される者=弱者という図式を
    かるがると飛び越えてみせた、瀬尾さんの名作です。

    普段は優しすぎるほどの好青年なのに、
    ふとしたきっかけで豹変する義父、優の虐待を受ける隼太。

    でも、目を覆いたくなるような暴力がひとたび止むと、
    自己嫌悪に陥って謝り続ける優に、隼太は
    「殴るだけ殴って、自分の都合で出て行くとか、最低だよ。
    そんなこと僕は絶対に許さない」と言い放ち、完全に優位に立っている。

    昏倒するほどの暴力よりも隼太が怖れるものはただひとつ、
    ひとりっきりで過ごす夜の闇。

    「初めて自分以外の誰かが息づく家の中で過ごす夜」を
    連れてきてくれた優を手放さないために、虐待から立ち直らせる術を
    あらゆる方向にアンテナを張って模索する隼太。

    ふたり頭を並べて読む心理学の本や絵本、
    ふたりで毎日あれこれ会話しながら書く「虐待日記」、
    ふたりで仲良く作る、イライラ予防のカルシウム補給用ひじきの煮物。

    誰かに切実に必要とされている実感がどうしても持てない優と
    「女手ひとつ」の言葉に縛られ、学校でも母親にも弱音を吐けない隼太が
    不思議な明るさの中で手を取り合って虐待を乗り越え、
    心をより深く通わせていく過程に心打たれます。

    事態が好転し始めたところで、
    知人すら察していたほどの虐待に全く気付かず、
    見たいものしか見ようとしない母親に
    ふたりがいとも簡単に引き裂かれるシーンには賛否両論あるだろうけど、

    ずっと隼太にリードされるがままだった優が
    初めて自ら積極的に立ち直るためのアクションを起こし、
    「女手ひとつで育てられているのに、感心な子」であり続けた隼太が
    「終わってから割り込んできて、今更母親らしいこと言うなって」と
    幼子のように泣き叫んだ挙句に選んだ「いったんちゃんと終わらせよう」は、
    決して悲しい結末ではないと信じたい。

    だって、人生はまだまだ続いていくのです。
    ひとりひとりが、誰かの明日を照らせるくらい、つよくなるまで。

  • ナニカガ、チガウ。

    カッとなると自分をコントロール出来ず、義理の息子である隼太を殴ってしまう優ちゃん。
    でも、そんな優ちゃんを決して離そうとはしない、隼太が最初はひたすら怖かった。

    いつ降るか分からない危機を前に、その人を好ましく思える気持ちが、理解出来なかった。

    優ちゃんに対しての行動とは裏腹に、他人の感情よりも合理的解決を優先する隼太がますます分からなかった。

    どうして、そんな風に出来るのか。
    そうまでして守りたいものは何なのか。
    隼太は第二の優ちゃんにならないか。

    ぐるぐる、ぐるぐると考える頭の中、母親が気付くシーンだけは、グッときた。
    そうだ、貴方には、残念ながら何も言う権利はない。

    そうか、私にも、何も言う権利はない。

    二人が、二人で築き上げてきた跡を、私は理解することが出来なかった。
    良かった、と言いにくい話。
    けれど、隼太にとっての結末を叶えてあげることが、良いことになるんだと思った。

    哀しくて、怖い話。
    けれど、いたいけで、優しくもある話。
    私は分からなくてもいい。誰かはこの話を分かるのかもしれない、と思っただけで、いい。

  • 物語の始まりは、主人公が暴力を受けていることから始まったので、暗い内容が続くのかと心配しながら読み進んでいくと、どう行動すれば暴力から開放されるのか?幸せを逃さないでいられるのか?自分らしく過ごせるのか?主人公が壁にぶつかりながら成長する姿が前向きで最終的には気持ちよく読むことができました。

  • 新しいお父さんと息子の間だけの秘密。
    虐待。
    虐待しながら泣いているお父さん。
    虐待されながらもお父さんを失いたくない息子。
    誰にも知られちゃいけない。お母さんにも。
    そんな2人が歩んでいくお話。
    ---

    苦しめたくないのに苦しめてしまう病気。
    他人には普通の人には理解できないスイッチがある。
    本人が一番苦しい。
    苦しめる方も苦しめられる方も一緒に一生懸命に
    克服しようとする描写に心を痛めた。

    誰にも言えなかった日々。
    なんとか治そうと調べ、考え、説得し、行動しても、
    それでも悪くなる一方。

    苦しめあいたくなかった。。。

    でもね、

     「終わりなんか来るわけもなく、終わりの兆候なんてどこにも見えなかった。
      でも、終わりはちゃんとやってきて、新しい光をつれてきてくれる。」

    光は温かいです。

    瀬尾まいこさんの小説の結びにはいつも「希望」がある。
    とても好きです。

  • 中学生の「僕」は母親の再婚相手、優ちゃんに虐待されている。
    それは日常的ではない。優ちゃんはふとした瞬間にキレてしまうのだ。
    キレた優ちゃんは「僕」を殴る。殴ったあと、いつも「僕」に謝り、自己批判を繰り返す。

    そんな優ちゃんを「僕は」嫌いではない。
    生活を豊かにしてくれた優ちゃんに感謝しているし、「僕」は優ちゃんを必要としている。

    「僕」と優ちゃんは内緒で、優ちゃんのキレてしまうクセを治そうとする。
    母親にも、同級生たちや、ガールフレンドにも内緒で。

    ----------------------------------------------------------------

    すごく淡々と進んでいくけど、すごく異常な状態。

    自分を殴ってしまう母親の再婚相手をかわいそうだと思う中学生。
    再婚相手の子どもにしか暴力のはけ口がない歯科医師。
    家族の暴力に気付かない母親。

    内面だけで処理しようとしても結局は歪んでくる。
    中学生は部活で異常な行動を取り、教室で孤立してしまいそうになる。

    主人公の中学生にガールフレンドがいてすごく救われた。

    母親が再婚相手の虐待に気づき、家を出て行けというが主人公がかばうシーン。

    賛否両論分かれるところだと思う。
    家族愛が暴力を超えるのか、暴力は家族を飲み込むのか。
    考えさせられる小説だった。

    (なくなったiPodはどうなった?)

  • 虐待の話をこんなに奇妙なほど暖かく書けるひとをこの人以外に知らない。アンバランスなのにやっぱり整っている。ただ穏やかなふわふわした話とは全く違う。でもさすがに途中でぞくっときた。奇妙で暖かいんだけど、こわいおはなしでもある。

  • 中学2年生の隼太が母の再婚相手である 歯科医の優ちゃんに虐待をされ それを二人で試行錯誤しながら 問題解決していくという成長物語。 重たいテーマだけれども 隼太が絵本を読んだり 日記を書いたり 料理をしたりして なんとか 優ちゃんに立ち直ってもらおうとするところがすごい。でも なんだかリアリティがないような感じがしました。

  • ★★★☆☆
    失いたくないものを守る方法
    【内容】
    シングルマザーの息子で中学生の隼太。母親が再婚し歯科医の優ちゃんが父親になった。優しくてかっこいい優ちゃんを隼太は大好きだったが、優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る……。でも絶対に優ちゃんを失いたくない。隼太の闘いが始まる。

    【感想】
    家庭内暴力というテーマを扱っているが、重いテーマを軽く描く。正直、隼太の戦い方は褒められるものではない。

    中学男子は中2病といわれるように、変にカッコつけたり、反抗したり、自尊心が育ち、恋愛にあこがれる。そんな中学生である主人公の成長を感じることのできた。
    この年代はあるキッカケがあれば加速度的に成長するよな、身長と同じように急速に。

    まぁ主人公の性格が若干良すぎる気もしないでもないけど、こんな子供だったら親は楽だな。

    個人的にはオチが納得いかない。急過ぎじゃんか。
    そこまで丁寧に描いていたのだから、伏線を貼るとかすればいいのにもったいない。

  • 久しぶりの瀬尾まいこさん作品。

    あらすじは知ってましたがやっぱり読むのは辛かったー。
    主人公の隼太は母親の再婚相手の優ちゃんから度々暴力を振るわれる。逃げ出すことはできるのに、優ちゃんから離れられない隼太。

    読んでて切なくなりました。
    普段の優ちゃんは誰よりも優しいのに、突然豹変し、狂ったように暴力を振るう。
    そんな優ちゃんを治したくて二人で一生懸命方法を探す。

    周りに関心がない隼太が唯一執着するのが優ちゃん。
    ひどいことをしている優ちゃんを逃がさない隼太もどこか壊れていて。

    でも、二人で一生懸命優ちゃんの暴力を治そうとすることを通して隼太が周囲に心を開いていく姿からは救いを感じました。

    最後は救いのある話になりましたが、母親のなぎさが一番苦しかったと思います。

    大好きな人が息子を虐待していて、その息子は自分の手を振りほどき優ちゃんを止めようとする。

    この家族はいつかまたやり直せるのかな。

  • やっぱり綺麗事ではいかないな〜というのが正直な感想。ただそれがもやもやしないのが、瀬尾さんのすごいところだなあと思う。キレてしまうけど本当は心優しい優ちゃんと、背伸びするけど等身大の中学生で淋しがりな隼太くんが一生懸命なところがとても良かった。瀬尾さんの書かれる中学生がリアルでとても好き。

  • この本は、あまり好きになれなかった。虐待の話しはやはりどんなふうに書いてあっても心苦しいし…あってはならないことだと思うから。

  • 母親の再婚相手に虐待される中学生男子。でも、義父とは仲良しで虐待のことは母親に言わず、虐待されても義父と離れたくない主人公。虐待するたびに苦しむ義父。奇妙な2人。続きが気になる作品だったな。

  • 新しくやってきたお父さん、優ちゃんは突然スイッチが入ったようにキレル。そして隼太に暴力をふるい、我に返り反省する。
    そんな優ちゃんがお母さんにそのことを相談するのを半分脅しのように阻止するのは、闇を一人で過ごす夜がいやだから。
    半ば自分のために、優ちゃんのキレルのいろいろな方法で改善しようと努力するうちに、自分のことが見えてきて、人のために何かできる人間になっていく。成長ストーリー。

  • やさしいことと、やさしくすることは、違う。優ちゃんは、ときどきキレて僕を殴る。でも僕はゆうちゃんを失いたくないんだ。隼汰の闘いの日々が始まる。

  • 大切なものを守るためには、時間をかけて向き合うこと

  • 幼い頃に父を亡くした隼太は中学生。母の再婚相手の優ちゃんが、突然キレて隼太に暴力を振るうところから物語は始まる。

    優ちゃん自身、そんな自分をなんとかしたい気持ちは強く、隼太もまた独りの夜に引き戻されるのは耐え難く、二人は解決策を模索するが…。

    瀬尾さんは教職に就いているだけあって、肌で感じた中学生の世界を描いている。母親に悟られないよう無理な嘘をついたり、優ちゃんはカルシウムが足りないのかと考えてひじき料理に凝ったり…根本的解決に至らないのが悲しい。中学生は強くて脆いなぁ…

    瀬尾まいこさんの作品の中では気が沈む方。

  • 瀬尾まいこの小説は、シチュエーションが若干
    変わっているのだが、その中で主人公が何を考え、
    どう行動するというのが理解しやすく、
    しっかり感動できる。
    この作品も、再婚した父に虐待される子供の視点から
    描かれているが、深刻ではなく、ハートフルすぎる
    わけでもない絶妙のバランスを保っている。

  • 瀬尾まいこさんの作品はデビューから
    全部読んでます。単純に好きなんです(笑)
    この作品は子どもの虐待の話だと思って読み始め、
    「Itと呼ばれた子」を想像してたのですが、
    出だしから違った形で親と子が絆を作ろう深めようと
    努力してる姿に涙がでました。
    最期は決してハッピーエンドではないけれど
    いつかハッピーになれる日が来ることを期待できる
    終わり方ですね。
    もっとこの人の作品、売れてもいいと思うのですがね~。

  • 「やさしいことと、やさしくすることは、違う」
    という帯の一文にひかれました。

  • お盆に実家で読んだ本④

    「虐待」の話ということだったので、
    読むかどうかちょっと迷いました。

    でも、実際に読んでみると、
    「虐待」がテーマというよりも、
    「虐待」よりもさらに寂しい主人公の心の透き間が
    テーマの作品なんだなと思いました。

    現実問題でいえば、
    「虐待」がこんなにさらさらしたもののはずがない。
    もっと、さまざまな人の情が絡んでいて、
    陰湿で、どろどろしていて、恐怖に満ちていて、
    決して許されることではないと私は思います。
    ただ、小説はやはりフィクションの世界だから、
    全部が全部、生々しさにこだわる必要もないかな。
    小説がすべて現実に即したものだったら、
    つらくて小説を読めなくなってしまから。
    だから、この話はこれでいいのだと思います。

  • 傷ついても傷ついても、守りたいものがある。

    彼にとって優ちゃんは夜の闇に射す「光」なのだと思う。
    そんな「光」である、救いを、希望を、安らぎを、幸せを、守りたい。

    そのためにここまで必死に戦える彼を尊敬する。
    自分よりずっと若い少年が、幸せを守るためにここまで努力していることに感銘を受けるとともに、自分にそれができるだろうか、なんて思う。

    できない。たぶんできない。
    自分の不幸を嘆き、悲しみ、苛立つだけだろう。

    だから、私は彼を尊敬する。

  • 【あらすじ】
    中学2年生の隼太は、この春に名字が変わった。シングルマザーだった母が、町で人気の歯医者と結婚したのだ。すごく嬉しかった。なのに…。優ちゃんはときどきキレて隼太を殴る。母さんは気づかない。隼太が、優ちゃんの抗議をものともせず全力で隠しているからだ。この孤独な闘いから隼太が得たものはなにか。友だち、淡い初恋、そしてこの家族に、選択の時が迫る。

    【感想】

  • 新しいパパは暗闇から僕を救ってくれた。でもときどきキレて殴られる。殴られるのは嫌だけど必要な人だから二人で乗り越える努力をしよう…って~…。
    物分かりがよくて諦めやすくて大人な僕に、優しい未来が待ってますように!

  • 当事者以外は解らない。
    私はなぎさと同じた。苦労、努力、そんなの関係無しにダメ、ムリ、そう思う。関係無いのに。
    こういう関係もあるのか…

全267件中 1 - 25件を表示

僕の明日を照らしてに関連するまとめ

僕の明日を照らしてを本棚に登録しているひと

僕の明日を照らしてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の明日を照らしてを本棚に「積読」で登録しているひと

僕の明日を照らしてのKindle版

ツイートする