アクロイドを殺したのはだれか

  • 53人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (4)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Pierre Bayard  大浦 康介 
  • 筑摩書房 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480837110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
宮部 みゆき
ウンベルト エー...
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

アクロイドを殺したのはだれかの感想・レビュー・書評

  • フィクションにおける真相を疑うという、ひねくれ者のようで哲学のようでもあり。クリスティ作品のネタバレオンパレードにつき、クリスティは一通り修めた、という人にしかおすすめできない。しかし、この条件を満たし、再読したいが分析的に読書するのに尻込みしている、私のような半可通にはもってこいの一冊。後半の妄想に関するフロイト論は冗長か。

  • 作中で解き明かされた真実に対して、異なる真実を提示する
    ミステリーにおいてこれほど興奮する体験はないと思う

    この本はその一例であり、これを機に他のミステリーにおいても異なる真実の提示が可能でないか検討してみたいと思う

  • かつて推理小説を読み耽った時代があった。エラリー・クィーンから始まり、ヴァン・ダイン、ディクスン・カー等の作品はすべて読んだ。所謂本格派の黄金時代の作品である。そんな中でアガサ・クリスティーの作品にだけは、謎かけと謎解きの勝負をともに戦った者同士、買っても負けても最後に互いの健闘を讃え合って握手して分かれるといった爽快感を読後あまり感じなかった。殊に『アクロイド殺害事件』がそうだった。その後、クリスティーを読むのをやめてしまったほどに。

    本格推理小説というのは、厳正なルールの上に成り立つ知的遊戯性を持つ。それゆえに、ヴァン・ダインの二十則が有名だが、たとえば、「謎を解くにあたって、読者は探偵と平等の機会を持たねばならない。すべての手がかりは、明白に記述されていなくてはならない」などのように作者と読者の間に暗黙の契約が成立している。読者が注意深く論理的に読むならば、犯人を捜し当てることができるように書かれているのが推理小説だったのだ。

    クリスティーは特異な作家である。本格派の推理作家であるくせに、ルール違反すれすれの境界侵犯をわざとしてみることに快感を抱くようなところがある。「アクロイド殺し」の場合が、その最も顕著な例にあたる。作家はここで、ヴァン・ダインの二十則にも触れない新手を開発したのだ。有名な作品なので許されると思うが、もし未読で、犯人を知りたくない人は、ここまでで止め、原作を読んでから戻ってもらいたい。

    アクロイド殺しの真犯人は、語り手である医師ということになっている。読者が話者に寄せる信頼という盲点をついた、この前代未聞の作品は賛否を二分した。私も正直言ってだまされた気がした。同じ思いをした人も多いのだろう。多くの人が、アクロイド殺しについて言及している。しかし、この本は、語り手=犯人という解決をアンフェアだと責めるそれまでの論調とはちがう。医師が犯人である妥当性を疑い、残された手がかりをもとに隠された真犯人をあらためて捜査するという画期的な作品である。

    名探偵エルキュール・ポワロを相手に一歩もひけを取らないどころか、分析療法の実践家でもある著者は、恣意的な証拠集めをもとにしたポワロの推理を「妄想」と断じる。もともと、フロイトのエディプス・コンプレックスについての理論が、「オイディプス王」という推理小説風の謎解きドラマを援用することで成立したように、精神分析と推理小説は縁が深い。妄想と理論は通底しているのだ。

    「受容理論」という文学理論がある。作品は読者に読まれることによってはじめて完成するという考えに立ち、読者のテクストへの参加を必須とする。バイヤールはどうやらこの考えに立つものらしい。推理小説はもともと読者の参画を期待して書かれている。ただ、読者の求めるのは唯一正しい解決の道筋であり、作者のミスディレクションもまた唯一の真理に読者がたどり着けなくさせるための努力である。真犯人は一人であり、その意味でテクストは閉じられている。

    バイヤールの功績は、その推理小説の閉じられたテクスト性に忠実に動くことで、逆にテクストの綻びを暴き、クリスティー作品に隠されている読者の自由な読みを許す「開かれたテクスト」性を発見していくところである。著者の挙げた真犯人はなるほどと思わせる人物であり、そこに至る論拠も充分に説得力を持つ。その意味でこの書は一つのメタ推理小説として読むことも可能である。

    バイヤールの方法を用いることで、このジャンルの保持していた「閉じられたテクスト」性は崩壊してしまうだろう。しかし、テクストと自由に戯れる知的遊戯に満ちた空間の現出は新しい文学的地平の登場を予感させもする。バイヤールにはクリスティーを論じた本書のほかに、プルーストやラクロ、モーパッサンを論じた作品があるという、邦訳が待た... 続きを読む

  • アクロイド殺人事件の真犯人を探す、ということが主旨のいわゆるメタミステリ。クリスティの他の作品のみならず、フロイトなどを引用し、小説上で「語られない」部分を浮き彫りにしていく。小難しい理論が多く出てくるが、予備知識なしでも読めるように分かりやすく書いてくれてるのも◯。ただ、アクロイド殺人事件そのものは読んでおいた方がいいのは、言うまでもない。

  •  最初からこういうのは何だけど、こういう本を出版して売れるのかなと思ってしまった。もちろん「アクロイド」といえば、アガサ・クリスティのあの名作である。この本、あの作品の「真犯人」を見つける、という趣向が全面に出ていて、まあ僕自身それに惹かれて読んだのだけど、果たして「それに惹かれて読んだ」という人が、この広い日本に何人いるのか、他人ごとながら不安になってしまったのである。
     真犯人探し、おもしろかった。同じクリスティ作品に関する「真犯人探し」には、「名探偵に乾杯」という日本の傑作があるが、それに匹敵するおもしろさであった。が、この本は実はミステリ評論ではなく、文芸評論であり、この「アクロイド殺人事件」というミステリの、ある特色に注目し、それを論じることによって文学の、特に「視点」について論じているものである。実は、その部分がおもしろい。とても知的好奇心を刺激する文章であった。

  • 『アクロイド殺人事件』を独自の視点から論じた著作。従来の文学批評における<文学>と<精神分析>の関係の逆転を目指したものだそうで、アクロイド〜を分析するというより、精神分析理論を展開するのにアクロイド〜を使ったというのに近いです。むしろ従来の文学批評を期待していたので、騙されたような心持ちで微妙。

全6件中 1 - 6件を表示

アクロイドを殺したのはだれかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アクロイドを殺したのはだれかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクロイドを殺したのはだれかを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする