ネットでショップを開設する
セキュリティ
強化

ネットを楽しむ
プロバイダー
電子書籍
ネットで買物する
ネットで投資する
ネットでゲームする
スマホで遊ぶ
パソコンで遊ぶ

すべてのGMOインターネットグループサービス一覧

金持ち父さん貧乏父さん

  • 8807人登録
  • 3.86評価
  • 1223レビュー
制作 : 白根 美保子 
  • ¥ 1,728 /
  • 筑摩書房 /
  • 2000年11月09日発売 /
  • 288ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784480863300
  • (1263)
  • (1121)
  • (1488)
  • (118)
  • (34)

金持ち父さん貧乏父さんの感想・レビュー・書評

  • 2014.4.15
    お金、投資に関する本は初めて読んだ
    投資をするには学ぶ必要がある
    浅く広く学ぶべきで、会計力、投資力、市場の理解力、法律力の4つがあれば大丈夫とのこと。167ページ。
    同じお金でも、負債と資産は違う。これを区別して、資産を増やせという内容。
    会社を作って節税せよともある。
    投資の本を何冊も読んで、また戻ってきたらいいと思う。
    278、280は大切266から実践

  • お金に関する勉強・知識がどれほど大切かを教えてくれる本。読んで早速FPの勉強始めました。

  • お金についての考え方、見方が変わった。金持ちは、『お金のために働く』のではなく、『お金を働かせる』。

  • 早くこの本に出会いたかった。
    人生観が変わりそうな予感がする良本です。

  • 金持ち父さん貧乏父さん/ ロバート・キヨサキ / 2010.7.22(20/45)  この本を知ったきっかけ:金儲けの本と敬遠していたが、社内研修で薦められた。  お金の奴隷になるな。お金に対する恐怖と欲望という感情におぼれずにコントロールする。  お金の流れを理解する:資産はポケットにお金を入れてくれる、負債はお金をとっていく。  ファイナンシャル・リテラシー:金銭・財務関係の数... 続きを読む

  • 持ち家は負債である。など

    今までの考え方を改めるには良い本。

    ただ、このての本にありがちな昔話や自慢話や例え話が多くて無駄にページ数がかさむ症状がよく出ている。

  • 友人に借りた本。

    生き方を考える上で、参考にはなったけど、おもしろくはなかったかな。
    金持ちになりたい、もしくはやりたいことをやるにはお金がかかるならラットレースから抜けなければいけない。
    ラットレースから抜けるには、お金持ちになるにはという本。
    リスクを取らず、安全で平凡な生活をしたいという人もいるだろうから、全ての人に当てはまるわけではないと思う。
    自分がどう生きたいかを考えなおす機会になった。
    考えた上で、その後の選択肢が増えたと思う。

    おもしろくなかった理由は、何度も何度も同じことが書かれてるからかな。

  • サラリーマンとしての働き方について、考えさせられる内容。

  • まさに、教科書!

  • 価値観が変わりました。
    資産はポケットにお金を入れてくれる。負債はポケットからお金を抜いていく。
    金持ちは資産を買う、貧乏は負債を資産と思って買う。
    お金について考えるようになりました。

  • 「彼らがお金について学ぶことと言えば、彼らの無知を利用して金儲けをする金持ち連中が耳に吹き込むことだけだ」  昔に一度読んだことがあったけど、最近ネットワークビジネスに勧誘されるときに「読んでみて!!」と言われたので再読しました。ネットワークビジネスマンの必読書になってるみたいですね。  そういう気持ちで読んでみると、ネットワークビジネスへ勧誘するために書かれているの?と思うほどにドンピシ... 続きを読む

  •  一時期、ものすごく評判になっていたビジネス書。  それを今更ながら、ようやく読みました。  最初のほうのページを読んで「自分には父親が二人居る」って書いてあったときには、この人はなんて複雑な家庭... 続きを読む

  • 当時なら流行ったんだろうなという感想。
    今は似たような本が出回っているから、必ずしもこれがすべてではもはやないと思った。

  • 知らないことを知る為に本を読む。
    知らないことは怖いことだ。
    知ることは新しい世界を開く。

  • とりあえずこの本を読むところから自分の読書生活が始まったという一冊。 きっかけは人に勧められてだった。 今までサラリーマン生活をしてきた自分にとって確かにこの本の内容は衝撃的だった。 ただ全ての... 続きを読む

  • この本、金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。
    *図書館の所属状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50101110&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 有名なお金に関する哲学の本。 主題はいかに働かずお金を手に入れた生活を手に入れるか。 というものですのですべてにイエスとは言えないけれど、(みんなが働くことをやめたら世界は崩壊しますから) 本書に書かれていた哲学はお金に関すること以外にも重要で、人生の選択、決断の糧になるかと思いました。 お金に関しても、「働く」ということは1つの手段にすぎないし、また自分の「資産」を見直してみようかと思いました。... 続きを読む

  • ●頭の中の考えがその人の人生を作る。-貧乏な父親が貧乏なのは、稼ぐお金の量が少ないからではなく、考え方や行動の仕方が原因なのだということに思い当たった。金持ち父さんは、お金がどのように動くかを理解し、お金のために働くのではなくお金を自分のために働かせるにはどうしたらよいかを学ぶことを推奨した。

  • 知ってる人は知ってる。知らない人は全く考えた事がない。お金の本質についての一冊。全く考えた事無かった側なので、面白く感じた。後はどう実行レベルに落とし込むか。

  • 情報がぎっしりでした。面白かったですが読むのに1日かかりました。
    金持ち父さんの話だけでなく、貧乏父さんの話も比較しながら書いてあるのでとても分かりやすかったです。
    金持ちになるための勉強は学校で習う勉強とは本当に違うのに、それを学校で習わないのはオカシイですね?
    普段使う言葉や考え方を意識して変えていこうと思います。
    そして、感情を飼いならす訓練をしたり、もっと頭を使おうと思いました。

  • まさに有産無産の差

  • 今の仕事が嫌だけど行く先もないのですぐに辞められずとりあえず働いている。
    辞めた後のために学ぶことだけが今の務め。
    でも不安は拭いきれなくて、今勉強していることに意味があるのか、ぬるま湯の職場に馴染んでしまっているのではないか、行動できずに頭でっかちなだけじゃないか、とか色々。

    でもとりあえず"知性を大切に"。恩師の言葉を守り前を向いていようと思う。
    歩み出すタイミングを見計らうのだ。

    今知りたいこと、知るべきこと。
    投資、法人税法、消費税法、キャッシュフロー。

  • ファイナンシャルインテリジェンスを高める

  • ファイナンシャルインテリジェンスを高めるというのは大切だと思った。お金のことを私は何にも知らない。

  • たったひとつのこと

    この本の本質はたったひとつだと思う。

    資産を増やせ。

    洋服、車、家は資産ではない。
    株、土地、不動産、金融商品……
    お金を生む可能性があるものが資産だ。
    自分の貸借対照表の資産を増やせ。
    それだけだ。

    ただし、どう増やすかについては
    それぞれが自己責任で考えるべきだ。
    そこの良しあしでこの本を評価はできない。

    それは自分の問題だから。

    たったひとつのことが書いてある本。
    それはシンプルだから強さを感じる。

全1223件中 1 - 25件を表示

金持ち父さん貧乏父さんに関連するまとめ

ロバート・キヨサキの作品一覧

ロバート・キヨサキの作品ランキング・新刊情報»

  • ブクログ プレミアム
  • 新規登録・ブクログについて

教養としてのプログラミング講座 (中公新書ラクレ)

清水亮

プログラマもそうじゃない人も

普段使っているウェブサービスやスマートフォンのアプリを動かしているプログラムに興味を持ったことはありますか?
プログラムを「自分以外のものを、思い通りに動かす方法」と定義する本書は、プログラミングを子育てに例えるなどユニークな視点から「プログラマの考え方」を解説しています。プログラマもそうじゃない人にもおすすめの一冊。