金持ち父さん貧乏父さん

  • 9205人登録
  • 3.86評価
  • 1262レビュー
制作 : 白根 美保子 
  • ¥ 1,728 /
  • 筑摩書房 /
  • 2000年11月09日発売 /
  • 288ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784480863300
  • (1297)
  • (1159)
  • (1509)
  • (123)
  • (34)

金持ち父さん貧乏父さんの感想・レビュー・書評

  • お金のためでなく、学ぶために働く意識が大切。お金は将来のための学習に使う。将来への投資をしなければ、常に支払いに追われる人生になる。広く浅く学ぶことは大切だが、時機を見て自らバランスを崩し何かに集中することが必要。

  • 会社員では、所詮時間売りの仕事。ビシネスオーナーになるために、現状に満足せず、また現状の枠組みに囚われないように、日々の行動を考えることの重要性を実感した。

  • いろいろ勉強になった。
    たしかに、日本ではお金の勉強という発想がないな。
    学んだことがたくさん過ぎてまとめられない…
    また読み直したい。

  • どうやったらそれを買うための明日お金を作り出せるか⁉︎ 6つの教え 1.お金のためには働かない→自分のためにお金を働かせる 2.お金の流れの読み方を学ぶ 3.自分のビジネスを持つ 4.会社を作って節税する 5.お金を作り出す 6.お金のためではなく学ぶために働く 1.諦めない、自分自身は変えられる 自分に正直になる 恐怖と欲望が人間の考え方を左右している→他に道はないだろうか⁉︎ 2.資産を手... 続きを読む

  • 2014、10、28
    キッシュフロー(お金の流れ)
    ラットレース
    お金のために働くのでなく、自分のためにお金を働かせる
    その限りでなく、お金を継続して手に入れ続けること
    資産と負債の違い。資産はポケットにお金を入れてくれるもの、負債は取ってくもの
    どうやってお金を稼ぐか、ではなく、お金を稼いだ後どうするか
    持ち家は資産でもなく投資でもなく、負債
    職業≒ビジネス
    ビジネスは、収入ではなく、資産から作り出す
    支出を低く押さえ、負債を減らし、確実な資産の基盤を築く
    今の仕事を続けながら、その一方で自分のヒジネスを持つこと
    まず、収入から資産を作り、資産から生み出される収入で、贅沢品を買う

  • なんとなく伝えたいことは分かるのですが、読んでいて退屈に感じてしまいました。

  • 自信を持つこと、お金の流れに敏感になること、セールスの大切さを再認識した。新たな目標を設定するきっかけになりました。

  • お金を自分の為に働かせる 1金持ちはお金の為に働かない 2お金の流れの読み方を学ぶ 金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む。 3自分のビジネスを持つ 4会社を作って節税する 5金持ちはお金を作り出す 6お金のためではなく学ぶために働く 五つの障害 恐怖心 臆病風 怠け心 悪い習慣 自分への支払いを後回しにする。 先に自分にしてプレッシャーにする。 傲慢さ... 続きを読む

  • 期待して読んだんだけど、読んでる途中マルチ商法御用達の書籍と目にして、笑ってしまいました。(笑)
    内容はとても勉強になると思います。お金の勉強ってとても大切だと私も思うので……これをいい方向に活かしたいなあと思いました。

  • お金絡みの書籍で有名な本書。 タイトルからでは中身が見えてこないので読んでみました。 この本はお金をためるための世の中の標準的な定石では お金はたまらないよ、考え方を改めなよ、という本でした。 ・お金のために働かない ・お金は会社員として稼ぐより、会社を経営する方がたまる ・コツコツためて、日々の税金を払うのではなく、 株や不動産などの投資を有識者のコメントを... 続きを読む

  • 私には出来ないなあと思いました。投資などで失敗するのはやはり恐いです。

  • お金持ちと貧乏(この本「貧乏」って言葉をタイトルに使っているけど、出て来る貧乏父さんはそんな貧乏でも無いと思う)の考え方の違いが書かれています。
    私の考えはどう見ても「貧乏」側。だからリッチになれないのか〜(笑)。

  • 20代後半。
    思い返すと大学、高校、中学とお金について詳しく学んだことはなかった。やりたい職業を自分で選んだ身で、やりたい仕事をしているという事もあり、お金に関しては半分諦めている部分もあったからだろう。ただこれから結婚・育児を考えると逃げずに向き合わないと行けないテーマである。
    お金を自分のために働かせるという感覚は新鮮であり、お金に対する考え方を学ぶ上でとても良い入門書になった。
    具体例が多く、分かり易く書いてあるので、子供が出来たら勧めたい一冊!!

  • この本は、「優雅な金持ちになるためには、ファイナンシャルリテラシーを身に着けないといけないんだ!」ということを教えてくれます。本のタイトルの金持ち父さんとは、億万長者の事を意味するのではなく、「自分のためにお金に働かせている人」を意味します。逆に貧乏父さんとは、「お金のために働いている人」を指します。そして、貧乏父さんになる人は、恐怖(お金がない事が怖い)と欲望(もっといい生活がしたい)に支配され... 続きを読む

  • 投資の重要性と方向性を教えてくれた。
    ・基準価格より安くなった株を,
    ・長期保有を前提として,
    ・大量に購入する
    事が株を売買する上で重要な心掛け。

    その為には財務諸表を読む力と,株を買いたい会社が安全な経営基盤を持っているかどうかを見極められる力が必要。

  • 意識高い系の本、ということでこういう本は敬遠していましたが、読んでみると楽しく読めました。

    お金に関する部分に関しては共感できないところもあったけれど、夢を持つこと、それに時間を費やすこと、人生を見つめ直すことを改めて考えられたし、前向きになれるいい本だなと思いました。

  • 「資産=お金を自動的に生むもの」とか「お金に働いてもらう」とか、お金を稼ぐ発想が「お金を稼ぐ=働く」という一般概念と根本から違うのが面白い。後半はセミナー・投資等への積極性を推奨する内容なので、読んだ直後は少し冷静に。

  • うちの父はまさに貧乏父さんタイプで、そのように教育を受けてきたものだから、金持ち父さんの考え方は目からウロコだった。 学校教育は、優秀な"使われる人"を育てる教育である。 使う側の人間になるためには、学校の勉強を一生懸命やっていてもダメ。ファイナンシャル・インテリジェンスを高める事が大事なのだ。 (そもそも、教師は金儲けに興味のない人が多い。) 金持ちになるには... 続きを読む

  • 今となっては関連本が出てき過ぎて胡散臭くなってしまいましたが、本書は紛れもなく良書です。
    経済的に豊かになるためにはどうすれば良いのか、どういう考え方が必要になるのか、この答えが物語風に描かれています。物語風なので少々冗長な印象を感じますが、”豊かになるための方程式”を誰でも簡単に理解できるという意味では超一級品です。この本を読めば人生を考え直すきっかけが与えられると思います。

  • パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。

  • 勧められて読んだ一冊。半分を超えた辺りからが楽しいと思えた。ファイナンシャルリテラシーの重要性は確かに学校では学べないもの。自分の働き方などを考えさせられる一冊。

  • なんか全然おもしろくなかったw
    自由になりたくば不動産なりなんなり利回りのいい資産に投資しろ。
    先に使いたいことにお金使っちゃえば危機感感じてなんとかお金作れるっしょ。
    俺、どや。
    成功したいんだろぅ〜?
    という内容。なんでこんな売れたんや。ロバートキヨサキめ、やりおる。

  • 『金への執着は悪の根源だ』なんて馬鹿げてる、『金がないことこそが悪の根源』なんだって人にオススメ

    btw著者がチャンスが残されてる良い市場に飛び込めと言っているが、著者が生きた時代そもそもがいまよりチャンスが多い時代。よーは、金儲けはそいつの努力じゃなくて環境が良かったという側面も強い。チャンスをつかめるかつかめないかは別にして…

全1262件中 1 - 25件を表示

金持ち父さん貧乏父さんに関連するまとめ

ロバート・キヨサキの作品一覧

ロバート・キヨサキの作品ランキング・新刊情報»

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

スティーブズ 1 (ビッグコミックス)

うめ/松永肇一

若き2人のスティーブたちの革命前夜

ご存じAppleのスティーブ・ジョブズと、エンジニアのスティーブ・ウォズニアック。この2人のスティーブがApple Computerを立ち上げ世の中を変えていく、そんな群像劇です。
ジョブズが亡くなった直後に、ウォルター・アイザックソンによる伝記が出ましたが、この「スティーブズ」はそれとは違いエンタメ的な手法でジョブズがまわりを巻きこんでいく姿が描かれています。
昔のコンピューター業界の人物たちが登場しますが、人物やその当時の状況解説も丁寧にあるためAppleのことをちょっと知っているという方でも楽しめる作品です。
またこの作品、原作者の松永さん、そして漫画担当のうめさん両方とも、かなりジョブズやその周辺の下調べを丹念に行っているため実際の出来事に忠実に描かれているため、
その当時を知るための本としての役割も持っていると思われます。
ともかく、とても熱い漫画なので起業家物語的な本が好きな人には絶対オススメの1冊です。