金持ち父さん貧乏父さん

  • 9463人登録
  • 3.87評価
    • (1321)
    • (1184)
    • (1524)
    • (123)
    • (34)
  • 1285レビュー
制作 : 白根 美保子 
  • ¥ 1,728
  • 筑摩書房 (2000年11月09日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480863300

金持ち父さん貧乏父さんの感想・レビュー・書評

  • 貧しさの連鎖についてなんとなく気になって、
    私が小学校高学年くらいの頃に話題だったことを思い出して読んでみた。貧しさの連鎖の原因はまさにこれだ…と思った
    あくせく働いてなお貧しい家庭に育つと学校ではまず教わらないお金について、何も知ることができない
    私もなんかやってみたいなー。まず勉強しないといけないけど。

  • 資産と負債の違いを理解すること。
    「資産はポケットにお金を入れてくれる。負債はポケットからお金をとっていく。」
    持ち家が資産だという信仰を揺るがす。

    子どもに対しても、大人になった自分達に対しても考え方を改めることができる分かりやすい一例。
    子どもがおもちゃを買って欲しいと言ってきた時「それを買うお金はない」と言う代わりに「どうやったらそれを買えるようになるか?」と子どもに自問させる。「それを買うお金はない」と言う言葉が脳の動きを止めてしまう。
    一方、「どうやったら~?」と言う問いは脳を働かせる。答えを探すために脳は考えざるを得なくなる。

  • この本を読むべき対象者→収入に不満がある人、サラリーマン、漠然とした不安のある人、起業を考えてる人、不動産投資家、ブローカー、株初心者、受験生、教育者、子どもを持つ親…etc

    素晴らしい内容の本だけに、実行が伴わないと、やっぱり金持ちは金持ちなんだと思考停止してしまいそう。

    給料少ないな、その割に物価上昇したな、と文句ばかり考えてた。
    確かにサラリーマンだとそれは避けられない。
    しかし、誰かに依存せずに自分でお金を創り出す方法をマスターしていれば、他人や仕事に文句言わずに済む。

    「資産」か「負債」かを見分ける。
    収入・支出と資産・負債の関係図でシンプルに捉えると◯

    ファイナンシャルリテラシーを身につけるには
    ⒈会計力
    ⒉投資力
    ⒊市場を読む力
    ⒋法律力
    が必須。右脳と左脳を鍛える、創造力をつける。
    ⒊の市場を読む力は直感力がモノを言うので、子どもの方が強い場合も。妖怪ウォッチとか良い例だな。
    セールスとかマーケティングのスキルも実は重要。

    始終「何がしたいか」で選択する重要性について書かれている。
    「何になりたいか」で仕事を選ぶのではなく
    「何を学べるか?」がポイント。知識は「広く浅く」学ぶ方が適応力がつく。

    金持ち父さんのやり方は、まず資産を確保して、不動産×少額株を繰り返す。貧乏父さんは負債(持ち家とか)を抱えて支出に追われる。

    「恐怖」のせいで損をすることを恐れ、ラットレースに飲み込まれてしまう。

    会社を持てば人を使う立場に立てる。節税効果があるし、自分ができない部分は優秀な人材の雇用によって賄える(弁護士とか会計士とか)。
    会社に勤めてつかわれている限り、収入が上がれば税金も上がる繰り返し。

  • お金に関する視点を広げるには非常に参考になる本。子どもができたら読ませたいと思わせる一冊。

  • お金についての最低限の知識や考え方をつけるにはいい本だと感じる。
    投資についてのことが中盤に書いてあるが、投資に少し抵抗がある人はうーんとなるかもしれない。しかし人生の生き方においてお金と自分がどのように関わればいいかが理解できる。
    再読して、理解を深めていきたい。

  • 大学の推薦図書という理由でこの本を選んだが、
    読み終わってみて、読んでよかったと思った。今まで、勉強したこともないお金のことについて書いてあるが、とても勉強になったし図が書いてあって分かりやすかった。お金のことを学ぶことの大切さを感じたので、賢く生きるためにこれから大学でしっかり勉強しようと強く思った。

  •  世の中には、いい教育を受け、いい成績を取り、安定した大企業に就職し、がむしゃらに働くことが良しと考えている人が大多数。政府や請求書の支払いのためだけに一生がむしゃらに働き続ける”ラットレース”から抜け出そう!という話の入りから、ファイナンシャルインテリジェンスを高めることが、人生でよくぶつかるいろいろな問題を解決するために確かに役立つかをわかってもらうために書かれた本。
     同じ量働いているにも関わらず、支払いばかりであまりお金が残らない貧乏父さん、一方多大な寄付金を贈る事が出来る程にお金のある金持ち父さんを随時比較しながら話が進む。金持ちになるための六つの教えを詳細に説明し、スタートを切るための具体的な行動が書かれている。
     本書を読んで、お金に対する考え方が変わった。また”投資”というものを身近に感じることが出来たどころか、興味を持って、取り組んでみたいと思わせられる程の力があった。また、四月から始まる仕事を通して「営業力、忍耐力、ファイナンシャルリテラシー(後、関係ないが、共感性)」を特に学ぼうと決心した。働く意味を少し見出せた気がする。また、お金をより多く得る目的を強く、明確に持つ事が今一番大切であるとも感じた。

  • トマピケティの原型かな?

  • 凄いことが書いてあることはわかる!
    もっと、この本の内容がわかるようになりたい。

  • 金持ちになる方法としての考えかたを、今の自分の立場からでは見えない大きな視点で金持ち父さんがその哲学教えてくれる。
    読み応えのあるページ数だが、ストーリー性もあり読みやすい。
    またビジネスの一つとして不動産投資を例に上げている。

    ・学校に行って良い成績をとって安定した職業につくことが正解ではない。
    ・お金がなくなる不安や恐怖のために働いてお金を稼ぐラットレースから抜けだすこと
    ・資産を手にいれること。マイホームなど負債を手に入れて資産だと思い込むな。
    ・自分のビジネスを持つ。マクドナルドは本来不動産業
    会社を創って法律も勉強できれば節税ができる
    ・度胸を持って、多少のリスクを持ってでもいろいろなことに挑戦し、選択肢をふやす
    ・会計力・投資力・市場の理解・法律力を学びファイナンシャルインテリジェンスを高める
    ・他の人が見過ごすチャンスを見つける
    ・何よりも知っているといいう知識が最大の財産
    ・広く浅く学ぶ
    ・教えることで得る
    ・お金のためではなく、自分のために学ぶために働く

  • 世の中のお金の動きや、“お金持ち”のお金の使い方が良く分かる本。
    と、同時に自分のお金の使い方についても見直せる。

  • 資本主義の豚の話。仕事の目的はお金を稼ぐことだけではない。

  • 金持ちになる!と決心させてくれた本。
    人生を変えた一冊になるかもしれない。

  • この本は僕の人生を変えてくれた本です。
    ぜひ全員に読んでもらいたいです。

    生きる上でお金の大切さを学べます。
    僕の人生のバイブルとなっている本です。

    当時お金を稼ぐことしか興味のなかった自分が、
    お金の勉強をしないとお金持ちにはなれないと感じました。

    それ以来、この本での考え方を元に、
    今でもこの本を読み返します。
    このシリーズの「キャッシュフロークワドラント」
    も超おすすめです。

  • 02.01.2015-02.08.2015読了


    札幌中央図書館 書庫2 159キ

  • お金に関する知識、ファイナンシャル・インテリジェンスが重要ということがよく分かった。
    これまで、リスクを取るのは避けていたが、今の歳ならまだ全然リスクとっても大丈夫な気がしてきた。もちろん無謀に投資するんじゃなくて、ちゃんと考えれば。

  • お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせるというラットレースから抜け出すための「お金の哲学」が書かれている。
    ファイナンシャルインテリジェンスである会計力・投資力・市場の理解力・法律力の専門分野の知識を増やしていかないと今後不安を感じた。

  • 働いて生活費、その他諸々を差し引いてそれを貯金に充てる。
    という考えが覆された本。
    お金に対して、という点だけではなく働き方、人生観なども考えさせられる。

  • 投資のお話かと思ってたら、まぁそうだった。
    お金持ちになるには、という題材なのだけどそれ以外のところにも教訓になるお話だった。
    何より感じたのは、やっぱり「好きなことをする」が成功への近道なのだなという事。
    ロバートさんは不動産や株投資が大好きだから出来るのだよ。

  • お金はあるに越したことはないが、別に金持ちになりたいわけでもないし、お金をもとにしたゲームをしたいとも思わない。ただ、確かに、資産は増やしたいので投資を始めようと思いました。

    ネタバレ 引用

    89柔軟性を持って新しいものを喜んで受け入れ学び続けるならば、人は変化を乗り越えるたびにどんどん裕福になっていく

    119資産からのキャッシュフローが支出よりも多くなった時点で給料に依存することがなくなった

    129資産とは
    その場にいなくても収入を生み出すビジネス、株、債券、投資信託、不動産、手形借用証書、著作権特許。小さな会社は一年以内に売る

    151頭がいい人よりも度胸のある人の方が成功への道を先へ進んでいく。リスクを負うこと、大胆になること、恐怖を力と知恵に変えること。これによって選択肢が増える。

    174賢くなればなるほど、リスクを跳ね飛ばして勝利を手にするチャンスは増える

    191いま毎日やっていることの行きつく先はどこですか?

    217臆病な人間は批判をし、勝利を収める人間は分析をする

    225何か今よりよいことを求める気持ちがなければ、決して進歩もない

    実践1.強い目的意識 234
    やりたくないことからやりたいことが生まれる。心に浮かぶ理由がしっかりしたものでなければ現実に横たわる障害が勝つ

    2.選択する力 237
    私たちが持ってる本当の唯一の資産は頭脳。自分の頭脳に投資。セミナーは最低2日

    3.友達は慎重に選ぶ 241
    富を築くのに妨げるハードルの内、超えるのが最も難しいのは自分自身に正直になり、人と違ったことをするのをためらわないことだろう。波が行ってしまったというのに焦って乗ろうとすると大抵は波に足をすくわれる。

    4.新しいやり方をどんどん取り入れる 243
    何を学ぶかは慎重に決めなさい。頭脳はとても大きな力を持っていて、その中に詰め込んだものによって、あなたがどうなるか決まる。

  • (2006/4/30)

    数年前にはやったこの本を,ジュンク堂で発見して,買って読んでみた.

    「お金」というものは,どうも悪い印象が持たれ敬遠されがちになるが,人の幸せや権力関係,発言力などに深く関わっているのは否めない.
    タブー的だからこそ真面目に考える必要があるんだ.

    この本はが言ってることは簡単にいえば,

    お金に真面目になろう.

    という事だと思う.我々,お金の動きに無知すぎる中で,税金を払い,クレジットカードを何枚も持ち,住宅ローンを組み,馬鹿高い公的な社会保険料を払い,生命保険に加入している.その結果の若年層の貯金ゼロ世帯の多いこと多いこと.

    我が家だって自力では,ほとんど貯金ゼロ世帯だ.

    若者が悪いわけではない.日本人が全体的にお金についての読み書きソロバン(本書曰く,ファイナンシャル・リテラシー)が出来ないだけだ.

    過激なタイトルの割に,中は・・・まあ,そこそこ過激なんですが,言っていることは非常に筋が通っている.思いつきで話しているのではなく,経験と直感に基づいてかかれている.自伝・物語調になっている点も非常に読みやすく,いい啓蒙書だと思う.私もガンバリマス.

  • お金のためでなく、学ぶために働く意識が大切。お金は将来のための学習に使う。将来への投資をしなければ、常に支払いに追われる人生になる。広く浅く学ぶことは大切だが、時機を見て自らバランスを崩し何かに集中することが必要。

  • 会社員では、所詮時間売りの仕事。ビシネスオーナーになるために、現状に満足せず、また現状の枠組みに囚われないように、日々の行動を考えることの重要性を実感した。

  • いろいろ勉強になった。
    たしかに、日本ではお金の勉強という発想がないな。
    学んだことがたくさん過ぎてまとめられない…
    また読み直したい。

全1285件中 1 - 25件を表示

金持ち父さん貧乏父さんに関連するまとめ

ロバート・キヨサキの作品一覧

ロバート・キヨサキの作品ランキング・新刊情報»

金持ち父さん貧乏父さんを本棚に登録しているひと

金持ち父さん貧乏父さんを本棚に「読みたい」で登録しているひと

金持ち父さん貧乏父さんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金持ち父さん貧乏父さんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金持ち父さん貧乏父さんを本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇

大澤 聡

最新コンテンツビジネスへの戦前期からのヒント

「批評」という言葉が、ニッポンにおいていかに特権的に取り扱われてきたか、戦後論壇文壇を知る人はよく御存知だと思います。膨大な資料の深海へ潜行しながら、戦前期における「批評」生成現場を、所謂「大物」だけではなく「小物群像」までも、丹念に読み解いて当時のアリーナを再現させる手続きは誠に刺激的です。
著者の「批評」を「再起動」させたい欲望は、かえってその意図を裏切って、その「カッコつき『批評』」という煩悩を成仏させるための念仏集にも読めます。
またこちらは「批評」視点ではなく、「メディア論」ならびに「コンテンツ論」として、Web業界ならびにコンテンツビジネス方面の方々にも是非読んでいただきたいものです。裸のコンテンツに対して「権威」を発動させてきた戦前期論壇モデルは、今へのヒントが詰まっています。おススメです。

本の詳細&レビューを読む»