金持ち父さん貧乏父さん

  • 9079人登録
  • 3.86評価
  • 1253レビュー
制作 : 白根 美保子 
  • ¥ 1,728 /
  • 筑摩書房 /
  • 2000年11月09日発売 /
  • 288ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784480863300
  • (1286)
  • (1151)
  • (1503)
  • (121)
  • (34)

金持ち父さん貧乏父さんの感想・レビュー・書評

  • お金絡みの書籍で有名な本書。 タイトルからでは中身が見えてこないので読んでみました。 この本はお金をためるための世の中の標準的な定石では お金はたまらないよ、考え方を改めなよ、という本でした。 ・お金のために働かない ・お金は会社員として稼ぐより、会社を経営する方がたまる ・コツコツためて、日々の税金を払うのではなく、 株や不動産などの投資を有識者のコメントを... 続きを読む

  • 私には出来ないなあと思いました。投資などで失敗するのはやはり恐いです。

  • お金持ちと貧乏(この本「貧乏」って言葉をタイトルに使っているけど、出て来る貧乏父さんはそんな貧乏でも無いと思う)の考え方の違いが書かれています。
    私の考えはどう見ても「貧乏」側。だからリッチになれないのか〜(笑)。

  • 20代後半。
    思い返すと大学、高校、中学とお金について詳しく学んだことはなかった。やりたい職業を自分で選んだ身で、やりたい仕事をしているという事もあり、お金に関しては半分諦めている部分もあったからだろう。ただこれから結婚・育児を考えると逃げずに向き合わないと行けないテーマである。
    お金を自分のために働かせるという感覚は新鮮であり、お金に対する考え方を学ぶ上でとても良い入門書になった。
    具体例が多く、分かり易く書いてあるので、子供が出来たら勧めたい一冊!!

  • この本は、「優雅な金持ちになるためには、ファイナンシャルリテラシーを身に着けないといけないんだ!」ということを教えてくれます。本のタイトルの金持ち父さんとは、億万長者の事を意味するのではなく、「自分のためにお金に働かせている人」を意味します。逆に貧乏父さんとは、「お金のために働いている人」を指します。そして、貧乏父さんになる人は、恐怖(お金がない事が怖い)と欲望(もっといい生活がしたい)に支配され... 続きを読む

  • 投資の重要性と方向性を教えてくれた。
    ・基準価格より安くなった株を,
    ・長期保有を前提として,
    ・大量に購入する
    事が株を売買する上で重要な心掛け。

    その為には財務諸表を読む力と,株を買いたい会社が安全な経営基盤を持っているかどうかを見極められる力が必要。

  • 意識高い系の本、ということでこういう本は敬遠していましたが、読んでみると楽しく読めました。

    お金に関する部分に関しては共感できないところもあったけれど、夢を持つこと、それに時間を費やすこと、人生を見つめ直すことを改めて考えられたし、前向きになれるいい本だなと思いました。

  • もっと早く読んでおけばよかったかも。お金に関する考え方が少し変わったかも。これから俺も行動しようかな、って思いました。

  • 「資産=お金を自動的に生むもの」とか「お金に働いてもらう」とか、お金を稼ぐ発想が「お金を稼ぐ=働く」という一般概念と根本から違うのが面白い。後半はセミナー・投資等への積極性を推奨する内容なので、読んだ直後は少し冷静に。

  • うちの父はまさに貧乏父さんタイプで、そのように教育を受けてきたものだから、金持ち父さんの考え方は目からウロコだった。 学校教育は、優秀な"使われる人"を育てる教育である。 使う側の人間になるためには、学校の勉強を一生懸命やっていてもダメ。ファイナンシャル・インテリジェンスを高める事が大事なのだ。 (そもそも、教師は金儲けに興味のない人が多い。) 金持ちになるには... 続きを読む

  • 今となっては関連本が出てき過ぎて胡散臭くなってしまいましたが、本書は紛れもなく良書です。
    経済的に豊かになるためにはどうすれば良いのか、どういう考え方が必要になるのか、この答えが物語風に描かれています。物語風なので少々冗長な印象を感じますが、”豊かになるための方程式”を誰でも簡単に理解できるという意味では超一級品です。この本を読めば人生を考え直すきっかけが与えられると思います。

  • パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。

  • 勧められて読んだ一冊。半分を超えた辺りからが楽しいと思えた。ファイナンシャルリテラシーの重要性は確かに学校では学べないもの。自分の働き方などを考えさせられる一冊。

  • なんか全然おもしろくなかったw
    自由になりたくば不動産なりなんなり利回りのいい資産に投資しろ。
    先に使いたいことにお金使っちゃえば危機感感じてなんとかお金作れるっしょ。
    俺、どや。
    成功したいんだろぅ〜?
    という内容。なんでこんな売れたんや。ロバートキヨサキめ、やりおる。

  • かなり年をとったが、今からでもできる事がありそうだと勇気付けてくれる一冊。カーネル・サンダースに負けるな。

  • 『金への執着は悪の根源だ』なんて馬鹿げてる、『金がないことこそが悪の根源』なんだって人にオススメ

    btw著者がチャンスが残されてる良い市場に飛び込めと言っているが、著者が生きた時代そもそもがいまよりチャンスが多い時代。よーは、金儲けはそいつの努力じゃなくて環境が良かったという側面も強い。チャンスをつかめるかつかめないかは別にして…

  • いやーむつかしい本で、読むのに時間がかかりました。出てくる用語も半分くらいはわからないまでも、金持ちの思考というのは真似できるんじゃないかなと。お金について興味を持つことができるようになるし、金持ちに必要な知識は何かという情報も得ることができて内容たっぷりの一冊。

  • 沢山勉強していい大学に入れば人生が楽になるなんてもう昔の話で、私たちには新しい答えが必要になっている。お金の知識を持たずに社会に出れば、どんなに沢山の給料をもらっても決して豊かにはなれない、なぜなら人の欲望は無限大で収入の増加に合わせて支出は増大していくからだ。人は増大した支出のためにさらに仕事を増やす、そしてまた支出が増える。こうしてお金のために働かされ、支払いのために仕事をやめられない状況に陥... 続きを読む

  • 失敗無しに成功はない、その通りです

  • なかなか教えてもらえないことこんな簡単に教えてくれるなんて!!

  • •金持ちは資産を手に入れる。 中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む。 •資産は私のポケットにお金を入れてくれる。 負債は私のポケットからお金を取っていく •金持ちは資産を買う。貧... 続きを読む

  • 金に関する本。今更ながら、労働によってサラリーを稼ぐのではなく、何もしなくても金を稼げるようにする方がいいという思考は斬新であった。我が国では、表面上は受けが良くないだろうなとも感じた。

  • 人生観が変わった本です!
    出会えて良かったですゝ

全1253件中 1 - 25件を表示

金持ち父さん貧乏父さんに関連するまとめ

ロバート・キヨサキの作品一覧

ロバート・キヨサキの作品ランキング・新刊情報»

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

逆転力 ~ピンチを待て~

指原莉乃(HKT48)

AKBというだけで敬遠しないほうがいい1冊

元AKB48、現在は博多を拠点にするHKT48のメンバーでありながら劇場支配人もつとめる21歳のアイドル指原莉乃がAKB加入前に2ちゃんねるに入りびたっていた話や、加入しても人気が出ない日々、そしてあの恋愛スキャンダルを隠すことなく自分の言葉で語っています。そしてこの本を通じて、指原莉乃が普通の女の子であり、そして常に周りの目を気にしながらも臆せずフラットに物事を見て動ける能力の高さが垣間見えます。
決して1番前に立てないタイプながらも周りを盛り上げようとする姿勢に、多くの人はたぶんこの本を読んで共感できると思います。
アイドルの企画本としてではなく、普通の女の子がアイドルグループに入ってしまいそして過ちを犯してもなお腐らず折れずにがんばりその足跡を自身振り返った記録の本として、いま自分の立ち位置に悩んでる人に手にとって欲しい。そう思います。