20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 10634人登録
  • 3.92評価
    • (927)
    • (1177)
    • (728)
    • (167)
    • (31)
  • 1106レビュー
制作 : Tina Seelig  高遠 裕子 
  • CCCメディアハウス (2010年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484101019

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
リチャード・ワイ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
ジェームス W....
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義の感想・レビュー・書評

  • 自分で自分の天井を決めない。光輝くチャンスを逃がすな。
    役割を引き受けること。
    自分に言い訳をしないと決めること。
    身近な人に親切にすること(世間は狭い。評判は大事)
    ちょっと自分には難しいと思っても、チャンスに対応できるように自分のスキルを組み替える努力を惜しまない。
    40代でも十分はっとする内容。これからの子育てにも役立ちそう。

  • なりたい自分になること、自分になるためには、どうすれば良いのだろう?人生で様々な経験をしながら成長して変わっていくことはできる。しかし若い時に、20歳のときに知っていれば遠回りせずに、さらに高く目標を達成することが出来るだろう。
    そんな若者に勇気を与える本である。50歳になってから読むよりは若いうちに読んだほうが身になるだろう。
    常識やルールなどは見方次第、考え方をちょっと変えてみれば、おもわぬ発想がある。
    他人の助言は、良いと思って言っているようだが、役に立たない。
    幸運、チャンスは自分でつかむもの、他人から与えられるものではなく、待っていてあられるものでもない。

    212
    自分に対してはまじめすぎず、他人に対しては厳しすぎない

  • NHKで放送されていた人気番組「スタンフォード白熱教室」でおなじみのティナ・シーリグ女史の著作です。シリコンバレーの起業家たちはこういう思考訓練をしているのかという一端を知る良書です。

    以前テレビで「スタンフォード白熱教室」が放送されていて、それで興味を持ったので手にとって読んでみることにしました。スタンフォード大学の学生は日ごろからこういう授業を受けているんですね。グーグルやヤフーがこのキャンパスから生まれる理由がなんとなくわかったような気がしました。この本はもともと、二十歳になる息子さんに向けて書かれたのだそうですね。この本の中には、作者のティナ・シーリグが経験した成功や取り返しのつかない失敗に関することも率直に書かれていて、それは大変好感をもてました。

    この本には
    「ルールは破られるためにある」
    「自分で自分に許可を与えよう!」
    「問題解決の方法はつねに存在する」
    「早く、何度も失敗せよ」
    「機が熟すことなどない」
    「新しい芽で世界をみつめてみよう」……。

    一見センセーショナルな言葉が並びますが、特に「自分で自分に許可を与えよう」という章に関するくだりで、彼女が自分の会社を立ち上げて社長になったり、科学の初心者向けに本を書いてみるというのは誰かに許可されてやったものではなく、自分で、自分に許可をして実行し続けた結果なのだと、よく機が熟すまで待つ、なんてことはささやかれていますけれど、そのまえに自分で動いてこそ、結果はついてくるのだと。そういうことを教わったような気がいたします。

    そして、作中に何度かスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学で行ったスピーチが引用されていて、ここで実際にスタンフォード大学の教授が自身の著書で引用するくらいだから、あそこで話されたことはやはり「真理」だったんだなと改めてその思いが強くなりました。

  • ■マインド
    ①ニーズを掘り起こすのに必要なのは、世の中のギャップを見つけ、それを埋めることです。
    ②新しいサービスを考えるには、常識だと思われることを洗いざらい挙げていくこと。しかし一番難しい作業である。
    ③何かを決める際には、過去にどれだけコストをかけたかを考えに入れるべきではない。たいていの人はこの原則しっているが、引くに引けない諸侯群に落ちいる。
    ④生きることの達人は、仕事と遊び、労働と余暇、心と体、教育とごらく、愛と宗教の区別をつけない。何をやるにしろ、その道で卓越していることを目指す。仕事か遊びかは周りが決めてくれる。当人にとっては、常に仕事であり遊びででもあるのだ。

  • 疲れる

    おもしろいことも、まぁ書いてある

  • 心に響く言葉がたくさん。

  • <閲覧スタッフより>
    発想を育てよう!それは世界の見かたを無限に広げる力になる。・・・5ドルを2時間で600ドルにまで増やしたアイデアとは?スタンフォード大で実際に行われた授業と学生たちの試行錯誤から見える“生きる知恵”を紹介しています。一つの物事も視点を変えることで様々な風景が見えてくる、そんな“可能性”のための一冊です。
    ------------------------------------------
    所在記号:159.7||シリ
    資料番号:20098006
    ------------------------------------------

  • 見返りがなくても手助けすること
    最低限ではなく最高を目指すこと

    彼女は私にふだんもやもやしていることへの対応を教えてくれました。

    あと少しで21歳、いま、読めて良かったです。

  • ティナの素直で聡明な人柄がありありと描かれた本に感じました。
    一つの事象を多角的に見る力、粗悪な案を見違えるほど好転させる力、総ては発想力に基づくものでどんなヒトもトレーニングによって生み出せる力なのだというから驚きです。
    総ては心持ち次第で物事の捉え方は180度変わるのだ、人を大切にし、チャンスに飛び込み、常に輝き続ける人であれ。
    私も心にとどめて日々の生活を送りたいと思います。
    20歳の頃に読みたかった本。されど、この先何度でも自分を戒めるために振り返るために読みたい本です。

  • 遅ればせながらシリーズ第二弾。
    昨年のベストセラーです。

    著者は、スタンフォード大学でアントレプレナーシップを教えている女性。

    <引用>
    「いくつになっても人生は変えられる」
    「リスクを取らない事は最大のリスク」
    「早く何度も失敗せよ」

    などなど、起業家精神の基本的な考え方が豊富な事例とともに語られている。Amazonのレビューを読むと、既にチャレンジ精神を発揮している人には物足りないようで不評だが、失敗を怖がる普通の人には概ね好評のようである。
    ちなみに私は、失敗を怖がる普通の人のようで(苦笑)、概ね楽しく読む事ができた。通常のビジネス書にない目新しい事が書いている訳ではないが、さまざまな事例に刺激を受けた。俺もうかうかしてはいられないな、という気にさせられた。

    この本は、とあるアメリカ人に薦められて読んだ。彼と話していると、チャレンジする姿勢に関する国民性の違いを如実に感じる。あんまり一般化するべきではないのかもしれないけど。

    彼も、この本の著者も似たような事を言う。
    「転んだら、立ち上がって砂を払えばいいだけ」
    「転ばないのは、自分の能力に見あったチャレンジをしていないからだ」

    日本人は失敗する事が怖い。何故か。

    私は、日本人は物事を大まかに概算して把握する事が苦手であると思っている。そのため不確実な未来に対して、失敗した時のダメージを推量できず、リスクがいつの間にかに恐怖に昇華されてしまうのではないか。

    私は生まれてこの方、ハチに刺された事がない。おかげで、いまだにハチが怖い。
    子供の頃に一回ぐらい刺されていたら、また変わっていたのかもしれない。

  • 四十手前の歳で読んで、本当に二十歳の時に読んでおけばよかったと思った。

    著者は米スタンフォード大学の教員。起業家精神の大切さをいろんなケースや授業風景を使って説明してくれる。でも、たぶんこんな講義は日本の大学にはないと思う。

    大人になり、社会に出てから、若い頃の価値に気づく。私もそのうちの1人です。日本人の国民性もあるかもしれませんが、もっと大胆に、もっとアクティブに過ごせば良かったと後悔しきり。

    いやいや、人間何事も始めるに遅すぎることはない。20年遅れだけど、今日からでも自分を変えて行こう!

  • 人生における「失敗」の必要性について書かれていた部分が一番印象に残ってます。社会人になってから特に感じるのですが、失敗をせずに人生を歩んでいくことはできないもの。やはり、常に学ぶ姿勢が大事ですよね。

  • 何度も読み返したい俺の殿堂入り本のひとつ。
    スタンフォード大学で起業に関する講義を受け持つ著者が、主に物事のとらえ方、見方について書いた本。
    また著者も医学の博士号取得後にある企業の経営に参画し、今はアントレプレナーとイノベーションについて教えている。

    内容は既成概念、周囲の価値観に従う事の危険性。
    そこから抜け出た時の可能性について主に書かれています。

    「自分に対してまじめすぎず、他人に対して厳しすぎないようにすること」
    失敗に対して寛容になればよかった。

    不確実性は不安の種ではあるが、人生の本質であり、チャンスの源泉である。

    常識を疑う、世の中を新鮮な目で見る、実験する、失敗する、自分自身で進路を描く、自分自身の限界を試す許可を自分自身に与える。

    光り輝くチャンスを逃すな

  • モチベーション上がる。行き詰まった時に読むと元気が出そうです。なんか変な万能感に浸れるんだよなー。現実はなかなかアイデア出ませんが涙。

  • 並外れた業績を達成した人々の最大の味方は、他の人たちの怠慢である。

    幸運なんてものはない。すべては努力次第だ。

    努力すればするほど、運はついてくる。

    この本の物語で伝えたかったのは、快適な場所から、離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなどないとのんでかかり、輝くためにあらゆるチャンスを活かせるようにすれば、限りない可能性が広がるということでした。

  • 確かにこの本を成人前に読んでおけば、
    「大人になること」への夢や選択肢はずっと広がっていた。
    けど、この本と出逢った25歳の私が思ったこと;
    30歳でも50歳でも90歳になっても、
    この本にあることを忘れなければ何度でも人生を切り拓ける。
    なぜなら、“世界は可能性に満ちている”のだから。

    自分のためにも、将来授かる子供のためにも、
    大切にとっておきたい1冊。
    今年中に原作(英語版)も読み終えたいと思います。

    輝けるチャンスを“待っていた”自分とは、
    これでお別れしよう。

  • 大学での講義はすごいですよね!このクリップを出来るだけ価値のあるものに変えなさい。日本ではまずありえないと思うんだけど、学生もすごい。そこから確かに価値のあるものに変えているし、グリップにとらわれていない。

    物事を解決するときに、最高の案と最悪の案を出して、この最悪の案を練り直した案は意外と使える。なんでしょうか…アイデアって、イノベーションってこんな感じで生まれるのかなぁー。

    解決出来ない問題はなくて、困難な道をあえて選び成功する人もいる。目的地までの抜け道を見つけて、早くに到着するひともいる。

    二つの人間がいる。やりたいことを許可してくれるのを待つ人、自分自身で許可する人。自分でつかみにいったほうが良い面がたくさんある。

    財布の話をしてみる。財布には少しくらい使いにくさがあるでしょう。そこを改善した財布を作れば、ひとつの商品になる。

    目の前に転がっているチャンスを活かせる人は外交的、楽天的。失敗もプラスの経験に変えていける。

    謝りかたを身につける。失敗したときは素直に謝る。

    チャンスとかは意外と転がっている。そのチャンスを見逃さないで、活かせるようにするのが大切。アイデアは考え方次第、難しそうだけど発想をかえることが必要。

  • ノンフィクション物としても読める、素晴らしい一冊。
    勇気を出して一歩踏み出すことって大切とゆうよりも、しなければいけないのだと教えられた。

  • 名書
    内容の要約は自分に許可をだす!
    ということ、

    日常生活に埋れ、気づけば、ガチガチに条件付けされてる自分に、、、
    これも、いいんだょ!
    こんな考え方もあるじゃん!
    って教えてくれるもの。
    我が子には絶対伝えたい!
    さすが!世界トップ5に入るスタンフォード大学。

    切り口が違う。
    日本の教育も見習えば、もっと子どもたちの可能性を引き出せるんじゃないのか?

    もちろん、子どものみならず、大人だからこそ読むべき1冊だとも思う。

  • 書名に惹かれて手にとった一冊だが、自分が20歳のときだったらこんなに素直に受け取ることはできなかったなぁという印象。スタンフォード大学の学生はこんな授業を受けることができて本当に羨ましいなぁ、と思います。
    ちょっとした変化や発想を変えることでイノベーションを生み出すことができた、という話が続くのであまりにでき過ぎた感じを持ってしまうのはやむを得ない部分もあろうかと思いますが、そうだろうなぁと素直にうけとれるような書き方をしているのは流石。そして著者の本来の研究分野は脳神経学っていうのもまた意外性がある。
    焦って結果を求めている時でなく、落ち着いて読むのに向いた一冊です。

  • 私は今年、40歳。不惑と言いますが、どっこい私は
    煩悩だらけです。20歳の倍も生きてきましたが、
    この本から、すこし元気をもらえました。

    以下、この本の一部をご紹介。

    ・問題は至るところにあり、工夫して解決しようという
     意欲をもった人たちを待っています。(中略)まず必要
     なのは、問題は必ず解決できる、という気概を持つこと
     です。
    ・アイディアを思いつくには、可能性の海を探索しなけ
     ればならない、ということを肝に銘じておいてくださ
     い。(中略)わたしたちが無意識に課してきたルール
     をやぶればいいのです。
    ・たったひとつだけルールがあるとすれば、あなた自身
     がエネルギーと想像力を解放してあげればどこまでも
     行ける、ということです。
    ・チャンスはつねにあり、見つけられるのを待っていま
     す。誰かに声をかけられるのを待ちながら、慎重に
     様子を見るのではなく、チャンスはつかみに行くのです
     。がむしゃらに働かなければならないし、エネルギーも
     使います。意欲も必要です。でも、これこそがリーダー
     をリーダーたらしめている資質であり、指示待ちの
     一般人とは違っているところなのです。
    ・失敗を経験し、成功も経験するなかでこそしっかりと
     深く学ぶことができる。
    ・目標を絞り、ひたむきに努力すれば、幸運が舞い込む
     確率は上げられます。しかしながら、努力以外にも
     使えるツールはあたくさんあります。訪れた機会を
     歓迎する、チャンスが舞い込んだら最大限に活かす、
     身の回りの出来事に目を凝らす、できるだけ多くの
     人たちとつきあう、そして、そのつきあいをできるだけ
     いい方向で活かす。自分自身で運を呼び込むとは、 
     悪い状況を好転させ、いい状況はさらに良くすること
     なのです。幸運に恵まれる確率は大幅に高めることが
     できます。そのためには、できるだけ幅広い経験をし、
     そのけいけんを独自の方法で結びつけること。そして、
     恐れることなく、自分の人生を演じたいステージに 
     上がろうとすることです。
    ・当時、遠い将来が見通せず、深く実なことだらけで、
     不安でしかたありませんでした。25年後のいま、
     私は将来を違う風に見ています。不確実性こそ人生の
     本質であり、チャンスの源泉だと。(略)不確実性
     こそが、イノベーションを爆発させる火花であり、
     私たちを引っ張ってくれるエンジンなのだと。

  • 最近ブームなのかわからないが、よく「20代のときに」とか「30代でやるべきこと」とか「〜代」という年齢がタイトルに入っている本が書店に多くならべられてますよね。


    その中にはがっかりする本もいくつかあったりするのですが、この本は読んで良かったなと思える本でした。


    著者のティナ・シーリグはスタンフォード大学の先生で、日本でもNHKの白熱教室なんかをやっている先生です。


    言っていることは他の本にも書いているようなこともあったりするわけですよ。

    やっぱり大事な事っていうのは変わらないんですよね。きっと。
    「ルールは破られるためにある」
    「早く何度も失敗せよ」
    「新しい目で世界を見てみよう」
    などなど。



    でも何でこの本が良いかって、実際に授業で僕らと同世代の大学生がティナ先生の教えを実践して、僕が思いつかないアイディアや行動を起こしている事例がたくさん出てきているんですね。


    つまり、この本で紹介されている事は「ティナ先生だから出来たこと」ではなく、きちんと鍛えれば「20代の僕らに出来る事」という証明がされていることなんです。


    だからこそ「負けられないな」とか「もっと出来る」という気持ちがとても芽生えてくる本でした。



    そして、大事なのは、この本に書かれていることはきっと僕らが忘れやすい意識であって、でも、いつまでも持ち続けていたいことなんですよね。


    この本を読んだのは1年前だけど、今読んだらまた違うことを思うだろうし、5年後読んだらまた違うことを思うのだろうなと思い、一生読み続けて行きたい本だなと思いました。


    ぜひご一読を。

  • この本は、スタンフォード大学で講演を依頼された著者が、
    著者が実家を出たときに、社会にでたときに知っておけばよかったなーと思ったこと、
    自分で社会に居場所をつくるために不可欠と思えることをリスト化していったものである。

    実体験に基づく経験は何事にも代え難い財産であると、
    私は本著を読んで思いを新たにした。

    それでは巻末の引用を。

    この本の物語で伝えたかったのは、
    快適な場所から離れ、失敗すること厭わず、
    不可能なことなどないと呑んでかかり、
    輝くためにあらゆるチャンスを活かすようにすれば、
    限りない可能性が広がる、ということでした。

    もちろん、こうした行動は、人生に混乱をもたらし、不安定にするものです。
    でも、それと同時に、自分では想像できなかった場所に連れてってくれ、問題が実はチャンスなのだと気づけるレンズを与えてくれます。何よりも問題は解決できるのだという自信を与えてくれます。

  • 「光り輝くチャンスを逃すな」
    自分に対して「やっていいんだよ」という許可をしてあげること。振り返るとまずこれが出来ていないな、と感じた。
    自分自身が「ラッキーな人」になることを目標にしたい。
    著者の言うラッキーな人は、その状況を自然に作り出すように活動している。
    自ら新しい環境に身を置き、人と出会い、WinWinの関係を作り、他の人が気にも留めないようなことにもアンテナを張る。
    つまりチャンスに出会う確率を上げている。「新しい土地を旅して誰とも話さなかったら、新しい出会いと百万ドルを捨てているようなものだ。」という精神で活動しているのだ。
    学校教育の相対評価と違い、社会ではメンバーが他のメンバーを引き上げ、ともに良い結果を生み出すのだ。これを早い段階で学べたら学校ってもっと楽しかっただろうなと思う。

全1106件中 1 - 25件を表示

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義に関連する談話室の質問

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義に関連するまとめ

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を本棚に「積読」で登録しているひと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義の作品紹介

いくつになっても人生は変えられる!「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。起業家精神とイノベーションの超エキスパートがまとめた「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義はこんな本です

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義のKindle版

ツイートする