未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

  • 967人登録
  • 3.72評価
    • (50)
    • (89)
    • (75)
    • (17)
    • (2)
  • 95レビュー
制作 : 高遠裕子 
  • CCCメディアハウス (2012年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484121109

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
リチャード・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIの感想・レビュー・書評

  • すこし前に読んだ「20歳のときに知っておきたかったこと」の著者、ティナ・シーリング教授のイノベーション講座実践編。
    アマゾンのお勧めに、あっさり応えてしまった一冊。

    彼女のメッセージは「私たちはみな、自分の未来を創造する役割を担っている」ということ。そして、「創造力つまりクリエイティビティは、ただ考えるだけでなく実践することで生まれる」ということ。

    ・・・こんな風にまとめてしまうと、いたってありきたりに聞こえてしまうかもしれない。でも、ロジカルであることやまっとうであることを優先しすぎて、つい立ちすくんでしまう今の私たち。未来が見えなくたって自分で創り出せばいいんだよ、という、暖かい激励の本だと思います。

  • 『クリエイティビティとは、頭で考えるだけでなく、実際にやってみるものだ、ということです』本書はNHK『スタンフォード白熱教室』講師としても有名なティナ・シーリグ氏の「イノベーション講座」実践編です。

    本書はNHK『スタンフォード白熱教室』講師としても有名な、ティナ・シーリグ氏による「イノベーション講座」実践編であり、ベストセラーとなった『20歳のときに知っておきたかったこと』の続編に位置します。

    『クリエイティビティとは一体どういうことか?』いわば、実践編とも言うべき内容の数々で、テレビでも放送された大阪大学で筆者が行った特別授業の様子に始まり、さくさくと読めて、なおかつためになることが書いているものであると感じました。

    スタンフォード大学があるカリフォルニア州はやはり、ITベンチャーの坩堝ということもあり、アップルの例はもちろんのこと、大ベストセラーとなった「リーン・スタートアップ」についても触れられていることが印象に残っております。フェイスブックなどでも「がんがん動いて、どんどん壊せ」というスローガンの下、スピードがまず重視されるのだと、完璧さは2の次であると。だからこそドラスティックなサービスの変化や企業の意思決定の速さがあるのだな、という感想も持ちました。

    これに関しては純粋なビジネス書というよりも、哲学。もしくは自分にとっても『意思決定』の指針や内側にある『クリエイティビティ』を呼び覚ますためにも、幾度となく繰り返して読んでいく価値があるかと思われます。

  • 私たちの考えや行動は、空間の影響を強く受けている。雑然とした工場の片隅で、クリエイティブな仕事をしろと言っても土台無理な話です。 高い天井、シンプルな壁の色から、家具の質感、コーヒーの香りが漂う整理整頓されたガラス張りのオフィス。 クリエイティブな空間が、クリエイティブな仕事を生むのです。
    不動産仲介業者は、オープンハウスでは、すべての照明をつけ、クッキーを焼いたりします。部屋が明るく焼きたてのクッキーの香ばしい匂いが漂っていると、ぬくもりが感じられてその家を買いたくなることを知っているのです。
    人は生まれた瞬間から、周りの空間に反応していることが知られている。刺激の多い環境で育てられた子供は、脳の表面の大脳新皮質が発達していることが知られている。脳を活性化し、創造力を刺激するように、明るい絵や玩具を与えます。幼稚園は子供がわくわくするような環境づくりに努めています。

    人はある空間に足を踏み入れた瞬間、自分に何を期待されているのかを自覚します。講演会の会場、ホテルの一室、空港のターミナル、病院の診察室、コンサート会場、遊園地など、足を踏み入れた瞬間、振る舞いが違っているはずです。

    人はその場の影響を受けるのですから、職場を豊かな発想ができる場所にしたいのであれば、空間デザインを吟味する必要があります。クリエイティブであるためには、空間が重要な要素になります。

    第5章、空間という変数で行動が変わる、が秀逸でした。

  • ■クリエイティブ

    1.イノベーション・エンジンは次の3つので構成される
    ・知識は、想像力の燃料です。
    ・想像力は、知識をアイデアに変える触媒です。
    ・姿勢は、イノベーション・エンジンを動かす起爆剤です。

    2.問いの立て方を変える事によって、答えの幅ががらりと変わってきます。

    3.フレームを取り外す、とっておきの方法は、何か問題を解決しようとする時、「なぜ」で始まる質問をするのです。

    4.人は空間の影響を受けて、振る舞いが違ってくる。

    5.がんがん動いて、どんどん壊せ。失敗は正しくやり直すチャンスだ。

  • 見本出来たってツイートありました。。。
    pic.twitter.com/ZVj96Gyd

  • 今の自分にはあまり必要ない話だったので。10年前の彼女のクラスで、Apple狂ぶりを見せてたが、イノベーションの見通しは間違ってなかったね。

  • 実践的ではない。前半が良い。環境が発想に左右するということが一番印象的。観察をもっと普段からしていこうとも思った。

  • スタンフォード大の起業家精神とイノベーションのクラスより
    個人や組織のクリエイティビティを引き出すための手法や条件を「イノベーションエンジン」というモデルにまとめた
    このモデルは、知識、想像力、姿勢、資源、環境、文化という6つの要素からなり、それぞれを強化する手法を用いることによりイノベーションを生み出しやすい組織をつくることができると主張する。それぞれの要素や手法はとてもオーソドックスなものであり目新しさは無いが、事例を交えてわかりやすく解説されている。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:159||S
    資料ID:95120775

  • 前作はアイデアを考える為の種についてを述べた書籍だとすれば、本作はアイデアを育てるための外的な要素、環境について具体的に述べているものであった。ブレインストーミングや想像力を掻き立てるような空間作りなど。前作と同様大変興味深い内容が記載されており面白く読めた

  • イノベーションのエンジンの説明がとても分かりやすかった。6つの要素の中で自分に足りていないものは何だろう?と考えてみて、そこから手を伸ばしていく実験をやってみたいなと思った。修士論文執筆中なので、実験を繰り返す姿勢と、強い感情等適宜振り返りたい、または忘れたくない項目がいくつかあって、後々何回か読み返したいと思った。

  • 前著が面白かったので、手に取る。画期的な提案があるわけじゃないけど、集められた個々の挿話が面白い。
    原題「inGenious」にはクリエイティビティは天賦の才であり、解放されるのを待っているという意味が込められている。そしてクリエイティビティに影響を与える内的および外的要因の関係を捉えたモデルとして「イノベーション・エンジン」を提案している。イノベーションエンジンは知識、想像力、姿勢、資源、環境、文化の六つの要素からなる。

  • ティナ・シーリグ教授の、自己啓発系の一冊。
    この本では、クリエイティブさに焦点を当てていると思います。
    様々なクリエイティブなグループの事例を持ち出しつつ、どのように行動を変えることで、より新しく革新的とも言えるような結果を導けるのか。
    もちろんここに書いてあること全部できるわけではないのですが、この手にありがちな「何をするか(what)」だけでなく「どうやるか(how)」にも向き合っており、かつそのやり方が地道で具体的、実質的だと思います。
    イノベーションを起こすのは難しいかもしれないですけど、身近な範囲においても、創造的でありたいと思える一冊です。がんばろう。

  • Tedでのクリエイティブのスピーチからティナ・シーリグに興味を持ち、元々の興味である人間の創造力の育て方について知りたくなり手に取る。


    ティナ・シーリグは創造力の源は知識、想像力、姿勢という人間の内部に存在する要素と
    文化、資源、環境という人間の外部に存在する要素から生まれると述べる。


    これらをモデル化し、それぞれの要因がどのように関連していくかを事例で紹介している。



    ・創造力は生まれ持ったものではなく、鍛えることができる
    ・失敗を許容し、過程を評価しフィードバックを得る機会を多くする
    ・完璧なものを作らずに、途中で試行錯誤する段階での評価をもらう仕組みが必要
    ・自分は創造性のある人間で、そういうことをするのが好きだとおもいこむことが創造力を生む大事な要素


    等々。

    これらクリエイティブに発想するためのノウハウは、Tedの内容や他の人が述べていることとほとんど同じであった。


    改めて感じたことは、著者が述べたように、いくつかの要因の中でも主体性を持つ「姿勢」が大事だと感じる。

    主体性の源は小さい頃に形成され、無意識化で発火するものに感じるため、成人してある程度たった人間の行動体系を新しく変えることはとても容易ではないと、実際は思っている。

    つまり主体性を持つための仕組みを用意し、それを育むような文化にどう身をおくかをもう少し考えたい。

    自分の中で出した結論は、どんな形、時期でもいいからやりたいことを満足したレベルで達成することを繰り返す頻度を上げ、
    周りを巻き込み、自分をやらなければならない状況にする工夫によって習慣的・無意識で行うことにつきると思う。
    (月並み)


    また現在の日本に視点を当てて考える。

    日本では失敗を許容する文化がないと錯覚してしまうのも、雇用の流動性がない大きな企業が多くなってしまっているから、生まれたイノベーションを評価しないからだとも思う。
    その原因は生来、ムラ組織な外的・内的な集団バイアスがあるから?
    でも宗教や思想は多様な文化が根付いているからなんともまだ釈然としない。
    なまじロジカルシンキングとか効率化を重視しすぎた結果や、経済の不況等の背景から先行的な研究や新規事業に資金をあてられないからなのかもしれない。

    これらは雇用の流動性だけでなく、いろんな人材が気軽に交流でき、意見やアイデアを交換しあえるような土壌を都市単位で備える必要があると思う。

    このような問題を解決するための方法としての文化の形成に関してはまた勉強したいところ。

    具体的な方法に関してはデベロッパーの方に考えてもらって。

    総評:少し物足りない感。

    書いていなかったことで知りたかったこと
    ・失敗を許容する自由な環境のもとで主体性ははぐくまれるがアイデアを組み合わせ発想する能力は欠乏から鍛えられるという認識でいいのか?

  • ・姿勢が好奇心に火をつけ、関連する知識を得ようとします
    ・知識が想像力の燃料となり、新しいアイディアを思いつけるようになります。
    ・想像力が触媒となり、刺激的な環境をつくり、身近な資源を活用します。
    ・こうした環境と姿勢が、コミュニティの文化に影響を与えます。

    このことがものすごくわかった。

  • 159-シリ 300306768

  • p11 人生における最大の失敗は、実行しないことではなく、想像力をはたらかせられないこと。

    p68 ブレインストーミングの手引き

       どんな部屋を用意するべきか?
       
       アイデアをすべて把握できるスペースが必要。
       スペースが広ければ広いほど、アイデアが

       誰に参加してもらうべきか?
       出やすくなる。実際に書くスペースがなくなると   アイデアも尽きてくる。

    p117 空間がチームの力学や創造性を大きく左右する。
    p123 クリエイティブな空間が、クリエイティブな仕事
       を生む」ピクサー
    p145 ゲームの巧妙なルールや、それが利用者の行動に
       与える影響が研究され、その結果、様々な環境下
       でのルール作りに生かされ、人々の行動に栄養を
       与えようとしている。
       ゲーム以外の分野にゲームの要素を取り入れるこ   とを、「ゲーミフィケーション」という。

  • スタンフォード大学で起業家教育を実践しており、日本でも「NHK白熱教室」などで人気を博したTina Seeligの著書二冊を読了。起業家精神とはどういうものか、挑戦とは?リスクとは?創造性って学んで身につけることが出来るものなのか、など、実際に授業で使われているものや、起業の事例などを引き合いに説明してくれている。学者が書いた解説本ではなく、教育者的・特にメンター的な視点で書かれている所が読みやすい。「ルールは破られるためにある」「問題解決の方法は常に存在する」「早く何度も失敗せよ」「機が熟すことなどない」など、共感できるメッセージがたくさんある中、最も印象に残ったのは「自分で自分に許可を与えよう」だった。先生、親、上司などに、「何々しても良いよ」と言われることを待ったり、期待してしまう傾向があるが、そんな必要な全くなく、自分で自分に許可を与えていいんだ!と、いまさら納得。確かに20歳のときに知っておきたかったことである。

  • クリエイティブ思考が重要な時代になっていると感じる。それはこの本に書いてあることが、最近のハッカソンで思うこと、出会う人、情報などと合致する部分が多いからだ。
    観察からアイデアを生みだすアイデア思考、レトリック、既存アイデアを組み合わせることなど。
    そしてそれは広告コピー、コンセプトにも通ずるところである。」
    リーンスタートアップは一度読まなくてはならない。

    最近、生活の中に感じる「加速」は本書の後半の記述に通ずる。
    失敗を恐れずまず「行動」起こす。
    イノベーションエンジン
    ・想像力
    ・姿勢
    ・知識
    ・環境
    ・文化
    ・資源

    エンジンの関係は、常に頭に入れておきたい。

    ・知識は想像力の燃料
    ・想像力は、知識をアイデアに変える触媒
    ・イノベーションプロセスは、資源、環境、文化、など外的要因に左右される
    ・姿勢はイノベーションエンジンを動かす強力な起爆剤

  • 「二十歳のときに知っておきたかったこと」の著者の二作目。
    こういう本を読んで研修とかはじめる人事部とかが一番ウザいんだよな。
    インプットや環境で誰でも創造性が発揮出来るのは理屈としては分かるけど、ここのケーススタディに出てくる学生はスタンフォードや類似レベルなので、日本のメーカーにいる文系社員に同等の可能性があると思っちゃいけない。例外は常にありはしますが、あくまで「賢い人の場合」の話しです。

  • なんで、Google facebookなどの名だたる企業がオフィスが様変わりしているのか、ゲームの要素を取り入れたゲームフィケーションが人気なのかが納得。
    クリエイティブを鍛えるのは独学よりもグループワークのが向いてると思いました。

  • 1点。翻訳本で翻訳がわるいのかおおざっぱ過ぎ。

全95件中 1 - 25件を表示

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIに関連する談話室の質問

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIを本棚に「積読」で登録しているひと

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIの作品紹介

『20歳のときに知っておきたかったこと』『スタンフォード白熱教室』で知られるシーリグ氏の「イノベーション講座」実践編。

人は誰でもクリエイティブな能力が備わっている。必要なのはそれを解放させてあげること。本書では、著者がスタンフォード大学で実践している授業内容をあますことなく伝授します。
観察力を磨き、思い込みを疑い、問題を捉え直す力を養う――イノベーションを開花させるためのヒントが満載!

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIに関連するサイト

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIのKindle版

ツイートする