ブクログ大賞

アイデアのつくり方

  • 5105人登録
  • 3.84評価
    • (520)
    • (589)
    • (635)
    • (56)
    • (20)
  • 679レビュー
制作 : 竹内 均  今井 茂雄 
  • CCCメディアハウス (1988年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484881041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
村上 春樹
デール カーネギ...
水野 敬也
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

アイデアのつくり方の感想・レビュー・書評

  • アイデアが生まれる過程を明文化し、アイデアを生むという行為が天からの授かりものなんかではなく日々の積み重ねと技術の習得によって誰でも達成し得る行為であるという事を証明した本。
    1~2時間程度でサクッと読める割にとても有意義なことが得られるのでぜひ読むことをおススメしたい本です。
    印象に残ったフレーズを紹介します。
    「アイデアの訪れてくるき方はこんな風である。諸君がアイデアを求める心の緊張をといて、休息とくつろぎのひとときを過ごしてからのことなのである。」

  • はじめ手にした時、こんなに薄くて800円もするのかと驚きました。とにかく薄いし、本文と同じくらい解説と訳者あとがきがある。

    しかし、アイディアを生み出すことだけにフォーカスをあてるのであれば、この長さで確かに十分であろう。

    この通りに実践すれば、確かにアイディアは生まれそうであるが、第一段階の情報収集がなかなかできないのが悩みです。。。

  • 「<アイデアをどうやって手に入れるか>という質問への回答がここにある」、と表紙の裏側に載っており、そのとおりの内容です。

    本書ではアイデアを手に入れるために、「アイデア作成の原理・原則」と、「アイデア作成の方法」が紹介されています。

    まずアイデア作成の原理・原則は2つあり、
    ①アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない
    ②既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性をみつけ出す才能に依存するところが大きいということ。
    と著者は主張しています。

    次にアイデア作成の方法は、以下の5段階です。
    第1段階 資料を収集すること。(データ集め) 
    第2段階 心の中でこれらの資料に手を加えること。(データの咀嚼)
    第3段階 問題を全く放棄する。無意識に任せる。(データの組み合わせ)
    第4段階 アイデアの実際上の誕生。みつけた!という段階。(発見した!の瞬間)
    第5段階 現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階。(アイデアのチェック)
    以上の5つの段階でアイデアが手に入ると説いています。
    以上が本書の内容です。

    この本はページ数のとても少ないです。実質的に62ページまでが本書の内容で、63ページ目からは竹内均氏の解説が、89ページからは訳者あとがきが書かれています。しかし、これで充分です。これ以上ないほどシンプルに書き上げられたなかに、本質だけが詰まっている、そんな感じです。63ページ以降の竹内均氏の解説が本文の分かりづらい部分をうまく解説しており、この本を読む手助けとなっています。

    誰だって社会人を経験していれば、一度はこうした経験をしていると思います。
    「資料を集めて考えてみたが何も思い浮かばず、考えるのをいったん止めた。そして休んでいると急に「!」とひらめき、解決策が思いついた。」、こうした経験を文字にしたのが本書です。
    私にもそうした経験があり、私はそれを「神が降りてくる瞬間」と周りに言っていました。いま思うととても恥ずかしい言葉ですね。そんな言葉を使わずとも、こんな良い本があったのですから。
    この本の著者は、アメリカの広告代理店の役員をしているので、広告業界のアイデアのつくり方として紹介していますが、誰にでも当てはめることができる普遍的な法則であろうと思います。

  • 短くてとてもよかった。

  • 薄くて読みやすい

  • アイデアが作られる5つの過程。全てのアイデアはこの過程を踏む

  • 本書は、厚さ1cmにも満たないが、アイディアのつくり方について、簡潔にまとめられている。
    勉強や言われた仕事はそつなくこなせるのに、クリエイティブな企画・アイディアと聞くと身構えてしまう。自分とは違った脳の働きをする人達の仕事とみていたが、本書を読んで、その姿勢を改めようと思った。

    「アイデアの作成はフォード車の製造と同じように一定の明確な過程であるということ、アイデアの製造過程も一つの流れ作業であるということ、その作成に当って私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によってはたらくものであること、そして、なんであれ道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練することがこれを有効に使いこなす秘訣である」(P18から引用)

    本書では、この引用部分に象徴されるように、アイデアは、天才が「浮かぶ」ものではなく、訓練によって「つくる」ことができることを強調している。
    今後、企画・アイデアが必要とされる場面で繰り返し本書を読み、理解を深めていきたい

  • 言うまでもないが良書、アイディア出すときのプロセスが可視化された感覚があってとっても良かった。情報収集、アイディアは組み合わせ、組み合わせに夢中になれるか、当たりがとっても心に残った。

  • 内容:アイデアは今あるものを組み合わせることで出来上がる。組み合わせはひらめきに近いものがあるが、多くの事柄を知っていれば自然とアイデアも増える。

  • 原本はかなり古い、アメリカの広告業界の著者が書いた広告のためのアイデアの作り方。ただ広告以外にも共通する内容とする。まぁ薄いし、すぐ読めて、エッセンスが詰まってるといえばいいのか。

    以下の一文に尽きる。「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。」

    あとは組み合わせを思いつくかどうか。

    第1 資料集め-諸君の当面のための資料と一般知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料と。

    第2 諸君の心の中でこれらの資料に手を加えこと
    第3 孵化段階。そこでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのにまかせる
    第4 アイデアの実際上の誕生。
    第5 現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階

  • newspickで誰かが勧めたので買った800円の本だが値千金の本。「心理と社会」の中でパレートは言う。この世に人間は2種類いて革新的で新しい組み合わせに夢中な人とそうでない人。この本は前者に捧げる本である。この著者であるジェームズWヤングもさる事ながら、この内容に「びっくりした」という竹内均氏の解説も素晴らしいの一言につきる。

    ヤングによればアイデアとは「既存の要素の組み合わせ」であるとの事。
    ①資料を集める事(意識)
    ②咀嚼する、組み合わせを錯乱状態になるまで考え抜く(意識)
    ③消化する(無意識)
    ④誕生、ユレイカ!(無意識)
    ⑤アイデアを具現化し展開する(意識)

    注意事項&留意点
    ①特殊資料(製品と消費者)と一般資料(世の中の様々な事)を集めまくる。決してデータを退けない事
    ③④は無意識の力。つまり無意識とは創造には欠かせない。その辺はted talk 「創造性を育むには」エリザベス・ギルバートを参照するべし
    ※KJ法やパレートの法則は天才の美的直感を凡人の為に数値化したもの
    ※中庸とはパレートの法則の応用である(by 竹内均)

  • 帯の煽りに偽りなし!

    まさしく60分で読めて一生手放せない本だ。

    こういった本こそ本棚に並べるべきだと思った。
    綺麗に並べておく本ではない。

    この手の本をたくさん読んでいるなら目新しさはないかもしれない。

    アイデアにおける原則が余分なく簡潔に説明されている。
    名著は時間を経て余計なものが削ぎ落ちて洗練されていくが、この本は最初から洗練されている。

    本となって洗練される前に著者のジェームス・W・ヤングの人生の中で洗練されていった経験の結晶なのだろう。


    人生の節目節目で実践とセットで読み返したい本。

    とても良い本でした。

  • 1時間程度で読める。
    アイデアは、知識と知識の組み合わせ。常に知識を入れなければ、アイデアは生まれない。芸術や演劇などに触れて刺激を受ける事も、潜在意識の中で組み合わせを思いつくきっかけになる。

  • アイディア作りのバイブル。バイブルと言われるに相応しい内容。本編は1時間で読める量。だが、内容はまるで不足なく、体系立ってアイディアの産み方が書かれている。発想力が乏しいなーと思うので、原理に沿って様々な事象を関連付けることを実践することからやっていきたい。趣味や出会いに何一つムダがないことも教えてくれる。キャッチコピー通り、何度も読み返したい。

  • アイディアつくりの大書と言わるだけあって、アイディアを出す上での本質を非常にシンプルな5ステップにまとめた一冊。

    ①アイディアを集めよ!専門分野はもちろんだが、専門分野以外も、えり好みせず広く、興味をもって。

    ②アイディアを咀嚼せよ!集めたアイディア1つ1つの持つ意味を多面的に考えよ。

    ③アイディアを掛け合わせよ!新しいアイディアとは、既存の知見の掛け合わせて新しい価値を発掘することに他ならない。

    ④アイディアを醸成させよ!考えに考えつくしたその先の、リラックスしているふとした瞬間に突如アイディアは降ってくる。

    ⑤アイディアをチェックせよ!そのアイディアは実現するための施策を考えよう。具体化することで立ち消えるアイディはごまんとあるが、諦めてはいけない。

    5ステップのシンプルさもさることながら、こんな秘訣を世に広めて大丈夫なのか?という問いにたいして、ステップを知っても、実際にこのことを突き詰めて実施する人はどれだけいるか、ほとんどいない、だから問題はなにもない!という言葉印象深い。仰る通り!ハウツー本は読んだことで満足せず、実践してアウトプットしてナンボ!

  • 非常にコンパクトでありながら実用的・実践的で、広告業界以外の人間でも大いに参考になることだろう。

  • 下調べが1番大事!

  • 非常にシンプルで 言いたいことを キッチリ言う 
    という スタイルで 読み継がれている。

    『アイデアを売ろうと思うのです』
    『アイデアを手に入れるか』と質問されて、啓発された。

    最初に 前提をおく
    ①この公式は、説明すれば簡単なので、
    これを聞いたところで
    実際に信用する人は少ない。
    ②説明は簡単だが、
    実際に実行するとなると最も困難な種類の
    知的労働が必要となる。

    竹内均は以下のようにまとめる。
    アイデアのつくり方
    ①データ(資料)集め
    ②データの咀嚼
    ③データの組み合わせ
    ④発見した瞬間
    ⑤アイデアのチェック。

    ①、②、⑤が 意識活動
    ③、④が 無意識活動 インスピレーション。

    たった、このようなことを わかりやすく示している。
    すくなくとも、③と④が必要であり、
    これを実行することが 難しいのである。
    シンプルすぎて モノたらない という感じだ。
    でも、これだけ 絞り込むチカラは 重要かもしれない。

  • 1988年に初版にも関わらず、
    2016年に第69版が出ているというロングセラー。
    わずか110ページで、小一時間あれば読めるが、
    "アイデア"づくりの本質が書かれている良書。

    アイデアは、先天的なセンスではなくて、
    既存のものx既存のもの、その組み合わせで作られる。
    要は"その既存のもの"をどれだけ知っているか、
    調べられるか。自分の業界+世の中の一般的なこと、分け隔てなく調べることが重要。

    日常を無意識に生きるのではなくて、
    意識的に生きれば、その分、ワクワクが生まれるというのを
    読んでいて感じました。

    自分の中で”人生で大事にしたい本棚”入り決定。

    ★KEY POINT:
    ・事実と事実の間の関連性を探ろうとする心の習性がアイデア作成に最も大事。
    ・心の習性を鍛える5つの段階
    1)資料を収集すること
    *集めてくる資料は2種類:特殊資料・一般的資料
    例(広告業界):特殊資料 - 製品およびそれを売りたいと想定する人々についての資料
    一般的資料:人生とこの世の種々様々な出来事についての一般的知識
    *カード索引法:3inch x 5 inch の罫線の入った白いカードを用意、特殊な知識を項目ごとにこのカードに記入する。
    2)資料を咀嚼する段階
    ・調べた資料を1つ1つ読み取る
    ・2つの事実を一緒に並べる→関連性を探す
    *資料に手を加える段階
    3)部分的なアイデアがぼんやりと生まれ始める段階
    ・ぼんやりしたものでも、紙に記入する。
    ・一旦無意識状態に心を移す段階
    ・自分を刺激してくれる全く違う何かに心を移す。
    (映画に行くなど)
    *ただ、常にそれを考えること。
    4)アイデアが生まれる段階
    ・無意識化でアイデアが生まれる
    5)アイデアの具現化
    ・現実と合致させ、最終的にアイデアを具体化して、展開する段階

  • 100ページくらいしかない作品ですが、
    読み終わった後の、なるほど~感がすごいです。

    アイディアの作り方は5個のステップで
    できるというコピーライターとしての経験をまとめています。

    この作り方は広告向けのコピーだけでなく、
    技術的な内容のアイディアの出し方や、
    本を場合のアイディアの出し方など何にでも
    応用できるようです。

    集めて(①)、整理(②)まではできるような気がしますが、
    その情報をどう組み合わせる(③)か、
    それがアイディアだと気づくか(④)という点が
    難しいような気もしました。

    でもそれがアイディアの作る際のコツであるのは
    間違いなさそうです。

  • アイデアの作られる過程
    1.資料集め
    当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料。(特殊知識と一般的知識)
    カードに集めてきた特殊な知識を項目ごとに記入すると整理される。
    2.資料を咀嚼する。
    3.孵化段階。意識の外で何かが起こる。データの組み合わせ。
    4.アイデアの誕生。
    5.アイデアを具体化し展開させる。

    1.2.5は意識的活動。3.4は無意識的活動。
    2までにすべきことをやり遂げる。
    3では問題を放棄し心の外に放り出す。
    この段階では感情を刺激することをやる。音楽を聴いたり映画を見たり。小説を読んだり。
    4で最も期待していない時にアイデアが湧いてくる。
    ヒゲを剃っている時、風呂に入っている時。

    この本の内容のことは結構よく言われることですね。
    元はこの本から来ているのかもしれません。

  • 60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

    本書は、アメリカで「創造的思考に関する古典」と称されているらしい、非常にコンパクトなアイデアづくりの参考書です。もともと広告コピーライターであった筆者が、「アイデアをどのように手に入れたら良いか?」というイシューに対して答えるために書かれたものです。
     本書が提示している「つくり方」の柱は、
    1.データ収集
    2.データの咀嚼
    3.データの組み合わせ
    4.ユーレカ(発見)の瞬間
    5.アイデアのチェック
    という5段階の、単純明快で誰でも理解できるプロセスです。

全679件中 1 - 25件を表示

アイデアのつくり方に関連するまとめ

アイデアのつくり方を本棚に「積読」で登録しているひと

アイデアのつくり方の作品紹介

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

ツイートする