アイデアのつくり方

  • 5191人登録
  • 3.84評価
    • (526)
    • (596)
    • (638)
    • (58)
    • (21)
  • 687レビュー
制作 : 竹内 均  今井 茂雄 
  • CCCメディアハウス (1988年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784484881041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
水野 敬也
デール カーネギ...
エリヤフ・ゴール...
ロバート キヨサ...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

アイデアのつくり方の感想・レビュー・書評

  •  アイデアの作り方に関する、基本にして奥義。
     本文は、わずか51頁分しかない。しかも、アイデアの作られる全過程ないし方法はたったこれだけ。

    《第一 資料集め――諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料と。
    第二 諸君の心の中でこれらの資料に手を加えること。
    第三 孵化段階。そこでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのにまかせる。
    第四 アイデアの実際上の誕生。<ユーレカ! 分かった! 見つけた!>という段階。そして
    第五 現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階。》(54-55頁)

     資料を収集し、分析と検討を加えた後、一度「寝かせる」ために忘れ、あるときひらめいたらそれを形にする。シンプルすぎるくらいシンプルな定式である。
     だが、あらゆる分野でのひらめき・発想というのはほとんどこの過程を経る。言われればその通りなんだけど、これをキッチリできない人も多いのは確か。その意味で「基本にして奥義」。

     すぐ読める本だが、その内容は骨太で本質を突いている。発想法本では引用や言及されることが多い「古典」なので、一読しておくことをオススメする。

  • 数年前に職場で受講した企画発想力研修でも紹介されたし、アイディアや発想力養成のための本でもよく名前を目にする本書。
    序文や解説を除いたら50ページ程度、しかしその中に「アイデアのつくり方」が簡潔明瞭に記されています。
    まさに秘伝の書のような趣。

    よく引用されるのは「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである」という文章ですが、それを生み出すための5ステップもとても重要。
    資料を読んだり材料を集めたあと、自分の中で材料を咀嚼し、こねくりまわしてみる。
    そのあと一旦考えるのをやめて、自分の中で材料たちが化学反応を起こすのを待つ。
    この一旦寝かせるというのが重要なのですね。
    自分の中でいろんなものと交じり合い、いい具合に発酵したアイディアは、意識していないときに突如としておりてくる。
    「ユーリカ!」は待ってるだけではダメ。
    ちゃんと材料は集めておくべし。
    それから、最後にさらりと書かれている「言葉」が大切というのも忘れないようにせねば。

    本書を読んだら、これまで読んだお仕事関係の本に書かれていたことがつながったように感じました。
    それだけ本書の内容がベーシックかつ核心を捉えているということなのだろうな、と思いつつ読了。

  • 人生の50冊 ベスト3

    短い本が秘めている大きな可能性。
    発想法に関する本はたくさんあるが、
    この本の焼き直しか、
    二番煎じだと言えるほどパワフル。

    アイディア=既存 + 既存 の組み合わせ
    組み合わせの多様性がアイディアのオリジナリティを生み出す。
    メッセージはシンプル。

    ただし、これも実践の書であり、
    読んだ後に実行しなければ、読まなかったのと同じ。

    パソコンやネットのパワーを手に入れた人類ならば、
    この本の指摘するアイディア倉庫は
    この当時よりも簡単に創れるはずだが、どうだろうか?

    実践したものだけが、アイディアを生み出すことができる。

  • アイデア考案法をシンプルにまとめた書籍。
    少し翻訳がわかりにくい部分はあるが、ポイントだけがまとめられているので、すぐに読める。

  • タイトルの通り、アイデアの作り方。
    同じ方面の名著系まとめででもよくおすすめ1位や、
    必読書に指定されていたりする。
    昨日、古本屋で買ってそのまま車の中で読了。

    新書サイズで、ハードカバーがついてちょっとそれより大きめ。
    解説・訳者あとがきを抜いたら本編が62ページ、
    新品で買っても800円でそれから半額、
    思っていたよりだいぶコンパクトな本だったので、
    この手の本はちょっと食傷気味だったけど、
    つまみ程度でいけるかなと購入。

    中身だけど、個人的には
    スペキュラトゥール(投機的・思索的)のくだり(P21)と
    翌朝の冷えびえとした夜明けのくだり(P52)が好きだ。

  • この本は、今まで読んだ本の中で最も衝撃的で、一生手元に置いておきたい本の一冊となった。

  • 分かっているようで分かっていなかったアイデアの作り方。
    この本に書いてあるとおり、普段なにか新しいものを考え出そうとする時に資料の収集は怠りがちである。
    大切なことを改めて気づかせてくれる一冊。

  • 知り合いから頂いた本。
    書店に置いてあったら、見落としてしまいそうなほど小さな本で、こうやって手渡しで頂けなかったら出会うのはずいぶん先だったかもしれません。

    「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と、始まって、アイデアが作られる過程を非常にコンパクトに要約しています。

    アイディアという言葉はどこか魔法の産物のようですが、よくよく分解してみると、実は、2つの何かの組み合わせ。
    この言葉に、どこか気持ちが軽くなりました。新しいものを作ることに、ちょうど疲れていた時だったからです。
    その関連性を見たり、書きとめたり、その一連の流れは、私が大学でやってきた社会学ととても似たところがあります。

    私なりにちょっと頑張れるかもしれない、そんな期待を後押ししてくれました。
    また困ったときに開いてみようと思います。

  • 一時間もあれば読んでしまえるが、渉外あなたの心を捉えて離さない本。
    全人間はスペキュラトゥール(新しい組み合わせの可能性につねに夢中になっている)とランチエ(鴨にされる人)の2タイプに分けられるとのこと。今の自分は型にはまった、着実にものごとをやる、想像力に乏しい、保守的な人間で、先にいった投機的な人々によって操られる側の人やなぁ笑でも投機的になりたいとはおもう。
    アイデア作成の基礎となる一般的原理について大切なこと二つ。1つはアイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外のなにものでもないということ。2つは既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性をみつけ出す才能に依存するところが大きいということ。これは単純に自分が好きになったり尊敬したりする人ってそういうのが上手いから気になった。いわゆる例えがうまいってこれやとおもう。具体を抽象化してまた具体化せんと例えれんとおもうんよねー。はー、社会科学勉強して鍛えよ!笑
    特殊資料の概念は大変興味深い!一人のタクシー運転手を独自の人物にするまで研究ってそんなことしてたら1日ずっとおもろいやん笑 一般的資料はまさに好奇心どころか好奇体かな、歩く好奇心レベルの人間なりたいなー、ならなくちゃー。それらがアイデアを産み出す新しい組み合わせにつながるんやってとこを忘れずにね。
    五つの技術は実践には骨が折れそうやからまた必要を感じたときに読み直そうかな。

  • すごく簡潔に、でも必要なことはすべて書かれてある。
    超ロングセラーなのもうなずける、良書。

    アイデアとは、既存のものの組み合わせである。
    この考え方はもうばっちり刷り込まれました。

    手元に置いておいて何度でも読み返したくなる、
    教科書のような本です。

  • この短い本にエッセンスを凝縮したところがすごい。

    技術を学ぶ習得する際に学ぶべきは、原理と方法。

    〈アイディアの作られる過程〉
    1、資料集めー当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵を絶えず豊富にすることから産まれる資料と。
    2、心の中で資料に手を加える
    3、孵化段階。意識の外で何かが自分でも組み合わせの仕事をやるに任せる。
    4、アイディアの実際上の誕生。
    5、現実の有用性に合致させるために最終的にアイディアを具体化し、展開させる段階。

    〈デカルトの知的な仕事をする場合に守るべき規則〉
    「明証」注意して即断と偏見をさけることである。
    「分析」自分お研究しようとする問題を、できる限り多くのしかもその問題をもっともよく解決するのに必要なだけの数の小さい部分に分ける。
    「総合」自分の思想をある順序に従って導くのがよい。最も単純で最も容易なものから始めて、次々と階段を上るようにして、複雑なものの認識へと進がよい。それ自体としてはお互いに何の順序もないものでも、ある考えに基づいて順序正しく配列するがよい。
    「枚挙」何お見落としもなかったと確信できるくらいに完全な枚挙と、全体にわたる再吟味をしなければならない。

    ある問題についての本を書くには、その問題に関係した話を約100個集める。一冊あたりは原稿用紙300枚。一つの話題あたり原稿用紙3枚。この断片を蓄積する。

  • とても簡潔にまとまった良書。真に本質をとらえた論述というのはシンプルになるというものを体現していると思う。
    「アイデアは既存の要素の組み合わせ」という前提は、デイル・ドーテンの「仕事は楽しいかね」で述べられた一説を思い出させる。
    自分はデザイン思考やイノベーションマネジメントを学ぶ中で、自分自身のキャリア形成などの論述などにも触れながら、自分自身が社会に対して新しい価値を作り出していくために「洞察、考察、行動」の3段階が必要なのだと考えるようになった。
    これは、デザイン思考的な観察だけでなく、「イノベーション思考の本棚」にあったように例えばドラッカーなどの著名な人物がどのようにして世界の行く末を垣間見ていたのかという所に通じる。ドラッカーは、その生涯の中で経済学だけでなく歴史や美術など自身の専門とは別の勉強を行っていたという。そういった分野の垣根を越えた知識(情報)の習得は、そのあとの考察のベースとなるものである。また洞察における読書や勉強、新聞やニュースを読むなどの行為はすべて情報を取得しているにすぎず、そこから自分としてどのような考察を行うのか、というところが自分の「知識」となる要所であり、そのあとの行動、つまり実際的なアウトプットの前段となると考えている。
    本書は、まさにそのような私の洞察に沿う形でさらに視点を加える形で簡潔にその原理をまとめているように感じた。まさに「一生私を離さない本」であると思う。

  • 一時間で読めて、一生私を離さない本になりました。

  • すでに自分でもやってることでしたが、名著とされるまで一般的なことだと思わず嬉しいです。

  • 図書館で借りてきて、読みました。解説を読んで、前半部分が理解できました。本を読んだだけではダメですね。実践すべし!

  • 広告業界で大活躍した著者の、アイディア出しのエッセンス大公開~!本文はたった50ページ程度やけど、水増し一切なしのえらく中身の詰まった濃縮還元な本。

    他のアイディア本はこの派生ちゃうか?てくらいの普遍的な内容。初版1965年なので、みんなどこかでこの本参考にしとるんやろね w アイディアは既存の引き出しの組み合わせで生まれるもんなので、大事なのは良く学び、良く遊べ!で、あとは自分の脳を信じて熟成させましょう、と。

    ちなみに、個人的にアイディア降って来る率が一番高いのは、風呂場でアタマ洗ってる時(-_-)

  • 原書が書かれたのは50年前ですが、今読んでも新鮮さを失わないのはそれだけ内容が本質を突いているからだと思います。

    誰でも欲しいと思っているアイデアの生み方を5ステップで記録しています。読んでみるとごく当たり前のことではありますが、今まで何かアイデアを生もうとした際に、第一段階ですらしっかりやったかと言われますとお恥ずかしい限りです。

    この方法を提示した所でほとんどの人が出来ないと思うと作者も書いていますが、せめて作者の期待をいい意味で裏切れるよう努力していきたいと思います。

  • ジェームス・W・ヤング氏による本文は良かったが、それと同等に感銘を受けたのが竹内均氏による解説。

    「…方法論や道具に凝ることなく、直ちに仕事を始めよということである。(中略)①好きなことをやり、②それで食べることができ、③その上それが他人のためにもいささかの役にたった人生が自己実現の人生であり、理想の人生である」(竹内均氏による解説からの引用)

    全くその通りだと思う。

  • 広告業界で有名な本ということで、読んでみました。
    1時間もかからず読み終えることができました。

    大学時代にゼミの指導教官から同じことを言われましたが、すっかり失念していました・・・。
    二度と忘れないように簡単にまとめておきます。

    この本で定義しているアイデアとは既存の要素の新しい組み合わせである。

    良いアイデアを生み出すためのステップとしては、

    1:関連資料を集める
    2:頭の中で組み合わせを考える
    3:一回頭の中から忘れる
    4:アイデアをつかまえる準備をしておく
    5:アイデアをブラッシュアップする

    となる。

    一番、難しいの関連資料の集め方。
    「サービスの強み」「類似・競合サービス」「ターゲットユーザ」を抑えることが重要。
    言葉にするととても簡単だけど、意外とできていないような気がします。
    忘れないようにしたいと思います。

  • イタリアの社会学者パレートの心理と社会によると、この世界の全人間は二つの主要なタイプに大別できる、スペキュラトゥール投機的及びランチェ株主。一方は、新しい組み合わせの可能性につねに夢中になっている、もう一方は、型にはまった、着実にものごとをやる、想像力に乏しい、保守的な人間で、投機的な人々によって操られる側。

    アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。

    事実と事実の間の関連性を探ろうとする心の習性がアイデア作成には最も大切なもの。

    以上抜粋終了。

    とにかく資料集めから始まる、事を忘れないでおこう。

    それとカード索引法について調べてみよう。

  • 1.資料あつめ-諸君の当面の課題のための資料と一般的知識の貯蔵をたえず豊富にすることから生まれる資料と

    2.諸君の心の中でこれらの資料に手を加えること。

    3.ふ化段階。ここでは諸君は意識の外で何かが自分で組み合わせの仕事をやるのにまかせる。

    4.アイデアの実際上の誕生。<ユーレカ!分かった!みつけた!>という段階そして

    5.現実の有用性に合致させるために最終的にアイデアを具体化し、展開させる段階。

  • もはや古典的良書というべき一冊ですが、やはり素晴らしいです。
    1時間もかからずに読める本でありながらその内容の充実っぷりたら!
    よくぞこれだけ簡潔に、本質を語っていると感激の一冊です。

  • こんなに薄いのにその何倍もの内容の濃さ
    確かにずっと大切に読みたい一冊である

  • アイデアとは、対象についての情報と、既存の一般的な知識との組み合わせによって生まれる。知ってた。けど、多分元ネタがこれ。

  • アイデア出しのベース。てか、いつもやってることでもある。

全687件中 1 - 25件を表示

アイデアのつくり方に関連するまとめ

アイデアのつくり方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイデアのつくり方を本棚に「積読」で登録しているひと

アイデアのつくり方の作品紹介

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

ツイートする