くらべる東西

  • 302人登録
  • 3.40評価
    • (8)
    • (31)
    • (38)
    • (8)
    • (2)
  • 42レビュー
制作 : 山出 高士 
  • 東京書籍 (2016年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487810338

くらべる東西の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同じ対象物を関東・関西での違いを
    写真と詳しい解説で比較しているとても興味深い1冊!
    銭湯、ぜんざい、タクシー、タマゴサンド
    こんな風に違うんだ!!と感嘆しつつ
    関西在住の私が 日ごろ関東発祥の物を食べたり、
    目にしたりすることが多いんだなぁと気づきました。

  • こういうの大好き!!

    東西の違いはなくなりつつあるようだけれど、
    東西に限らず、その地域の特徴は
    残すべき!だよなぁと思う。

    旅先で見慣れた看板を見かけると
    ちょっと安心したりもすることもあったりするんだけど。

    関西で生まれて育って、
    家族もみんな西の人な私は、
    さすがに西の文化に馴染んでいたのだと今さら思った。

    当たり前なんだけど、面白い。

    ただ、母の作るたまごサンドイッチは東の文化だった。
    なんでだろう、
    母はどこで覚えたんだろう。今度聞いてみようっと。
    私は当然、母から習ったように東のサンドイッチなんだよなぁ。

    娘もサンドイッチ見て、「おお!うちのは東やんかぁ」と言ってた。

    あと、線香花火。これは西のほうが圧倒的に長持ちなんだよねぇ



    楽しかった!!

  • 東西両方に住んだ経験があり、
    わかっているつもりだったけれど、
    意外にも知らなかったことがたくさん。

    写真も美しく、眺めていても
    愉しめる。異文化発見本!

  • 桜餅やねぎ(の使い方)の違いは知っていたが、座布団やぜんざい、線香花火の違いは知らなかった!違うんだ!

    金封の違いなど写真を見て最初「あーこれは同じなんだー」と思ったくらい些細な違い。もはや間違い探しレベル。

  • これだけ画像で見せられると、納得の東西の違い。
    え、こんなところにも違いが?の発見が楽しい。
    桜餅は知っていても、扇子の違いは知らなかった。
    日本って本当に広くて奥深いなぁと、しみじみしちゃう。
    その違いの成り立ちも興味深い。
    文章も簡潔で丁寧、かつわかりやすい。
    何度でも眺めてみたくなる一冊です。

  • 広島で生まれ、20歳前からは関東での暮らしが多い私ですが、ぼ~~として生きてるせいか、著者のような鋭い観察眼がなかったです。おかべたかし・文&山出高士・写真「くらべる東西」、2016.6発行です。34組が写真付きで解説されています。あっそうかって思ったいくつかを例示しますと、①いなり寿司(俵・東vs三角・西)②銭湯(湯船が奥vs中央)③タマゴサンド(ゆで卵vs玉子焼き)④ちらし寿司(生の魚介類使用vs使用せず)⑤ねぎ(白vs青)⑥のれん(上の辺が輪っか状vs袋状)⑦ひな人形(ぱっちりした目vs切れ長の目)

  • 「東」と「西」で違うもの、それぞれの写真と簡単な説明が載っています。
    たとえば、おでんは「東」の出汁は黒く濃く、「西」は白く薄い、というように。
    他にも、"屋根(瓦葺か茅葺か)"や"銭湯(浴槽が壁際か中央か)"、"関所(箱根と逢坂)"など様々なジャンルにわたっています。
    「ふーん」と読むのにはいいかもしれませんが、「なぜ差が生じているのか」という部分についての考察は少なく(写真集に近いものなので当然ですが)、「トリビア」としてため込むには少し物足りないかもしれません。

    落語家(上方では「膝隠し」と「見台」があり、江戸落語は座布団だけ)の東西の違いは知らなかったですし、最近facebook でよく見る「桂三輝」さんが上方落語の流れを汲んでいる人なのだな、とわかったのは収穫のような気もします。

  • 2017/09/03読了



    本屋で見て気になっていた本。
    今では大きな違いというものも少なくなっているようだが
    東西によっての違いは色々あるみたいで。
    食べ物や民芸品には今でも大きな差が見られるけども
    それ以外の、ネコ、ナベ、関、建築、
    なんかにも小さな違いがあるとは。
    写真もきれいでビジュアルブックとして眺めるのも面白い。
    現代民俗学というのかな

  • これは面白い。違いにも理由があるのがまた面白い。東西で出身地がわかれる我が夫婦には必読書だった

  • こんなに東西は違うけど、西に行く機会がないからよくわからない

全42件中 1 - 10件を表示

おかべたかしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

くらべる東西を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くらべる東西を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くらべる東西を本棚に「積読」で登録しているひと

くらべる東西の作品紹介

関東と関西の文化、食べ物、日常生活、習慣、風景…日頃感じるなんか違う…というもやもや感。
「桜餅」「湯船」「タクシー」から「座布団」「縄文土器」まで、そんな34の違いを写真で比べました。
東西あるあるの決定版!

くらべる東西のKindle版

ツイートする