くらべる東西

  • 291人登録
  • 3.42評価
    • (8)
    • (30)
    • (37)
    • (7)
    • (2)
  • 40レビュー
制作 : 山出 高士 
  • 東京書籍 (2016年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784487810338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

くらべる東西の感想・レビュー・書評

  • 同じ対象物を関東・関西での違いを
    写真と詳しい解説で比較しているとても興味深い1冊!
    銭湯、ぜんざい、タクシー、タマゴサンド
    こんな風に違うんだ!!と感嘆しつつ
    関西在住の私が 日ごろ関東発祥の物を食べたり、
    目にしたりすることが多いんだなぁと気づきました。

  • こういうの大好き!!

    東西の違いはなくなりつつあるようだけれど、
    東西に限らず、その地域の特徴は
    残すべき!だよなぁと思う。

    旅先で見慣れた看板を見かけると
    ちょっと安心したりもすることもあったりするんだけど。

    関西で生まれて育って、
    家族もみんな西の人な私は、
    さすがに西の文化に馴染んでいたのだと今さら思った。

    当たり前なんだけど、面白い。

    ただ、母の作るたまごサンドイッチは東の文化だった。
    なんでだろう、
    母はどこで覚えたんだろう。今度聞いてみようっと。
    私は当然、母から習ったように東のサンドイッチなんだよなぁ。

    娘もサンドイッチ見て、「おお!うちのは東やんかぁ」と言ってた。

    あと、線香花火。これは西のほうが圧倒的に長持ちなんだよねぇ



    楽しかった!!

  • これだけ画像で見せられると、納得の東西の違い。
    え、こんなところにも違いが?の発見が楽しい。
    桜餅は知っていても、扇子の違いは知らなかった。
    日本って本当に広くて奥深いなぁと、しみじみしちゃう。
    その違いの成り立ちも興味深い。
    文章も簡潔で丁寧、かつわかりやすい。
    何度でも眺めてみたくなる一冊です。

  • 広島で生まれ、20歳前からは関東での暮らしが多い私ですが、ぼ~~として生きてるせいか、著者のような鋭い観察眼がなかったです。おかべたかし・文&山出高士・写真「くらべる東西」、2016.6発行です。34組が写真付きで解説されています。あっそうかって思ったいくつかを例示しますと、①いなり寿司(俵・東vs三角・西)②銭湯(湯船が奥vs中央)③タマゴサンド(ゆで卵vs玉子焼き)④ちらし寿司(生の魚介類使用vs使用せず)⑤ねぎ(白vs青)⑥のれん(上の辺が輪っか状vs袋状)⑦ひな人形(ぱっちりした目vs切れ長の目)

  • 「東」と「西」で違うもの、それぞれの写真と簡単な説明が載っています。
    たとえば、おでんは「東」の出汁は黒く濃く、「西」は白く薄い、というように。
    他にも、"屋根(瓦葺か茅葺か)"や"銭湯(浴槽が壁際か中央か)"、"関所(箱根と逢坂)"など様々なジャンルにわたっています。
    「ふーん」と読むのにはいいかもしれませんが、「なぜ差が生じているのか」という部分についての考察は少なく(写真集に近いものなので当然ですが)、「トリビア」としてため込むには少し物足りないかもしれません。

    落語家(上方では「膝隠し」と「見台」があり、江戸落語は座布団だけ)の東西の違いは知らなかったですし、最近facebook でよく見る「桂三輝」さんが上方落語の流れを汲んでいる人なのだな、とわかったのは収穫のような気もします。

  • 2017/09/03読了



    本屋で見て気になっていた本。
    今では大きな違いというものも少なくなっているようだが
    東西によっての違いは色々あるみたいで。
    食べ物や民芸品には今でも大きな差が見られるけども
    それ以外の、ネコ、ナベ、関、建築、
    なんかにも小さな違いがあるとは。
    写真もきれいでビジュアルブックとして眺めるのも面白い。
    現代民俗学というのかな

  • これは面白い。違いにも理由があるのがまた面白い。東西で出身地がわかれる我が夫婦には必読書だった

  • こんなに東西は違うけど、西に行く機会がないからよくわからない

  • 2017.7.1市立図書館
    シリーズの「昭和vs平成」がおもしろかったので借りてみた芋蔓式読書。同じ日本、狭い日本と思っていても、東と西で違うもの、意外とたくさんあるものだ。桜餅、かるた、ネギなどよく知られているものもあるけれど、座布団の綴じ糸なはじめて知るものもあった。大人から子どもまで、その人なりのレベルでたのしめるし、日本語教育の教材としても使えそう。

  • 両方知っているので面白い。
    東京人だけれど、どちらもいい。

  •  今に西のみが主体になってしまう時が来そうで怖い。

     東には東、西には西の良いところをもっともっと掘り下げてみたくなる。

  • 同じものでも、東と西でこんなにも違うものだと感じた。そこには文化の違いなども感じられた。いなり寿司は、西では三角型になっていたり、ちらし寿司は、東では刺身を使うのに対し、西では生の魚は使わず、火を通した魚が使われていたり、桜餅や消防紋章や座布団や駒の違いなど、なるほどなと、文化の違いが見え隠れしていて面白かった。

  • みんなで眺めながら会話すると楽しい本です
    自分は、西の人なので、納得することも多かったです

    ●バスを降りるときは、運転手さんにありがとうを言いたいです!
    ●卵サンドは、この辺もゆで卵だよなー?と思っていたけど、最近入った喫茶店のサンドは、焼いたものでした(^^;ホカホカで美味しかった
    ●線香花火は、わらで横を向けて点火??馴染みないかも

    カメラマンのコラムが面白い 工夫して撮ってるんですね!もっと読みたいな(^^)

  • 昨年度生徒さんと一番盛り上がれた本がコレ!
    ほぼ関西人である私たちが、ページをめくりながら話には花が咲きました!この本をネタにコミュ力アップ出来ること間違いなし!

  • 時間を持て余した時にでも、パラパラ見て読んでると面白く、へぇ~そうなんだと思う。表紙にもなっているお風呂の件など、生活習慣に繋がってくる物も面白かったので、生活習慣についての違いが書いてある本も読んでみたい。

  • 大阪生まれですので すべて西の写真が 「普通」 または「 懐かしい」 と感じるものでした でも どんどん東西の 区別がなくなってきてるから 違和感は薄れていくんでしょうね 34しか載ってないのが 残念なくらい もっと さがせばあると思う

  • ずーっと関西圏に住んでいるのに、和菓子と雛人形以外は東に馴染みがあるのは、どうしてなんだろう(^_^;)?我が家が東文化なのか?それとも街ぐるみで東文化?はたまたメディアと流通の発達によって、地域差が無くなった状態なのか?謎は深まるばかり( ̄~ ̄;)

  • 古今東西と言うけれど東と西の比較は面白い。それぞれの背景があって考えさせられる。

  • いなりずしや桜餅、ぜんざいの違いにびっくり。
    東のは見たことないのも多いなあ…いや、確かに俵型のいなりずしを見たこともあったけど、てっきり潰れているのかと…。

  • 東と西で異なる文化を、写真と文で紹介した本。
    まずどーんと東と西それぞれのものが紹介されており、「何が違うん?」と間違い探しのように写真を眺めるのも楽しい。
    ほとんどが初めて知ったことばかりで「ふーん!そうなんや!」と面白かった。
    また、その違いを生んだ理由まで書かれているのが興味深かった。
    わたし自身は西に生まれ西に育つが、慣れ親しんでいるのは東の文化だな、というものもあり。
    多様性がなくなってきているのか。
    でもやはり昔からの文化の違いって素敵。
    色々な文化を大切にしていきたいと、そんな気持ちになった。
    シリーズ本みたいなので、他の本も読んでみたい。

  • 銭湯やタクシーといった身の回りにあるものの東と西の違いが全て写真付きで紹介されている一冊。目新しい違いはあまり多くなかったが、流通が発達し、情報伝達の速度も早くなっている現代においてもなお、地域によって異なる文化があるというのは素晴らしいことであり、守っていかなくてはいけない伝統なのだと感じた。読了後、大阪に本社があるスシローに行った。いなり寿司はしっかりと“西”の形をしていて少し嬉しい気持ちになれた。

  • 東西で違うものに光を当てた。おいなりさん、狛犬の尻尾、ネギ、銭湯

  •  同じ日本でありながらずいぶん違う対象としてよく取り上げられるのが関東と関西。関西の人はお金の話が好き、ボケとつっこみが好き。それに対して関東の人は一見すると冷たくお高く留まって見える、電車の中が静か(おばさまは東西を問わず例外だ)と言っただけでも違いがある。


     そんな東西の違いを写真で表現したのが今回の本だ。長年の歴史がそうさせたのか、違いがあるある。そんなことを言うと京都の人に怒られるか。「伝統と歴史のある京都と一緒にせんといてくれへんか」なんてね。


     玉子焼き器一つとってみても違いある。東は正方形で西は長方形。料理本の多くがなぜか知らないが西の玉子焼き器を使っているために、多くの海底で使われている玉子焼き器は西型だそうだ。


     猫にも違いがある。カギ形のしっぽが多いのが東のネコで、真っすぐな形のしっぽが多いのが西のネコ。不思議なものだ。


     東西の違いについて夜の時間が長くなっている秋にこの本をパラパラめくりながら知るのもいいかなとふと思った。

  • 328

    2016年では108冊

全40件中 1 - 25件を表示

くらべる東西を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くらべる東西を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くらべる東西を本棚に「積読」で登録しているひと

くらべる東西の作品紹介

関東と関西の文化、食べ物、日常生活、習慣、風景…日頃感じるなんか違う…というもやもや感。
「桜餅」「湯船」「タクシー」から「座布団」「縄文土器」まで、そんな34の違いを写真で比べました。
東西あるあるの決定版!

くらべる東西のKindle版

ツイートする