王とサーカス

  • 2540人登録
  • 3.84評価
    • (210)
    • (450)
    • (274)
    • (33)
    • (10)
  • 410レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488027513

王とサーカスの感想・レビュー・書評

  • ベルーフ(大刀洗)シリーズ
    新聞社を辞めた太刀洗万智はフリーとなり、海外旅行特集の取材のためネパールに。まもなく、ネパール王族殺人事件(ナラヤヒンティ王宮事件)が起こる。情報を集めようと取材を開始するが、彼女と会った王宮警備の軍人が何者かに殺害される・・・
    実際に起こった事件が舞台となっていることに途中まで気付かず、当初は真相を暴くミステリーかと思っていた。ジャーナリズムの正義とは何なのか?マスコミは誰のために何を伝えるのか?ミステリー仕立てに進むが、オチというか動機はいい意味で裏切られた。

  • 大刀洗万智のフリー記者としての初仕事であり、取材すること報道することに対する意味を見つけていくネパールでの事件。ネパール王族殺害事件を題材にとりながら、それ以外のネパールの国情、そして報道による影響といった重いテーマを思いがけない事件の真相としてエンターテインメントにしている。
    17-75

  • 記者 太刀洗万智がネパールに訪れた際に遭遇した王宮虐殺事件に端を発した事件の情報源と思われる人物の謎の死の真相を追っていき、謎の死が起きた背景に太刀洗が徐々に迫っていき、記者として王宮事件と謎の死の絡みをどう正確に伝えつつ、やがて謎の死の真相にもたどり着いたときに太刀洗が事件の真相の背後にあったものを目の当たりにして何を感じたかという物語で、なかなか面白い展開で、あっという間に読了したような感じでした。
    なかなか面白いシリーズものになるのではないか?と思います!

  • 読んで損はなし。

  • 読了後すぐの感想は、重い。
    読後感はあんまり良くなかったけど、折に触れてシーンや台詞を思い出す。
    サガルが突きつけた現実は答えのない問いで、これから何度も思い出しては考えることになるだろうなと思った。

  • 上から目線で申し訳無ですが、腕を上げたなと思った。最初はノンフィクションか?と考えてしまい、王族の殺人事件なんて小説だとしてもその様な内容を書いて世に出してしまって良いものかと少しハラハラしてしまう。

    フリーのライターがネパール滞在中に王族の殺人事件が起こり、不可解な事件に巻き込まれる。王族の殺人事件との関わりは?ミステリー。

    もう20年も前になるか、私もネパールに遊びに行ったことがあり、その風景を思い出したり、今はどんな風に変わっているのかな、など空想しながら読む。

  • 「このミステリーがすごい」2016年度第1位。前年「満願」に続く2連覇は日本人作家として初。米澤氏を名実ともにトップミステリ作家へ押し上げた記念作と言えよう。

    結論から言えば大傑作であり、氏の創作の歴史の現時点での集大成とも感じられた。このミス1位に文句はつけれれない。

    読み始める前に、ある情報を得ていた。今作の主人公フリージャーナリストの太刀洗万智が初めて世に出た「さよなら妖精」が、wikiによると氏の知名度を上げた「古典部シリーズ」の完結編として構想されていた、ということ。これには驚くとともに納得もしたのだ。

    「古典部」で描かれる青春の煌きと「さよなら妖精」の青春の挫折は、相容れないながらも、その存在は表裏一体であり反転しうるモノであると考える。奉太郎の進化形とも、千反田の進化形とも思える「太刀洗」が10年以上の時を経て、どのような存在感を持って読者の前に現われたのか?個人的注視ポイントである。

    物語の背景には「ネパール王族殺害事件」というセンセーショナル直下の、2001年のカトマンズが選ばれた。フリージャーナリストとして「取材」という行為を通して事件に臨む太刀洗の前に、新たな殺人事件が発生し・・・

    多くの登場人物がいるわけでもなく、適切な個性と適切な伏線が微妙に絡まり、読了してから「散らされたヒント」にも気づく。ミステリとしての構成は米澤氏が守り続けている本格派と言える。僅かな時間の中で太刀洗が辿り着いた真相は、読者をも唸らせ、ヒロイン太刀洗にとっても痛切なものであった。

    今作が優れていると思える点は、より一層洗練されたミステリ構造や伏線等でなく、ジャーナリスト太刀洗が苦悩し、何度も反芻する「ジャーナリズム」について、大きくページを割き、彼女の行動と心象を常に「ジャーナリストとしての自分の行動原理」に照らし合わせて、読者に語りかけている点である。と思う。

    米澤氏の今まで見られなかった社会派としての側面が、異邦の地での物語と融合し開花したと思える。ヒロイン太刀洗の人物造詣が、古典部の発展形として生まれた「さよなら妖精」を出自としていることからも、米澤氏の中で、どのような紆余曲折を経て編み出されたのか?興味深く思う。

    太刀洗万智は米澤氏の新たなシリーズの主人公であり、次作短編集­「真実の10メートル手前」は上梓されている。これも非常に楽しみである。

    ますます活動が幅広くなる米澤氏であるが「小市民シリーズ」の完結を最も待ち望んでいる。

  • ジャーナリズムとは?を横糸に、ネパール王室で起きた乱射事件を背景に、緊迫したストーリーが続く。

  • ネパール王族の惨劇、不可解な軍人の放置死体、そしてその背中に刻まれたメッセージに遭遇するフリージャーナリスト大刀洗万智。彼女をして舞台は動き出す。ミステリーとしても十分堪能でき、同時に歴史的事実とフィクションを絡め報道の意義を問う社会派小説としての面も持ち合わせる。悲劇がサーカスの見世物となって世界に晒される事実に揺れ惑う万智、真実は一つでも書き手伝え手が介在すればその数だけの事実になる。何より伝えるのは誰のため、自己満足、利権、会社であるならば伝えぬことも報道。舞台の曲芸師たちの拍手喝采が聞こえそうだ。

  • ミステリー作品として読むと謎解きなどはそれほどではないがヒューマンドラマとして読むと人間性を深くえぐるような鋭さがある。

    「満願」同様完成度は高い作品だと思いますが、もう少しエンタメ要素がある作品の方が好み。

    それでも他の作品も読んでみたいと思わせる作家です。

  • すいません。読んでいてネパールに興味がもてない。行ってみたいと思わない。

  • 国際大トリックミステリーかと思いきや
    意外と地味な展開
    元新聞記者の女性

    王族の殺人は単に背景に押し込められる
    このミス1位にしては、うーんという内容

  • 読んでいると情景が浮かんで、自分もネパールにいるような気分だった。ドキドキしながらどうなっていくんだろうって思いながら読んだ。

  • 買う前に、Amazonで書評をつらつらと読んだら、イマイチみたいな書き込みをしている方が意外に多くて心配だったけれど、読み始めればそんなの吹っ飛んだ。
    個人的にはとても面白くて、好きな作品だ。

    カトマンズの街並みや喧騒、時々出てくるチヤの味まで、読み手となるこちら側にリアリティがあって本当に現地にいるような錯覚になれた。

    史実とフィクションの掛け合いがとっても素晴らしく、結末はビター。でもこの物語の本筋はフリーのジャーナリスト 太刀洗 万智が遭遇する出来事を通して、報道する側とそれを受け取る大衆へのアンチテーゼなんだと感じる(詳細はネタばれになるので、ここでは伏せておく)
    私はこの本の14章"ハゲワシと少女"に、その全てが集約されているように思えた。

    特にここ数年、スマホの普及率やSNSの躍進によってファストフード感覚で情報を手にできて、何なら 自分から発信することも、いとも簡単に出来るようになった。
    それが当たり前になって麻痺しかけている今、物語の内容が持つ本当の意味は大きい。

  • 作品の舞台であるネパールに馴染みも興味もさほどなかったので、街や人々、習慣などの描写になかなか馴染めず読み進められるか最初は苦労したが、それを補って余りある太刀洗万智(主人公)の活躍とキャラクターにどんどん引き込まれた。

    タイトルの意味は途中(序盤に近い)に出てくるけど、すごくストンと落ちると言うか大きく納得するし、登場人物のキャラクターの濃さや裏表の描き方がとても興味をそそられる!
    作家の意図するままなのかもしれないけど犯人が何となくわかった状態で最後まで引っ張られるようにして読めた。

    太刀洗万智シリーズをどんどん読みたいなぁー。

  • ネパールで起きた国王殺害事件。
    その後起きた軍人殺人事件。
    この事件には関連があるのか?

    史実にフィクションを混ぜ込むと、それがあたかも真実の物語のように錯覚させられる。
    そういった話が書ける作家はすごいと思う。
    太刀洗万智のことはすっかり忘れていたけれど、単独の話として、読んでいてとてもいい時間を過ごせた。
    淡々と書かれているが、物語に引込まれて読んだ。

  • 「さよなら妖精」は読んだのだけれどほとんど記憶が薄れ…大刀洗マチについてもすっかり忘れていました~。
    でもそれはそれとして結構楽しめました。
    やっぱり米澤穂信の文章は読みやすいなぁ。
    そして程よくミステリー。実は本格?というようなネタでした。

  • ネパールに旅行記事の取材に来たフリー駆け出し女性記者。滞在中にネパール王家の殺害事件とその取材中に変死体に遭遇する。ミステリーを軸に記者とは何かを問う。

    悲劇をエンターテイメントにして生活の糧にする記者。知は尊い、真実を伝える義務、知る権利などと言いつつ、結局悲劇はサーカスの出し物のように観衆への見世物になってしまう。

  • 太刀洗の海外での初めての仕事となった事件。

    ネパール滞在中に国王が殺される。
    混とんとした状況にに巻き込まれる太刀洗。
    ジャーナリストとしては大きな事件に
    偶然にも居合わせるというのは
    ある意味「おいしい」のだろうか。
    「もってる」のだろうか。

    この大きな事件の真相に太刀洗は近づけるのか。。
    と思ったら、まったく違うところに真実が!!!

    人は簡単に出せる答えに
    飛びつきそうになるが
    太刀洗が
    冷静に、冷静にと言い聞かせながら
    真実を追う姿に迫るものがあった。

    しかし、一方で何故伝えるのか、
    伝えることは誰のためなのか、
    考えさせられることは多くあった。

    後半からのストーリー展開の加速していく感じが気持ちよかった。

    私的には
    古典部シリーズファン。

  • 報道を聞く際の考え方を改めさせられる話でした。
    ミステリー小説としても非常に面白かったです。

  • 内容など何も知らず、読んでみたかったので読み始め外国が舞台だとわかり少し躊躇。
    カタカナが苦手で(^^;
    しかし、特に後半は引き込まれました。
    最後は、ひとひねりあって少しせつなくもありました。

  • 展開が上手い。引き込まれて読んだ。
    「多分こういうことだろうな」という想像の元、順当に色々と明らかになっていくのだけれど、最後に一捻りある。思わぬところから銃口を向けられていたのだと、気づいた瞬間少しゾワっとくる。
    面白かった!

  • 読みごたえありますね。インシテミルは誰かのパクリ小説で物足りなかったですが。他の著書も読みたくなりました。

  • ネパールに興味でた

全410件中 1 - 25件を表示

王とサーカスに関連する談話室の質問

王とサーカスに関連するまとめ

王とサーカスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王とサーカスを本棚に「積読」で登録しているひと

王とサーカスのKindle版

ツイートする