王とサーカス

  • 2743人登録
  • 3.83評価
    • (218)
    • (502)
    • (299)
    • (36)
    • (10)
  • 439レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488027513

王とサーカスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台設定がすごい!
    ネパール、カトマンズ。王族殺人事件。
    最初は創作の世界のお話だと思っていたら、実際にこんな事件があったなんて。それだけでも驚き。
    目の付けどころが違うな~。

    外国の王族殺人事件を題材にするなんて大風呂敷広げちゃって大丈夫?なんてのは全くの杞憂だった。
    当たり前と言えば当たり前なんだけれど、それはあくまでも本筋へのトリガーであって王族事件の真相を解明するわけではないのね(^_^;)

    ミステリーとしては割とシンプルなストーリーでオチも想像がつく。しかし舞台設定も面白いし、日本人にはなじみのない国の世界情勢、ジャーナリズムのあり方など色んな角度から考えさせられて奥の深い作品になっている。

    初読みの作家さんだったけれど、面白かった!
    話題作となった「満願」をはじめ他の作品も是非読んでみたい。

  • 買う前に、Amazonで書評をつらつらと読んだら、イマイチみたいな書き込みをしている方が意外に多くて心配だったけれど、読み始めればそんなの吹っ飛んだ。
    個人的にはとても面白くて、好きな作品だ。

    カトマンズの街並みや喧騒、時々出てくるチヤの味まで、読み手となるこちら側にリアリティがあって本当に現地にいるような錯覚になれた。

    史実とフィクションの掛け合いがとっても素晴らしく、結末はビター。でもこの物語の本筋はフリーのジャーナリスト 太刀洗 万智が遭遇する出来事を通して、報道する側とそれを受け取る大衆へのアンチテーゼなんだと感じる(詳細はネタばれになるので、ここでは伏せておく)
    私はこの本の14章"ハゲワシと少女"に、その全てが集約されているように思えた。

    特にここ数年、スマホの普及率やSNSの躍進によってファストフード感覚で情報を手にできて、何なら 自分から発信することも、いとも簡単に出来るようになった。
    それが当たり前になって麻痺しかけている今、物語の内容が持つ本当の意味は大きい。

  • ベルーフ(大刀洗)シリーズ
    新聞社を辞めた太刀洗万智はフリーとなり、海外旅行特集の取材のためネパールに。まもなく、ネパール王族殺人事件(ナラヤヒンティ王宮事件)が起こる。情報を集めようと取材を開始するが、彼女と会った王宮警備の軍人が何者かに殺害される・・・
    実際に起こった事件が舞台となっていることに途中まで気付かず、当初は真相を暴くミステリーかと思っていた。ジャーナリズムの正義とは何なのか?マスコミは誰のために何を伝えるのか?ミステリー仕立てに進むが、オチというか動機はいい意味で裏切られた。

  • 「このミステリーがすごい」2016年度第1位。前年「満願」に続く2連覇は日本人作家として初。米澤氏を名実ともにトップミステリ作家へ押し上げた記念作と言えよう。

    結論から言えば大傑作であり、氏の創作の歴史の現時点での集大成とも感じられた。このミス1位に文句はつけれれない。

    読み始める前に、ある情報を得ていた。今作の主人公フリージャーナリストの太刀洗万智が初めて世に出た「さよなら妖精」が、wikiによると氏の知名度を上げた「古典部シリーズ」の完結編として構想されていた、ということ。これには驚くとともに納得もしたのだ。

    「古典部」で描かれる青春の煌きと「さよなら妖精」の青春の挫折は、相容れないながらも、その存在は表裏一体であり反転しうるモノであると考える。奉太郎の進化形とも、千反田の進化形とも思える「太刀洗」が10年以上の時を経て、どのような存在感を持って読者の前に現われたのか?個人的注視ポイントである。

    物語の背景には「ネパール王族殺害事件」というセンセーショナル直下の、2001年のカトマンズが選ばれた。フリージャーナリストとして「取材」という行為を通して事件に臨む太刀洗の前に、新たな殺人事件が発生し・・・

    多くの登場人物がいるわけでもなく、適切な個性と適切な伏線が微妙に絡まり、読了してから「散らされたヒント」にも気づく。ミステリとしての構成は米澤氏が守り続けている本格派と言える。僅かな時間の中で太刀洗が辿り着いた真相は、読者をも唸らせ、ヒロイン太刀洗にとっても痛切なものであった。

    今作が優れていると思える点は、より一層洗練されたミステリ構造や伏線等でなく、ジャーナリスト太刀洗が苦悩し、何度も反芻する「ジャーナリズム」について、大きくページを割き、彼女の行動と心象を常に「ジャーナリストとしての自分の行動原理」に照らし合わせて、読者に語りかけている点である。と思う。

    米澤氏の今まで見られなかった社会派としての側面が、異邦の地での物語と融合し開花したと思える。ヒロイン太刀洗の人物造詣が、古典部の発展形として生まれた「さよなら妖精」を出自としていることからも、米澤氏の中で、どのような紆余曲折を経て編み出されたのか?興味深く思う。

    太刀洗万智は米澤氏の新たなシリーズの主人公であり、次作短編集­「真実の10メートル手前」は上梓されている。これも非常に楽しみである。

    ますます活動が幅広くなる米澤氏であるが「小市民シリーズ」の完結を最も待ち望んでいる。

  • 太刀洗万智が主人公の長編。
    前年の「満願」に続き、ミステリのいろいろなランキングで1位を獲得した作品です。

    2001年。
    太刀洗万智は新聞社を辞めて、初仕事。
    海外旅行特集の取材のために、ネパールの首都カトマンズへ。
    雰囲気をつかもうというゆるいスケジュールのはずで、宿で懐いてきた少年にガイドを頼んだのだが。
    突然、王宮で国王たち王族が何人も殺害される事件が起き、あっという間に異様な空気になる。
    太刀洗は、ジャーナリストとして取材しようとするが、暴動寸前の空気と報道規制に阻まれる。
    そして、取材しようとした関係者に事件が‥!

    『さよなら妖精』の出来事から10年がたち、海外のことも他人事ではないと感じている万智が遭遇した、思わぬ事件。
    報道に携わる人間として、情報をどう集め、どう発信すべきなのか?
    クールで真剣なヒロイン、太刀洗万智のこれからの生き方が問われると同時に、読んでいる人へも疑問を投げかけてきます。
    実際に起きた事件を背景にしているため、重厚感も。
    鋭い切り口と壮大なテーマが新鮮で、強い印象を残します☆

  • ミステリー作品として読むと謎解きなどはそれほどではないがヒューマンドラマとして読むと人間性を深くえぐるような鋭さがある。

    「満願」同様完成度は高い作品だと思いますが、もう少しエンタメ要素がある作品の方が好み。

    それでも他の作品も読んでみたいと思わせる作家です。

  • 誰でも
    (自分とは何者なのか?)
    フト、わからなくなる時がある。

    ここ、カトマンズに滞在している
    日本からやってきた女。
    彼女もまた、魂が抜けた線の様なシルエットしか見えず、
    (私は前作を読んでいないので特に。)
    最初、見知らぬ女の案内で
    初めて訪れる異国を巡ってでもいるかの様な旅気分でぼんやりと、ページを捲っていた。

    そんな女の二の腕を
    いきなり掴む冷たい手。

    「おい、
     この国の王が今、死んだぞ!
     殺したのは息子で
     家族も巻き添え、
     しかも自身は自殺を図ったそうだ。」
     
    そのNEWSを聞いた途端、
    彼女の体に熱い血がどっと流れた。
    (そうだ、私はジャーナリスト!)
    我に返った彼女は
    さながら目を描き入れた仏像に魂が宿るがごとく
    自分が何者であったか?に気付いた。

    なぜ、息子は王を殺した?
    さらに、家族をも殺す必要がどこにあった?
    そして
    自分の命を立つ事情とは…

    国は必死で事実を隠蔽しようとする。
    彼女は自らの身に危険が迫りつつも
    (それでも事実を暴き、
     国民に伝えるのが私の役目。)
    と、使命に燃え、ペンを握るのだが

    「一体、それは何の為だ?
     民衆とは自分の身に降りかからぬ陰惨な事件は好物だ。  
    それは、さながらサーカスでも見るようにな。
    お前らジャーナリストは
    民衆の好奇心を満たし、その見返りでただ飯を食っているだけじゃないのか?」
    と、問う者。

    更に
    ジャーナリストの存在意義に対する否定的な正論に揺らぐ彼女。

    何の罪もない市民を無残に殺す兵士を撮った写真を世界に配信し、賞賛を受けるカメラマン。
    それで戦争の悲惨さを伝えたつもりか…
    写真一枚撮ってるヒマがあれば、人の命を救えたのではないか…

    読者はジャーナリストなんかじゃない。
    が、それは
    死刑制度の賛否を問われて
    正しい答えを導き出せぬ事と同様、
    全ての人達に隣接している真っすぐな問いかけ。

    ミステリー要素も加わり、
    深い霧の中を彷徨うような物語の中にあって、
    それでも
    彼女が一歩一歩すすむべき方向を選択し、
    歩む道の後からは、柔らかい光が追いかけている様に思えた。

    正解も間違いもないこの世界で
    <正しい>を導き出すのは
    やはり人が持つ信念なんだなぁ。

    貴重なゲラ刷りの献本、ありがとうございました!

  • 大刀洗万智のフリー記者としての初仕事であり、取材すること報道することに対する意味を見つけていくネパールでの事件。ネパール王族殺害事件を題材にとりながら、それ以外のネパールの国情、そして報道による影響といった重いテーマを思いがけない事件の真相としてエンターテインメントにしている。
    17-75

  • 記者 太刀洗万智がネパールに訪れた際に遭遇した王宮虐殺事件に端を発した事件の情報源と思われる人物の謎の死の真相を追っていき、謎の死が起きた背景に太刀洗が徐々に迫っていき、記者として王宮事件と謎の死の絡みをどう正確に伝えつつ、やがて謎の死の真相にもたどり着いたときに太刀洗が事件の真相の背後にあったものを目の当たりにして何を感じたかという物語で、なかなか面白い展開で、あっという間に読了したような感じでした。
    なかなか面白いシリーズものになるのではないか?と思います!

  • ネパール王族の惨劇、不可解な軍人の放置死体、そしてその背中に刻まれたメッセージに遭遇するフリージャーナリスト大刀洗万智。彼女をして舞台は動き出す。ミステリーとしても十分堪能でき、同時に歴史的事実とフィクションを絡め報道の意義を問う社会派小説としての面も持ち合わせる。悲劇がサーカスの見世物となって世界に晒される事実に揺れ惑う万智、真実は一つでも書き手伝え手が介在すればその数だけの事実になる。何より伝えるのは誰のため、自己満足、利権、会社であるならば伝えぬことも報道。舞台の曲芸師たちの拍手喝采が聞こえそうだ。

全439件中 1 - 10件を表示

米澤穂信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
辻村 深月
米澤 穂信
森見 登美彦
西 加奈子
恩田 陸
米澤 穂信
西 加奈子
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

王とサーカスに関連する談話室の質問

王とサーカスに関連するまとめ

王とサーカスを本棚に登録しているひと

王とサーカスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王とサーカスを本棚に「積読」で登録しているひと

王とサーカスの作品紹介

『さよなら妖精』から十年のときを経て、高校生だった太刀洗万智は、異邦でふたたび大事件に遭遇する。絶賛を浴びた『満願』をも超える、現在最注目の著者の最新最高傑作!

王とサーカスのKindle版

ツイートする