アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)

  • 302人登録
  • 3.80評価
    • (35)
    • (46)
    • (52)
    • (5)
    • (0)
  • 47レビュー
制作 : Agatha Christie  大久保 康雄 
  • 東京創元社 (2004年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488105433

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 登場人物にそれぞれ特徴があって分かりやすかったし結末にもあっと言わされた。
    物議をかもしたトリックも以前に横溝作品で味わった事があったのでアンフェアだ、と感じるようなことはなかった。

  • 初めてちゃんとしたミステリーを読んだ。
    なんと精巧なこと・・・!
    引き込まれてぐいぐい読めます

  •  ミステリーの女王、アガサクリスティの有名作。

    「1950年代のイギリス・キングスクロス駅・順序・方法・それから小さな灰色の細胞」

    クリスティ作品を彩るおなじみのキーワードがたくさん登場します。

    ミステリーに読みなれた人も、そうでない人も、ラストには予想を超える衝撃が待っていると思います。予備知識なしに、何も言わずに読んでみていただきたいです。



    「文字通りの意味ですよ。この部屋におられるみなさんは、どなたも、なにかを私に隠していらっしゃる」 かすかに抗議つぶやきがあがったので、私は手を上げてそれを制した。--- 「ごくささいな、この事件にまるでかかわりのないような、しかし、おおいに関係があるのです。みなさんは一人残らず、なにかをかくしていらっしゃる、いかがです、ちがいますか?」 彼は戦いを挑むような鋭い視線でテーブルを囲んだ人たちを眺めわたした。誰もが目を伏せた。そうだ、わたしも目を伏せたのだ。

  • 今となっては、のトリックだが、最初に考えたのはすごいことだ。

  • 大好きな一冊。

    正直、大学2年でこの本に出会ってから、これを越えるミステリーに出会ってない!
    未だに、オススメのミステリー作品は?って聞かれたら、これを挙げる。

    不朽の名作とは、こういう作品のこと。

  • ミステリーの女王、クリスティの最高傑作。人によっては、「ミステリーのトリックとしては反則だ」という人もいます。しかし、読み返してみるとなるほど納得なんだよなぁ。

  • とある本で紹介文を読み、気になったので読んでみた。

    しかしその紹介文や、あらすじ、冒頭の作者の言葉のせいで読む前から犯人が判ってしまった(本当は紹介文の時点でわかっていたが、他のもので確信した)。

    超意外な犯人
    叙述トリック
    物議を醸す

    と言われれば多分誰でもわかるだろう・・・。

    物語の初めの方で「遺産が入った」だとか「2,3やることがある」だとかいう大ヒントまで与えられてしまってはもう他に考えはうかばない。

    カロラインが犯人だったらさすがにかなり驚いたんだがなぁ・・・

    本当は「アクロイド殺し」というタイトルのものを読みたかった。

  • <ネタバレ有り>



    ++++++++++++++++++++++++++++++++



    ミステリーファンの中で一番幸せと言われている事は、ポアロシリーズを初めから読んで「アクロイド殺し」をネタバレされずに読む事、だそうで、その幸せを今噛み締めております。他作品でネタバレ踏んでしまう前に読めてよかった。あ~~そう来る??フヒッみたいな至福の読書体験ができました。
    トリックをめぐる論争が今も尽きない問題作だそうですが、私的には全然ありだと思いました。要は面白ければ何でもいい。私は終盤までポアロが偽物ではないかと疑ってたけどやっぱり違った。

  • ミステリの古典的名作、半分お勉強のつもりで読んだ。犯人に関しては、誰か知っていたので、作者の罠の張り方や、フェアな記述がされているか等に気をつけた。

    面白くは読めたが、登場人物の魅力にいまいちかけるところがある。個人的には、カロラインは好きだが・・・。
    あと、いくらなんでも、犯人は、ボワロに疑われてるのが、かなり早い段階で分かるでしょう。
    だとすれば、ポワロとの接し方があまりに間抜けではないでしょうか。

    最近歳のせいか、翻訳小説は登場人物の名前がすっきり頭に入らず読むのに苦労する。この作品ですらそうなので、もうロシア文学の大作は読めないかな。寂しい。

  • 図書館で。
    有名な話だしオチも犯人も知っていたのですが個人的にコレはナシかなあ~
    なんかこういう盲点のような展開はジャンルがもっと発達した時にこそ出て許される気がしないではありません。
    なんとなくアガサクリスティの作品ってトリックとかネタがあってそれを軸にお話を作っているような気がするんですよね。まあミステリーってのはそういうモノなのかもしれませんが。

  • あまりにも有名なので、犯人だけは知ってしまっていた。しかし、こんな有名作品を読まぬわけにもいかんろう、と半ばお勉強で読んだわけだが、いやー、おもしれー。犯人はわかってるから、いかにして犯行を遂げたか、に焦点を当てて読むことになったわけだが、それにしたって要素が重なりすぎててもうこのこんがらがった展開をどうまとめるか、気になってしょーがない。まぁ、結局は昼ドラ的なちょっと無理矢理かなって感じにまとめるんだが、僕は気にしないのでおもろかった。ジリジリ感がよかった。

  • 世界推理小説中、5本の指に数えられる古典的名作!
    とのあおり文句に期待しながら読んだ。
    一番怪しくなさそうなレイモンドが犯人じゃないかと
    予想したけど全く違ってた(笑)
    しかし、ポアロが犯人に残した最後の逃げ道が自殺とは、、
    これって「犯人はヤス」の元ネタなんだろうか。

  • 小中学生時代に読んで以来の再読。探偵小説の「意外な真相」の代表作だけに犯人を知っての初読だった。初読と同じ創元推理文庫版の新版を選択、細部の記憶がまったくなく、今回も犯人を知っての初読に限りなく近い再読となった。古典の常で、影響を受けた後継者の作品が様々な媒体で数多くあるため、細部のトリックや工夫に新鮮味が感じられないのが残念だが、黄金時代の雰囲気を味わいながら楽しく読める。ポアロの推理に説得力の欠けるところは、メインのトリックをフェアに展開することを優先した結果かなとも感じた。

  • かなり疑念の先入観で読んだため、半ばで犯人のめぼしがついてしまった。けど秋の夜長を女史の上質なミステリで至福なひと時を過ごすことができた。ああ、愛しのカロライン。あなたが心残り。

  • 論争を巻き起こしたイギリス人が可愛い。


     事件の舞台は、英国の片田舎、静かなキングズ・アボット村である。
     探偵業を引退して郊外に引っ込んだつもりのポアロだったが、なんと、隣の家で事件が起きてしまう。多量の睡眠薬を飲んだファラーズ夫人が永い眠りにつき、次には、村ではよく知られた紳士・アクロイド氏がナイフで刺し殺されてしまったのである。
     語り手は、アクロイド卿とも交際があった医師のシェパード氏で、捜査に協力しながら記録をとる。村の様子、住人情報、謎解きに役立ちそうなディテイルも盛りこまれた事件簿が作成された。
     このシェパード医師という人物が、ヘイスティングズの出番を奪うだけのことはあって、腕の良い記録者なのである。簡潔明瞭、緻密な構成で、巧みに話を進めていくので、全編を通して緊張感が持続する。

     意外な真相には、今読んでも大どんでん返しを食らってしまう。いわゆる叙述トリックの先駆け、なんて呼ばれている話だが、あまり有名になられるとまだ読んでいない人にも犯人の名前が聞こえてしまって大変だ。ほどほどにしないとな。

     となると、内容についてこれ以上は触れられないので、読んだかたがたの反応が面白いという話でも……。
     この一冊で、真剣に論争を繰り広げてしまった人たちもすごい。大の大人が、ミステリ片手に大真面目に自説をぶち上げるとは、なんて可愛いのだろう、イギリスの紳士淑女は! シャーロック・ホームズも、ロンドンではまだ生きているそうでわくわくしてしまう。アクロイド論争は、時代を微笑ましく映し出すエピソードなのだ。
     本当はフェアでもアンフェアでも、どっちだっていいじゃないかと思う、面白ければ。

     この事件の間、我が親愛なるヘイスティングズ大尉は南米にいた。大尉のファンは恋しさもひとしおなのだが、クリスティーははっきり、ヘイスティングズ大尉を「アルゼンチンに追いやった」と述べている。むごい。
     ワトスン役の大尉がいなくても、ポアロシリーズは充分に成り立つと証明されてしまった。悲しいかな、こちらの方がクリスティーオリジナルのスタイルなのか……。

  • 古典中の古典の一つ。

    典型的な「結末のインパクトが強すぎて途中の展開を覚えていない」作品。文庫本で400ページもある長編なのだが、登場人物で覚えているのはポワロと語り部と語り部の姉さんくらいのもの。あのオチを演出するためだけにこれだけの内容を書けるというのもクリスティの才能と言っていいだろう。

    ネタバレ込みのレビューなので書いてしまうが、語り部=犯人という叙述トリックが仕込まれている先駆的で代表的な作品。模倣作品が数多く出たとクリスティ自身が語っているが、完成度の高さもトップクラスと思われる。他に対して叙述作品知らないけど。トリックを知らない状態で読めば間違いなく騙されるだろう。私も騙された。

  • 流石の安定感。なんとなく感じていた違和感がラストでああそうだったのなと。前半をさらっと読み飛ばしているのでもう一度読みたいと思います。

  • まさかまさかの展開だった
    読んでいる時は、ん?と思っても読み進めてしまい、最後でそういえば、ん?って思ったもんなぁ、そうだよなぁとなった。
    過去に他の作品で拙い文章の本を多く読んでいたために、ひっかかるところもスルーして読んでしまった。
    思い込みって怖い。

  • いまでは新鮮味はないかもしれないが
    たしかに最初なら面白かっただろうと思う

  • 初めて読むのと、真相が分かってから読むのとで、違う楽しみがある作品です。発表された時に論争を巻き起こした斬新なトリックの物珍しさよりも、「1粒で2度おいしい」を可能にした、叙述の面白さこそがこの作品の真の魅力だと思います。
    いつか原文で読んでみたいものです。

  • ミステリの女王、アガサクリスティの数ある名作の中でも特に知名度の高い作品。
    アガサクリスティは、エルキュールポワロとミスマープルという二人の名探偵を世に生み出した。
    私は愛嬌たっぷりの中年ポワロのファンなので、ポワロ作品を中心に読んでいきたい。
    時折、時代を感じる単語はあるものの、文体は時代のギャップなく読める。私からすると、訳本の割にはかなり読みやすい部類かと。

    王道すぎて、有名すぎるアガサクリスティ。
    純文学ならまだしも、ミステリで古典的な年代のものを今さら読む気になれず。正直、すんごい期待してなかった。

    いい意味で期待を裏切られた。
    『このミステリーがすごい!』で1位になってた本を買うくらいなら
    さっさと素直にアガサクリスティー読んどきゃこと足りたんだな、と。
    作品一つ一つをとりあげると、他の作家のミステリーにも個性溢れる作品・秀逸な作品がある。
    一つ一つじゃ、アガサのミステリーは地味で、たいしたことない『暇つぶし』程度に感じることもあるかもしれない。
    でも、こじんまりと味のある質を保った作品(平和な暇つぶしにちょうどよい娯楽作品)を、こんなにも沢山かけた作家は、なかなかいないと思う。


    『普通にちゃんと楽しめる』ミステリを長期にわたって書き続けたアガサは、いそうでいない本物のミステリ作家だと今では思ってる。

  • クリスティの代表作という事でワクワクしながら読み始めたのに最初に挿入されていた文章が大きなヒントになって、序盤で犯人が分かってしまった。余計なもん入れるなー!!

  • アガサ作品、そして誰もとオリエントに続く三冊め。

    まさかの犯人!!
    昔の人なのにこのトリックを考えたのはすごいと思う。動かされていた椅子の謎、みんな一つずつついていた嘘...

    最初つまらないなぁと思っていましたが、90ページ越えたあたりから面白くなりました(*´ω`)

  • アガサ・クリスティーの代表作にして問題作と言われる理由が分かりました 真相との関係を匂わせる描写があちこちにあってだいぶ迷わせるし、挙げ句この人が犯人だったの!?な結末を迎えます でも本当に読み応えがあるので、丸一日潰す勢いで読んで推理すれば、すごい達成感を味わえます!

全47件中 1 - 25件を表示

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)の文庫

アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)の文庫

ツイートする