トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 大久保 康雄 
  • 東京創元社 (2017年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488114022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリック・クェ...
カーター・ディク...
ケイト・モートン
ピエール ルメー...
ケイト・モートン
フランシス・アイ...
サラ ウォーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品はタイトルが「トレント最後の事件」である。
    最後というからには少なくとも最初の事件があったはずで、探偵トレントシリーズかと思いきや、本作はベントリーのデビュー作らしい。
    シリーズだと最初から順を追ってきちんと読みたいわたしとしては、自分の作った決まりから外れるところだけれど、デビュー作らしいので十分愉しめる。

    トレントは画家で、探偵としての才能も備えている。今までも数々の事件解決に貢献してきた。金田一耕助のように風采は余り良くないが、ひとの心に入り込む好印象を与える人物だ。
    そのトレントが、アメリカ実業界の大物マンダースンが片目を撃ち抜かれた射殺体となって発見された事件を解決する。
    こういういかにも切れ物ではなく、ちょっと頼りないくらいの人物が活躍する設定が好きなので、ここまでは面白い。

    作品で扱われるのはマンダースン事件のみで、その後は全く事件は起こらない。
    事件自体はなくても、どうなるのかと気がかりな展開をする作品は多いが、それも特にない。
    マンダースン夫人が美しく知的で、誰からも好かれる人物であるため、この人物を巡って色々ありそうだと思うが、特に何もない。

    比較的早い段階から、これって何なんだと思い始めた。
    一応推理もののようだが、怪しい人物はだいたい絞られ、トレントが予想した事実も概ね想像出来た。
    そして、想像通りだった。

    作品中盤辺りから、物語が推理ものから別方向へ進み始める。そして、謎解きが始まり、やけに早く解決するなと思う。
    どこに向かっていくつもりなんだと戸惑い、若干興味が薄れながら読む。

    ラストでちょっとしたどんでん返しがある。
    しかしそれも、そうなるんじゃないかと思っていた。そのため特に衝撃も受けない。
    このどんでん返し部分が、この作品の中では盛り上がる場面だろうと思う。

    更に、最後の最後で「トレント最後の事件」というタイトルの意味がわかる。
    だから、最後なのかと。
    そこも、そんな大袈裟なと感じてしまう。

    金田一耕助もよくする事件の真実を隠しておくという、人情味溢れた大団円。
    わたしはこういう、ひとりの判断で真実に勝手に蓋をするというのが嫌いだ。
    そこが金田一耕助のやさしさで魅力だというひとも多いことはわかるが、やはり誰かに肩入れして真実を捻じ曲げるのはおかしいと感じてしまう。真実を明かしたときに、それに伴い哀しい事実が浮かび上がる悲劇と、誰かの命が失われた事実の解明は別の問題だと思う。それをごっちゃにして、無かったことにしましょうは乱暴すぎるし傲慢だ。

    この金田一耕助式大団円が本作でも起きる。
    起きると断言してはいけないだろうが、そうだろうことが文章から明らかだ。
    ということでラストも好みでない。

    帯に、“乱歩が惚れた大傑作”とある。
    これに惹かれて読みたくなったのだが、乱歩はどこに惚れたのだろう。
    美しい夫人が出てくるところだろうか。
    美しい夫人に心乱された人物の行う奇行だろうか。
    乱歩作品から感じる倒錯した醜い美というもの程でもなく、至って中庸に感じたのだけれど。

    余り好みではなかったけれど、こういう出会いもまた献本の良さなのだと思う読書だった。

全1件中 1 - 1件を表示

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)の作品紹介

アメリカ実業界の大立者がイギリスの別邸で殺害された。世間を騒がすこの大事件の解決に赴いた画家にして名探偵のトレントは、重要容疑者である、被害者の美しき妻メイベルと出会う……。「名探偵が容疑者に恋をする」大胆な展開と見事な謎解きで、英米ミステリ黄金時代の先駆けとなった傑作長編。かの江戸川乱歩が名作ベストテンに選び、翻訳を試み、自作に影響をおよぼすほど惚れこんだ本格ミステリが、新カバー&新解説で登場!

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)はこんな本です

トレント最後の事件【新版】 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする