皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)

  • 426人登録
  • 3.69評価
    • (42)
    • (64)
    • (89)
    • (5)
    • (2)
  • 61レビュー
制作 : 井上 一夫 
  • 東京創元社 (1981年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488118112

皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスティも絶賛したと言われるトリックが用いられた作品です。
    主人公格(探偵役ではない)であるイヴ・ニールが犯人でないことは、読者には分かるのだが、状況的証拠から容疑者の扱いを受けてしまいます。
    登場人物数も少なく舞台も狭いため、比較的犯人候補は絞りやすかったのですが、私には見抜くことができませんでした。
    あまり詳細には触れませんが、ストーリーに若干の偶然性が盛り込まれており、またトリックに関しては、人によってはアンフェアと捉える人もいるだろうなと感じましたが、私は十分楽しめるものだと思います。
    犯人、トリックを理解した上で、再読したい作品でした。

  • 今の時代に読んでも面白い上に騙されるって結構凄い事だと思う。

  • The Emperor's Snuff-Box(1942年、米)。
    ノン・シリーズ。カー中期の作品で心理トリックがメインの異色作。

    2度目の結婚を控えたイヴは、向かいの家で婚約者の父親が殺されたのを寝室の窓から目撃する。運の悪い偶然が重なり、彼女自身が容疑者にされてしまうが、目撃した時には前夫が寝室に忍びこんでいたために、潔白を証明することができなかった…。

    スピーディで意外な展開の連続で、読んでいて飽きない。ちょっとユルいけどチャーミングなヒロインと、彼女の騎士役を務める切れ者の探偵というベタな設定も、また良し。犯人の意外性もさることながら、偶然が重なった結果、当初の計画以上にトリッキーな事件になってしまったというところが面白い。

  • 言わずと知れた名作ミステリ。事件は一つだし、メインの謎自体もたった一つなのだけれど。まったく物足りない気はしませんでした。
    イヴを巡るサスペンスフルな展開も読みどころ。彼女がいったいどうなってしまうのかが気になって、ぐいぐい読み進みました。彼女を巡る周りの人々のねじれた人間関係の方が複雑といえば複雑、かも。事件の真相が実はとんでもなくシンプルだったことも驚愕。もちろん、いくらシンプルだと言ってもおいそれと気づけるものではありませんでした……。

  • 読み進めながら進むにつれて犯罪の不可能さが増していって「どうすんだこれ、、、」と思っていたぐらい。
    いやーーーー、やられた。笑
    なるほどと思ったしたしかに私たちにも材料は提示されているよ、、
    先にこの手のトリックを受け入れる下地はあったからなるほどですんだけれど、当時は驚天動地だっただろうなあ、、。

  • トリックにはやや無理があると感じたが,それなりのレベルの推理小説であろう.

  • ミステリーの古典の中の古典という印象で今まで手をつけなかったけど、カーの作品では王道じゃないらしい。
    主人公の女性、そして探偵役の精神科医のそれぞれの心情が、背負っている役割と奥底の心情が揺れているので心理劇としての感じが強かった。

  • ディクスン・カーの作品でも一、二を争うほど有名な一作。アガサ・クリスティもトリックを絶賛していたらしい。カーの中では異色の作品らしいが、カー作品をほとんど読んでいない自分には詳しいところは分からない。

    薄幸美人のイヴ・ニールは再婚を間近に控えていたが、ある夜、二階の寝室に居た所に前夫がやってくる。前夫と言い争っている最中、彼女は向かいの家に住んでいる婚約者の父親が殺されているのを目撃。しかもアリバイを言い出せないでいるうちに、殺人犯の濡れ衣を着せられてしまい、前夫は意識不明の重体に。絶体絶命の彼女の前に現れたのは、心理学の権威であるターモット・キンロス博士だった。

    キンロス博士が出てくるだけあって(他の作品に出てくるのかは知らないが)、本作には心理トリックが使用されている。心理トリックは、うまく使えば完全犯罪を容易に演出することができるが、使い所が難しい諸刃の剣。とはいえ、不可能犯罪の大家であるカー先生の手腕は流石のもので、自分も登場人物と一緒に見事に引っかかってしまった。

    イヴ・ニールみたいに超美人なのに男運が悪すぎる人ってのは現実にもいそうな感じがして、何とも言えない気持ちになる。以上。

  • 面白い。面白いぞコレ。物的証拠が揃ってしまったイヴ・ニール婦人をキンロス博士はどう救うのか、読み終えるのが嫌でちびちび味わってました。50年以上前に書かれた作品に新鮮に驚かされるとは。横文字の名前を憶えるのが苦手な私が、すっかり登場人物を把握できたことは、彼らの言動や心情が事細かく書かれていたからでしょうか。それにしても「打ち上げ花火みたいな女だ」ぜ!

  • 面白い!外国の作品はあまり得意ではなかったのですが、これはスラスラ読めました。次は気になっている「火刑法廷」も読みたいです。

全61件中 1 - 10件を表示

ディクスン・カーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラリー・クイー...
エラリー・クイー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

皇帝のかぎ煙草入れ (創元推理文庫 118-11)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする