犯罪 (創元推理文庫)

  • 542人登録
  • 3.73評価
    • (33)
    • (55)
    • (48)
    • (8)
    • (3)
  • 62レビュー
制作 : 酒寄 進一 
  • 東京創元社 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488186029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
横山 秀夫
ピエール ルメー...
西 加奈子
小野 不由美
米澤 穂信
又吉 直樹
フェルディナント...
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

犯罪 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 弁護士がえがく、さまざまなかたちの犯罪。
    法をすり抜けるもの、我慢の限界に達しての犯罪など人間模様とともに一つ一つの事件を紹介している。

  • 弁護士の「私」が手がけた犯罪事件を描く、短編集。
    筆者自身も弁護士であり、事実を基にして書いたというだけあって、フィクションとは思えない内容だった。

    読み手を選ぶとは思うが、犯罪行為の悲惨さよりも、人間そのものへの愛しさや哀しさが胸に残る。

    犯罪は道を踏み外して起こるのではなく、人生の延長線上にあって、誰もが通り得るものなのだ。

    他の著作もぜひ読みたい。

  • 弁護士経験も豊富な作者による、短編集。ジャンルとしてはミステリーの領域なんだろうけど、謎解きというよりは犯罪心理を主題としたような掌編集。

    誤約が多かったらしいのだが、原文を知らない(知っていても読めない)身分としては、あまり気にならなかった。それはともかくも無駄を排した怜悧な文章がいかにもドイツ人らしいなと思えた。そういう文体でも暖かいドラマは表現できるし、余韻を残すのにも適している。下手に感情豊かに歌い上げる系の文体より、こっちの方が読んでいても心地よいなぁと思った。

    短い作品ばかりなので気軽に読めるが、短いながらも小説の醍醐味を味わえる。さすが本屋さん大賞受賞作だと思った。ヨーロッパのミステリーまだまだ奥が深いなぁ

  • フェーナー氏 ☆4 
    一生愛すると誓った妻を殺めた老医師 ドイツ人ならではの堅気を感じる

    タナタ氏の茶碗 ☆5 
    面白くて一気読み 映像で見てみたい ストーリーは単純だけどスピード良く読める ドイツ人から見た日本人ってどこか不気味(又はミステリアス)なんだろうか

    チェロ ☆4.5 
    姉が事故で障碍者になった弟にチェロを弾く

    ハリネズミ ☆1 
    かしこを隠している弟が兄の裁判で巧みに兄を助ける ただただつまらなかった

    幸運 ☆2 
    カレ&イリーナ イリーナの客で腹情死したデブの男をカレが始末するだけの話

    サマータイム ☆2 
    彼女が浮気していると勘違いした貧乏青年の話

    正当防衛 ☆1 
    殺し屋が不良青年二人に絡まれ殺害するが取り調べで一言も口を利かない だからなんやねんと言った話 
    ベルリンの治安の悪さと眼鏡が保険(プライベート保険)で買えるのはわかった

    緑 ☆2.5
    動物や人が、数字に見える青年 自分は「緑」なんだそうだ(数字ちゃうんかー!ww)

    刺 ☆5 グイグイ読んだ
    美術館の警備員 本来は6週間に一度のローテンションで持ち場交代するのだが事務員のミスで23年間配置転換されなかった 展示室内全部の長さを計測したり、来館する人たちを観察したりいろいろなことをして過ごすが彫刻「刺を抜く少年」の刺が気になってから少しづつ精神が崩壊していく 最後、警備員が破壊した残骸の修復作業をする女性 彼女の机上には京都で作られた古い仏陀の頭象が微笑んでいた… このほっこりした終わり方は好きだ 

    愛情 ☆2
    好きすぎて彼女の背中の肉を切っちゃった青年 悪気はないの…ただ好きだったから…って、痛いやろがー! パリ人肉事件(ウィキで読んだ 写真が…あかん、あの顔がまだ脳内にこびりついてる…マジキモイ)がちらっと出てくる

    エチオピアの男 ☆5 
    大河ドラマのようだった 

    面白いのとそうでないのとの落差が激しい でもその落差が面白かったりする

  • 著者は弁護士としても活躍するドイツ人。実際の事件に着想を得て、異様な犯罪の機微を描いた短編集。博物館の警備員として働く男が、「棘を抜く少年」という彫刻に魂を奪われ、棘が抜けたのかどうか気になって仕方がなくなる『棘』に、私も魅入られました。最終話の『エチオピアの男』には心を揺さぶられます。犯罪に走った人々の人生に触れる本作は全体的に暗く、えぐいシーンも結構ありますが、洗練された印象。

  • 11作品の中で「棘」が印象的。

  • 誰だって魔が差すことはあるだろう。
    タイトルからクライムミステリかと読み始めたが、良い意味で違っていた。
    冒頭にもある通り、罪を犯すか犯さないかは薄氷の上にいるかのように、わずかな違いしかないのだと。
    なぜその出来事は起こったのか、一見冷めていると言えるくらい淡々と経緯が表される中に、普通に生きていた人たちへの痛みが沈んでいた。

  • 「犯罪」というタイトルに、ミステリーやサスペンスを読んだ後の重苦しさをイメージしていたのだが、まったく違った。

    この短編に登場する人々は、普通に生きる誰よりも「人らしく」生きてしまった者たちだ。
    そのはかなさや切なさ、愚かさが、なんとも愛おしく思えてくるほどだ。

    弁護士である著者のフェルディナンド・フォン・シーラッハは、あくまでも冷静に、公平に、穏やかに、犯罪を犯してしまった者たちの姿を描き出している。

    貧困、親の影響、精神のアンバランス。。。
    さまざまな理由で犯罪を犯す人々がいる。

    厳しい守秘義務があるから、すべてはシーラッハの創作であることはわかっているが、その姿のリアルさに、今でもあの犯罪者たちがドイツに実在するような気がしてしまう。

    三つの文学賞を獲ったのもうなずける。
    「犯罪」というタイトルだが、登場人物は「ただの人間」。
    実にクオリティの高い人間ドラマである。

    なお、読んでいるうちに、登場する人物の母国が非ドイツ語圏外であることに気づいた。
    それが不自然でないほどドイツに移民が多いのなら、なるほど、現在のドイツ社会の不穏な空気も理解できなくはない。

  • いろいろな犯罪のことを弁護士の「私」が語る。
    面白かった!!!

  • 誰しもが、罪を犯すかもしれない。
    昨日までの「日常」と今日の「異常」はつながっている。

  • 「エチオピアの男」の中で「ドイツの刑法は罪刑法定主義だ。罪の重さで罰せられる。自分の行為で生じた責任がどれだけ重いかが問われる。これを確定することは厄介なことだ。中世では,その行為だけをもとに罰せられていたので簡単だった。泥棒は腕を切られる。しかも常に。金銭欲から盗みを働いたのか,飢えていたからなのかは問われない。当時の罰則は数字のようなものだったのだ。…現代のドイツの刑法はもっと賢い作りになっていて,実情に対応できるが,判断ははるかに難しくなった。銀行強盗は,かならずしもつねに銀行強盗であるかは限らない。」

  • 今までに読んだことない感じのミステリーだった。
    短編集だがどの話も罪を犯す人間を描いていて、その人間が善人悪人に関わらず、何かの瞬間犯罪に走ってしまう可能性を書いていた。
    好きな話は「チェロ」「ハリネズミ」「幸運」「棘」「エチオピアの男」。
    「チェロ」は一番物悲しく美しい話だった。
    「棘」はある一点が気になり出したらそれだけしか考えられなくなりやがて侠気へと走ってしまう精神性を見事に描いていた。
    「サマータイム」のトリックはサマータイム導入国でも騙されるものなんだろうかと疑問だったけど、自分は見事に騙された。この話は唯一謎解きを楽しめる。
    「エチオピアの男」は所変われば人間こんなに変われるもんなんだなと。

  • 人が罪を犯す経緯を描いた短編集。
    なかなかへヴィな内容が淡々と語られる。魂が強い人向け。
    でも内容のわりに下品ではなく知的なので読後感はそんなに悪くない。
    これはリンゴではない。

  • 読むのを悩んでいたけど、読んで良かった。
    『エチオピアの男』は噂通りいい話で、タイトルが『犯罪』なのに、心が温まった。
    全体的には、切ない話が多いし、きっと犯罪のきっかけは、こういうものなのかも。更に切ない。
    また、しばらくしたら読もう。

  • すごい弁護士!実話に基づいてるというけど、すごい法廷ミステリーの連続!

    耐え続けた夫婦生活の最後に壊れてしまった精神、耐えてきた悲しさ。

    謎の日本人の復讐の恐ろしさ。

    異常な育てられ方をした兄妹、愛する兄が壊れてしまった絶望。異常な父が二人のことを思っていた事実。

    愚鈍を装う移民末弟が鮮やかに兄の犯罪を無罪に導く。

    愛する人が殺人を犯したと思い込み、それを背負い込む男。

    自分のために売春をしていた恋人が浮気していると思い惨殺。客が冤罪に。

    おそらくプロの殺し屋の正当防衛。

    美術館の守衛として閉じ込められたしまった男の変調。

    狂いつつある顧客は治療のアドバイスを受け入れなかった。

    銀行強盗がエチオピアで人生を発見するドラマ。

    いずれも奇談。謎は永遠に謎であり、犯罪の陰にある人間の精神の異常とそれを生んだ環境が読後重く残りました。

  • 今年、というより去年も含めて一番面白い短篇小説集でした。
    人が罪を犯すに至る過程、事件が起こった背景を、加害者の人生を辿ったりしながら、時に冷酷に、時にユーモラスに描いています。
    "私"という、作者を思わせる弁護士の述懐で11の事件がまとめられています。全体的にとても淡々とした落ち着いた文章です。
    それでいて中には本格ミステリのような話もあったり、ピカレスク小説のような話もあったり。バラエティに富んでいます。
    作者が実際に見聞きしたことが多く引用されていると思うのですが、娯楽として安心して読めるように書かれているのがすごいです。
    私が好きなのは「ハリネズミ」と「正当防衛」です。

  • 刑事事件を扱う弁護士の視点から見た11の事件の物語。事件の背景、特に容疑者の事情を細かく描写していることで、この罪をどう裁いて良いのか、裁けるのか、考えさせられる。

    作者はドイツの弁護士らしい。実話なのか実体験をベースにした創作なのか知らないが、リアリティがある。

    ミステリー要素は1編を除いてほとんどない。原文が良いのか、翻訳が良いのか、軽快に読み進められた。

  •  2012年に読書界の話題を独占した短編集として知られている本書は、1994年から刑事弁護士として活躍しているシーラッハのデビュー作である。15年間の弁護士活動の間に書き溜めたものなのか、それまで溜め込んであった事件の裏にある物語を一息に短編として書き始めたものなのかは謎だが、事件というものが持つ多様性そのままに、語られる物語も多種多様である。

     どの作品にも作者は顔を出すが、それは極めて一部である。裁判にならなければ、あるいは弁護活動を引き受けなければ作者はこれらの物語中に顔を出すことはかなわない。犯罪に関わる人間のそれまでの物語は、生きている時間の分だけ長いけれども、弁護士である「わたし」が関わるのは事件を接点にした弁護活動のわずかな断面においてのみである。

     短編作品は、行間に多くの物語が詰まった印象を残す切れ味鋭い刃物で切り取られた非常に短いパラグラフ
    で構成される。リズムとテンポよく読めるが、内容は、血のごとく濃く深い。そこに人間という多様性が呼吸をして生きてきているからである。

     『罪悪』を読んでから改めて振り返ると、本書『犯罪』の方が少しアクティブで危険な要素が強いように思う。最初の短編集ということで力が入っており、『罪悪』では少々書き慣れてきたことによるのか、肩の力が抜けて少し余裕を持ったものが多いように思う。笑いの要素であるとか、寄り道とかそういったものが。だから『犯罪』の方が、毒が強く、少し危険な要素をはらむ。

     人間の正気と狂気の間を漂いながら、弁護士という仕事を通じて、非日常の分野に長けてきた作者シーラッハは、まさに同職と人生の先輩である自殺した叔父の影響を色濃く持つ。文庫版の本書には、単行本にはない作者の序文が寄せられている。そこで語られるのが、亡き叔父の謎の死と、彼の遺した言葉「物事は込み入っていることが多い」である。確かに、多い。どの物語も込み入った事件と、込み入った顛末を扱っている。

     すべての作品に「りんご」が象徴的に登場しており、物語によっては「りんご」は作中人物たちの人生を圧倒的に変える。「込み入っている」事情の代名詞のような存在が「りんご」なのかなと思えるような、本短編集のすべての物語の共通項である。それもまた罪や人生と同じく、不思議、としか言いようがないのであるが。

  • 創作だか実話だかわからないが、不幸な犯罪の経緯を克明に語っているだけ。不思議さや意外性もないし、人間の愚かさばかり強調されて哀しくなる。物語を読む楽しみが全くない駄作。なぜ借りるのに40人も待たされたほど人気なんだろう。まあお金払ってないからいっか。

  • 苦手な短編だと知らずに・・
    が、寝る前に1章ずつ読むのも悪くない。
    弁護士である「私」が淡々と語る「犯罪」
    お気に入りは2作品。
    犯罪に至る経緯は背景、育ち、様々だけど、気になりだしたら気が狂うほど気になる・・のは何となくわかる気がしたので「棘」。
    幸せになって欲しい!と思ったほのぼのの「エチオピアの男」でした。

  • ミステリーと思って読んだので、なんだかん?とポカンとしてしまった。

  • ミステリーではあるのだが、謎解きがメインなのではなく、この罪を犯した人をどう裁くのか?はたまた裁けるのか?「裁かれるのは、罪か?正義か?」と。そんな短編11編。

  • 吉行和子、橋爪が推薦。

  • 短編だけどどれも良かった

全62件中 1 - 25件を表示

犯罪 (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

犯罪 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

犯罪 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犯罪 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

犯罪 (創元推理文庫)の作品紹介

【本屋大賞翻訳小説部門第1位】一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の末っ子。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。──魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。弁護士の著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの真実を鮮やかに描き上げた珠玉の連作短篇集。2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた傑作! 解説=松山巖

犯罪 (創元推理文庫)の単行本

ツイートする