空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

  • 3175人登録
  • 3.69評価
    • (368)
    • (438)
    • (663)
    • (70)
    • (18)
  • 453レビュー
著者 : 北村薫
  • 東京創元社 (1994年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413019

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)の感想・レビュー・書評

  • 「おれもばかだが、おまえもばかだね。
     そうやって浮世のつらさを笑い飛ばす。それが落語なんです」
    これは大好きな落語家、立川談春さんの高座で聴いた言葉。

    幼い頃たまに家族で連れ立っていく親戚の家が、まあ退屈で。
    それで、年の離れたいとこの姉ちゃんの部屋にもぐり込んで、隠れて『少女フレンド』を読むのが唯一の楽しみ。
    いまとなっては時代を感じさせる、白地にオレンジのトランプのスート柄の壁紙。そしてたくさんのぬいぐるみやファンシーグッズの数々。くまさんやうさぎちゃんに埋もれながら『はいからさんが通る』や『生徒諸君!』を読み耽る幸せ。
    まあ、表面上は「しょうがなく読んでやってる」ポーズを取っていたけど。

    北村薫さんの連作短編ミステリ『空飛ぶ馬』を読み始めた時、そんな懐かしさや若干のこそばゆさが蘇ってきた。

    主人公の女子大生「私」(あっ、この印象的な女の子の表紙イラストは高野文子さんなんだ!)と探偵役の噺家春桜亭円紫師匠との洒落たやり取りと謎解きが面白い、いわゆる「日常の謎」系ミステリ。

    しかし「日常の謎」系、などと簡単に言ってしまったが、北村薫さんの『空飛ぶ馬』こそ日本におけるこのジャンルのエポックメイキングな存在なのだろう。
    「日常の謎」というと、人が死なないミステリ=ライトで軽いミステリを想像してしまいがちだが、殺人事件がないからといって明るく楽しいばかりでもない。いや、むしろ人が生きているからこその仄暗さというものもある。

    『織部の霊』で薄ら感じた蔵の雰囲気。
    『砂糖合戦』で象徴的に引用されるマクベス。
    のどかで能天気な日常にときおり影が差す。

    『胡桃の中の鳥』では、あっと言わされた。
    それにしても円紫師匠、いや北村薫先生のやさしさ。
    つらい浮世を噛みしめながらも、それをまるごと包み込むような温かさ。
    キラキラしたお仕着せのハッピーエンドではない、不安な夜道を照らす蕎麦屋の提灯のような丸く柔らかいともしび。

    そしてそんな蕎麦屋にやられたのが『赤頭巾』。秀逸。

    学食でカレーライスを食べていたら、ふっと左の下の歯が浮くような感じになった。
    こんな「まくら」から、歯医者の待合での世間話へ。
    蕎麦屋の明るい提灯に誘われ、ふらふらと屋台へと吸い込まれる。
    コミカルな『時そば』を注文して「いま何刻だい?」なんて言おうと思ったら、店の親爺がつるりと顔をなでて「おまえさんが見たのはこれかい?」とのっぺらぼうの顔をだす。
    背筋がひんやりする転調。
    人物造形が素晴らしく、ビジュアルイメージも鮮烈で切れ味鋭い「落ち」は見事。

    表題作『空飛ぶ馬』はラストに相応しい。美しい締めくくり。

    短編どれもが粒ぞろいの逸品だが、通して読んでいっそうふくらむ豊かな作品世界。
    架空の存在であるはずの円紫師匠の襲名の縁起や芸談がとても興味深く、話(噺)をもっと聴きたくなる。
    それから今作を含め五作ある、シリーズでの「私」の成長をもっと見守りたくなる(表紙イラストの変化も気になるところ)。

    いちばんの謎はやっぱり人間。
    織部嫌いも砂糖の大量摂取もあれが無くなるのも赤頭巾の出現も。
    そして空飛ぶ馬も。
    えっ、そんな理由でわざわざ? いや、そんな理由だからこそ。

    「おれもばかだが、おまえもばかだね。
    だから浮世は面白いし、人間ってぇのは愛おしいもんだね」

  • 恥ずかしながら北村薫さんを読むのは本作が初めて。
    ミステリーと言えば、殺人事件が起きて、謎に挑む刑事ないしは探偵が出てきて…というお話を想像しますが、全然そんなことはありません。
    日常生活の中で起こり得る(起こらないけど)不思議な出来事を描き、その謎を解いていく「日常ミステリー」なんです。
    主人公は女子大生、探偵役は春桜亭円紫さんです。
    女子大生は変に女女していなくて、そこが逆にとてもリアル(北村薫は当初は覆面作家で、本物の女子大生が書いているのだと勘違いした人が続出したそう。さもありなん)。
    それに何と言っても円紫さんです。
    個人的に落語が大好きですから、この設定は堪りません。
    本筋とは関係ないですが、円紫さんの高座や落語に関して薀蓄を傾ける場面が、私としては読みどころでした。
    たとえば、「鼠穴」という演目があります(私は談志のしか聴いたことがありません)。
    田舎から兄を頼って出て来た弟が、たった3文の銭を渡されて、そこから身を立てていく噺。
    3文を6文にし、6文を12文にして…と財産を増やしていくわけですが、円紫さんは「その間にだって食べるものは食べるだろう。別に金があるなら、三文から始める必要もない」と疑問を挟みます。
    いや、言われてみれば、なるほど、その通りです。
    落語ファンには、いろいろ気付かされることが多いのではないでしょうか。
    もちろん、謎が提示されて、それを快刀乱麻で解決し、大団円に至るというミステリーの醍醐味は十分に味わえます。
    パターンは概ね同じでも、1話ごとに趣が異なるのも魅力。
    たとえば、「赤頭巾」はシリアスで読後感も重いですが、表題作「空飛ぶ馬」は気持ちが晴れやかになる快作です。
    個人的には、「砂糖合戦」が気に入りました。
    冒頭にカッコ書きで「起こらないけど」などと書きましたが、これは十分に起こり得る日常ミステリー。
    卑小な人間の些細な悪意について書いていて、「あるある」といちいち得心しながら読みました。
    いろんな愉しみ方が出来る、実にお得なミステリーと言えましょう。

  • 日常ミステリーだけど、主人公が文学・文芸好きということもあって、いろいろな文学の引用がされていたり、謎解き役が咄家さんなので、落語のお話が要所要所で登場し、そちらの方にも興味がわきました。大学生の主人公のまだ少女らしさが残る感じだとか、円紫師匠の知的な優しい雰囲気が好ましく、シリーズを読み進めたいなと思いました。円紫師匠の落語を聞いてみたいです。

  • ほとんど純文学を読んでいるかのような心地だった。

    主人公の19歳の文学少女(敢えてそう呼ぼう)の、大人になりきる少し手前の繊細な感性が、淀みない文章で丁寧に表現されてゆく。
    日常のふとした出来事で、彼女の中にこれまで読んできた物語の一節が思い起こされ、重ねられていく。主人公が趣味で見に行く落語の物語も、日常の諸処でいろいろなことを教えてくれる。
    最も感動的だったのは、主人公が友達と夏の蔵王に旅行した際、深緑の山を見ながらまだ見ぬ錦秋の頃を想像し、かつて読んだ本の中にその風景を見いだし、疑似体験をする場面。
    物語は知らない風景だって見せてくれるのだ。
    読書はこうも人生を豊かにするのだ。
    主人公と同じくらいの時にこの本に出会いたかった。そうすれば若い頃もっと読書したのに!

    …で、矛盾するようだけど、私は純文学にちょっと苦手意識があって、この本も読むたびに居住まいを正さなければならない気分になって、引き込まれるように読むのとは違った関わり方をした本だった。
    でも、一度読んで終わりにするのは勿体無い。再読することで気づかなかった発見がある本だと思う。

    落語家の円紫さんが、類い稀なる洞察力で、日常に起こる謎な出来事を、状況を聞いただけで解決しちゃうライトミステリです、本来は。

  • 北村薫のデビュー作。「人が死なないミステリ」の代表格とも言える(思い込みに基づく断定)作品です。

    どろどろとしたサスペンスとは無縁の、暖かな作品群…ってあれ、この本ってこんなに黒かったんでしたっけ?(汗)
    久々に再読してみて、ちょっとだけビックリしました。多分、加納朋子とイメージ混同してます(苦笑)。円紫さんの軽妙さに惑わされた面もあるかもしれませんね。

    改めて今更思うのは、ああこのシリーズって「私」の成長記録なんだなあと。「赤頭巾」を読んだ時に、「山眠る」(「朝霧」所収)をしみじみと思い出しました。

    「父の心が本当にそれを~」のくだりでゾクッとしました。北村さんって、時々何食わぬ顔で物凄い球を放ってきますよね…。

  • 読み始め…16.5.20
    読み終わり…16.5.23

    女子大生の私と、落語家円紫師匠の名コンビが人の死なない日常ミステリの謎を解き明かす「円紫さんと私」シリーズの第一作目「空飛ぶ馬」

    私は古本屋さん廻りが大好きな読書家で落語好き。なかでも円紫さんのファンという私は、ひょんなことから円紫さんと対面する機会に恵まれ以後知り合いとなり、私の出来わした日常のどこにでもありがちななにげない謎が、円紫さんの冴えた頭脳でみごとに解き明かされていくというほのぼのミステリ。。

    主人公の女子大生、私の趣味としている古書と落語がとにかくたくさん登場します。ことに落語は私の趣味でありながら、もう一人の主人公である円紫さんのお仕事でもありますからそりゃぁもう...。。

    落語には今までそれほど興味はありませんでした。ですけどこれもまたひとつの出会い。幸いにも登場するのが古典落語なら伝統的なもの。さすれば検索検索っとググってみれば、容易く動画でお噺を聴くことができました。

    「織部の霊」
    円紫さんはマジシャン??まるで手品の種明かしを見せられているようなみごとな謎解き。
    古典落語《夢の酒》円紫さんの解説があったおかげかとてもわかりやすくて、はじめてちゃんと聴いた落語にすんなりと大笑い♪

    「砂糖合戦」
    人間ウオッチングが招いた謎でした。こんな悪戯ありそでなさそな、なさそでありそう?
    古典落語《強情灸》こちらも単純でわかりやすくて笑えまました♪

    「胡桃の中の鳥」
    この謎だけはあまりにもすんなり解いてしまった円紫さんにえ~~っ!と疑念の一声。円紫さんはやっぱりマジシャンじゃないのかしら....
    古典落語《五人廻し》ひとつ前に読んだ本が遊郭のことだったから興味津々。専門用語にもほうほうとうなずけて、やっぱり読むということは読めば読んだだけの価値があるものだなぁとつくづくしつつ大笑い♪

    「赤頭巾」「空飛ぶ馬」
    こちらはブラックユーモアからのほのぼのおとぎ話。
    古典落語《一眼国》ミイラ取りがミイラになっちゃった~というお噺でした。(文中解説あり)

  • 面白かったけど、ちょっと文章が…
    後半の2編はあまり違和感なく読めました。

  • 初北村。日常の謎と言われるものを初めて読みました(^^ 主人公の女子大生わたしと落語家の春桜亭円紫師匠との掛け合いが心地よいカンジで心温まりました!いつものミステリにちょっと飽きたら、こういうのを挟むと良いかも...(^^*

  • 最初からクセのある内容が続き、取っ付きにくい印象を持ったが、私の好きな落語の「鼠穴」が出てきてから俄然興味が湧いてきた。

    次回作も挑戦したい。

  • およそ十年ぶりの再読。北村薫さんのデビュー作にして円紫師匠シリーズの第1作。
    文学的、知的好奇心、向上心を刺激される。同時に自分のあまりにもの知識のなさ、今までの不勉強を痛感させられる。
    感情表現も情景表現も豊かというか巧みというか、読むことが楽しく感じられる。

  • 最初の出版が1989年ということだから、もう四半世紀前ということになる。
    ちょっと昔の、女子大生が『私』だ。
    おっとりしていて、インテリで、たくさん本を読み、神田の古書店も覗き、いい子だ。
    いっしょに女子大生を満喫するのも楽しい。

    殺人事件が起こるミステリではなく、『私』がふと疑問をいだく日常の謎を、噺家の『円紫』さんが説き明かしてくれる。
    その謎解きによって、『私』は、物事の考え方や、人間というものの嫌なところや良いところを学んで成長しているような気がする。
    『織部の霊』
    …割腹に見えた謎がイマイチわからなかった…
    私と円紫さんの出会い
    『砂糖合戦』
    マクベスの3人の魔女
    お砂糖の謎は、最近出た本に同じような手口があったなあ…
    この話を知らなかったのかな?
    『胡桃の中の鳥』
    幼児には母親が全て
    『赤頭巾』
    本当は怖いグリム童話…的な
    『空飛ぶ馬』
    ホッとするお話で落ち着いた
    地元に一生懸命貢献する2代目オーナーは、うちの近所にもいます。
    良いお話。

  • 気になる落語のタイトルがたくさん。知ってるようで知らない世界にわくわくする。目を取りこぼさず、埋れた謎を綺麗に紡ぐ円紫さんが鮮やか。

  • 一度は通り過ぎてしまうけれど、うん?ちょっと待てよ…と振り返ってしまうような、ささやかな日常のミステリー。
    人間の悪意を見せつけられた謎の後に優しい謎。
    同じ町が舞台のミステリー。『赤頭巾』から『空飛ぶ馬』への流れが心地いい。
    それと落語。興味が湧いた。

  • 「太宰治の辞書」から一気に遡る旅もとうとう終わり。そうスタートに舞い戻ったのだ。
    初読の時には印象のイマイチだった「織部の霊」「砂糖合戦」「赤頭巾」だったけれど、それもこれも円紫さんと『私』の仲をより近いものにしてくれていると考えれば必要悪であるのだ。振り返ると後味の悪い逸話もあったが、最後の最後に(本当の読み方では最初の最後に)この表題作「空飛ぶ馬」を読めたのは無上の喜びといえる。このシリーズはこれからも大事な宝物になる本なのだ。

  • ものすごく久しぶりにしっかりと丁寧に書かれた小説を読んだ。
    文字が作る情景、自分を見出せない恋に恋する主人公。
    ミステリとしてはどうか?
    日常に潜む、という前提にこだわり過ぎた感あり。
    でもまた読もう、至福の読書のひとときよ。

  • 辻原登さんの「熱い読書 冷たい読書」で「夜の蝉」の評を読む。理に落ちず、韜晦せず、情味に欠けず、あきさせない、とあり、一つのシーンをはっと息をのむほどの美しさと紹介している。

    本屋で平積みされていたのは、よく見ていたが、表紙のチョット可愛い、でも普通っぽい女の娘に気後れして手にしたことがなかった。女の子の考えていることなんてオジサンには判らないと苦手意識が働いたワケ。
    落語家の謎解きものと知り、なにより辻原さんが会話文章の素晴らしさを褒めるのだからと買い求める。

    旅行の宿で友人とじゃれ合って、ちょと涙ぐむあたりとか、「口紅の引き方ぐらい、姉さんに習っといた方がいいぞ」という父の心の嘘を読み、彼女もまた≪意志≫を心の中で語るあたり。僕が知らない女の子の感情に触れるよう。北村薫さんって女性だったっけと、本当に不思議に思った。

    授業をサボったり、語学の授業についていけなかったり、主人公は普通の学生らしいところもあるが、読書量が凄い。ブクロブにいたらフォローさせて戴きたいぐらい。円紫さんや大学の先生、喫茶店のマスターのオジサン達も彼女のファンになったようだ。品のいい子なんだろう。作中の記述が表紙のイラストの造形に繋がっていくような印象。イラストは高野文子さん。

    日常の謎を落語家、円紫さんが解き明かす処が主題。そのやり取りも彼女の成長の糧に繋がっていくのだろう。この後も読み続けようと思う。

    円紫さんの顔のイメージが思い浮かばない。お内裏様のようなとあるけれど、髪型とか書いてなかったような。
    タイトルや表紙イラストがもっと内容をわからせるものだったら、早くに読んでいたのかな。まあ、こんなロングセラーに何をバカ言ってんだというような意見だが。高野さんに円紫さんを描いてもらってたら良かったんじゃないかな。勿論、読み終えた今となっては、何の文句もございません。

  • 織部の霊
    砂糖合戦
    胡桃の中の鳥
    赤頭巾
    空飛ぶ馬
    の五編。
    日常にあふれる謎。少年が見た悪夢。終始無言の甘いもの我慢大会。決まった時間に現れる赤頭巾ちゃん。消えた木馬。……
    赤頭巾は特にオススメ。謎ー解明ーめでたしめでたし?ー辛い世の中!

    落語がよく出てくるので、いい機会だと聴いてみた。かなり面白いです。同じ噺でも、語り手が違うと全く違った印象になります!
    談志さんの『鼠穴』を一度聴いて下さい。泣きそうになりました。気が付くとグイッと画面に食い入ってる自分に驚きです。
    つまらない、古そう、言葉分かるか不安、どうせお堅い噺なんでしょ?
    と ん で も な い ‼︎
    新しい発見ができて、ワクワクする本でした。

  •  女子大生の私と落語家の円紫さんが日常の不思議な謎に挑む短編集。

     いわゆる日常の謎系統のミステリーのパイオニア的な作品でもあります。そういう意味ではミステリーとして一読の価値ありです。ただ最近では日常の謎系のミステリーは数多くあるので、今読むと動機やロジックといったあたりで目新しさはないかもしれないです。

     個人的にこの本で印象的だったのは、そうした日常の謎から浮かび上がる様々な人の顔です。新本格が叩かれていた時代、殺人という日常からは遠い世界の謎から浮かび上がる人の顔というものは、確かに現実世界では浮かび上がりにくいものだったかもしれませんが、日常の謎から浮かび上がってくる人の顔というものは、その顔がいい人の顔であっても、悪い人の顔であっても、身近に感じられるものだったと思います。そうしたものを取り上げたことがこの本のパイオニアたるゆえんなのだと思います。
    現にこの作品にでてくる悪い顔というものはなんとなく分かってしまうとても身近なものです。

     そうであってもその話たちにあまり後味の悪さを感じさせないのは、私と円紫さんの暖かさのおかげであり、作者の北村薫さんの優しさの表れのおかげでしょう。以前宮部みゆきさんの『木暮写眞館』を読んだ時も思ったのですが、悪意を描きつつも、人の優しさを信じていることが読み取れるような気がします。

     その表れだと感じるのが最終話の表題作『空飛ぶ馬』。それまでの短編が悪意を描いたり、背景がシリアスだったりしたのですが、それらをすべて包み込むくらいの優しい短編でした。北村さんは絶対「人」というものが好きなのだと思います!

     「紅茶に砂糖を何杯も入れ続ける喫茶店の女の子の謎」「一日だけ消えた木馬の謎」という題材の良さだけでなく、私と円紫さん、大学の教授や友人との会話ややり取りをしっかりと織り込み、彼らの日常もしっかりと描き切って読ませるようになっていることも、ここから始まる日常の謎ミステリの歴史の上では大きかったように思います。

    1989年版このミステリーがすごい!2位
    このミステリーがすごい!ベストオブベスト7位

  • 「空飛ぶ馬」北村薫◆女子大生〈私〉の日常に潜む謎の数々。彼女の話から噺家・円紫師匠の推理が導き出すのは人間の心の光と闇。久々に日常系ミステリーを読みました。犯罪すれすれのお話もありますが、犯人を捕まえることよりも「なぜ」を考えるところに主人公たちの、人を見る目の温かさを感じます。

  • つらいものはつらい。仕方がない。あうあわないはどうしても発生する。それが、好きな作者で人気がある話としてもだ。

    どうでもいいと思われる日常的な話がつらつらつらと記述されていてどうしても目が滑っていく。内容が頭の中に入っていかない。面白みが感じられない。それは時代的なものも影響しているのかもしれないが、どうしても主人公である私に共感することができなくて愉しむことができない。

    ミステリーと思わずに読むことができればそれはそれで愉しいのかもしれないが、頭の中で期待するような事件を求めてしまい、提示されるまで時間がかかることから疲弊してしまう。

    さらに、古典文学や落語への造詣を要求されるから、さらに厳しい。一つずつ追いかけていけばいいのかもしれないが、さすがにそこまでの思い入れを抱くことはできない。

    そんなわけで個人的な評価はこれ。ファンの方申し訳ない。

  • スキップ以来の北村薫さんの小説。
    こちらが、著者のデビュー作品だったんですね。

    主人公の女子大生と探偵役の噺家の円紫師匠コンビの物語。
    全部で、五つのお話が収録されています。
    どの話も、大事件と言うものはなく、軽いミステリータッチの作風がほとんどでした。全体的にきれいな文書で読みやすいと思いました。登場人物たちが分かりやすい性格と言うのも一つの理由だと思います。円紫さんはいたずら好きのおじさまで、正ちゃんは、負けず嫌いといった具合でしょうか。

    作品の中では砂糖合戦が楽しかったですね。

    しかし、話を聞いただけで、事件の全貌が分かると言うのは最近だと謎解きはディナーの後でが一番新しいのかな。

    シリーズ化されているようなので、引き続き読みたいと思います。

  • ほのぼのとした感じもあり、よかったです。作者が男性だと途中から思いました...

  • 貧乏大学生をやっていたころ、仕送りが入金されると、喜んで河原町の駸々堂まで自転車を走らせた。
    『我らが隣人の犯罪』でデビューした宮部みゆきさんの長編『パーフェクト・ブルー』は、金欠ゆえにすぐには読めなかった。その日、「ようやく買える!」と思ってでかけた店に、宮部さんの本と並んで平積みになっていたのが『空飛ぶ馬』だった。そして、財布に余裕があったことから、ついついこの本も買ってしまった。
    おいしいものは最後に食べる性格のわたしは、その晩、まず『空飛ぶ馬』から読み始めた。そして、夢中になった。こっちがメイン・ディッシュだったのか。
    読み終えてすぐにもう一度最初から読み返して、気づいたら夜が明けていた。

  • 主人公の女子大生の「私」と探偵役の落語家、春桜亭円紫師匠が日常の謎を解いていく話です。

    初めて読んだ日常系ミステリーの本で、大きな事件が起きなくても面白く作れるんだ!と思いました。人間のちょっとした悪意は描かれていますが、全体的にほのぼのとした雰囲気の本で読みやすいです。
    円紫さんの「-どうです、人間というものも捨てたものじゃないでしょう」というセリフがお気に入り。

    シリーズ物なので興味がわいたら続編もぜひ読んでほしいです。

    (まろ)

  • 篠田真由美氏の作品の登場人物神代教授がミステリーものとしてお薦めしていたので。

    『スキップ』の作者か。
    作者女性だと思っていたので驚き。
    今作の主人公は文学好きの女子大学生が主人公なのだけど、
    最近読んでいるミステリーランドシリーズで男性の描く女子、には多少違和感を覚えていた、が、この作者の描く女性には何の違和感も覚えず。。。。

    教授のある頼みがきっかけで、落語家である円紫さんと知り合うのだが、この方が凄い。
    その場にいなくとも情報のみで推理していく。

    見取り図が苦手で、トリック物のミステリーが理解しきれない自分にとっては
    会話や動機から成り立つミステリーは有難い。。

    2年前位にこの作品のもっと先、編集部での巻で撃沈したのだが
    『僕らの七日間戦争』のように、主人公の年齢が幼い順に読んでいけば何とかなるだろうか。。。

    作中、落語や文学について触れているが如何せん知識がない。
    名作、と言われている文学も読んでいきたい。。。

全453件中 1 - 25件を表示

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)に関連する談話室の質問

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)に関連するまとめ

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に登録しているひと

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)の作品紹介

女子大生と円紫師匠の名コンビここに始まる。爽快な論理展開の妙と心暖まる物語。

空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)の単行本

ツイートする