太宰治の辞書 (創元推理文庫)

  • 145人登録
  • 3.78評価
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 北村薫
  • 東京創元社 (2017年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413071

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

太宰治の辞書 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北村薫の「円紫さんと私」シリーズ、十数年振りの新作!文庫で読了。
    前作で社会人になった「私」は成長し、結婚し、息子も・・・今回は芥川、太宰をめぐる謎・・・そして真打:円紫さんの登場(^_^;)
    解説で米澤穂信も書いてますが、「まさか、また読めるとは思わなかった」な一冊でした。
    果たして続編は??

  • 10代の半ばから読み始めたこの「円紫さんと私」シリーズには途中で幻滅した。文学をまとうように暮らす多感な「私」の生活に現れる謎を解き明かす物語から、文学そのものに関する謎を、生活の断片をまといながら解き明かす物語に様変わりしたからだ。
    久々の高野文子の表紙にひかれて思って手に取ったものの、『太宰治の辞書』も表題通りその手の物語で、私はあくびを噛み殺しながら読んだ。70年前に亡くなった作家の一編における矛盾がどうであろうが、興味は引かれない。
    ただ中にひとつだけ、謎が謎として意味を持つ掌編がおさめられている。これだけを読むのでよかったと思った。

  • 忘れた頃に(というか本当に忘れていた)シリーズの続巻が出るのというのは、ホント罪なものです。
    結局、最初から全部読み直してしまいました。

  • 私が一気に年を取っていて、前作の終わりで気になってたこともわからず(連れ合いはあの人ですか?)、でも、変わらないものは変わらず(正ちゃんだー!)、さみしくてか、そして、幸せな作品。
    残念なのは自分がボヴァリー夫人とか、読んでいないものがいっぱいあって、「そうそう」と一緒になって感じられないこと。でも、この作品が新しい本との出会いを誘ってくれるんですよね。
    それにしても、太宰治の「生まれてすみません」がそうだったとは。
    あ、短編の「白い朝」はファン必見です。

  • 2017/10/12 Amazonより届く。

全5件中 1 - 5件を表示

太宰治の辞書 (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太宰治の辞書 (創元推理文庫)の作品紹介

みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は新潮文庫の復刻を手に取り、巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を見つけた。たちまち連想が連想を呼ぶ。卒論のテーマだった芥川と菊池寛、芥川の「舞踏会」を評する江藤淳と三島由紀夫……本から本へ、《私》の探求はとどまるところを知らない。太宰が愛用した辞書は何だったのかと遠方にも足を延ばす。そのゆくたてに耳を傾けてくれる噺家。そう、やはり「円紫さんのおかげで、本の旅が続けられる」のだ……。《円紫さんと私》シリーズ最新刊、文庫化。

ツイートする